前作[おっぱいPhantasia]、めっちゃ面白い訳でも無いんですが、なんか好きなんですよ…。
(パンツを頭に被ったような)女勇者が、でっかいオッパイをからかわれ・責められ、泣き&呆れ顔…って雰囲気が良いというか。
(一方で膨乳、搾乳もあってフェチにもちゃんと応えてくれる所とか)

そんな[おっぱいPhantasia]にまさかの続編が!
今作は…なんと3倍エッチボリューム! ”ぱい拓値”ってなんだ!?
と程よいおバカ加減とおっぱいフェチぶりを見たく、さっそくやってみました。


2016/06/16予告時の感想です。

クエストを次々とこなして街を開拓、いやパイ拓しよう


前作は割と一本道の旅路を行く中で、おっぱいセクハラされて涙目…という感じでしたが、
今回はクエストをこなして開拓ならぬパイ拓値を稼ぎ、街を大きくして、新しいHイベントを見ていこう、という具合に。

戦闘 OPおっぱい
▲主人公可愛い。恥ずかしいスリング衣装におっぱい、でも腰にはくまさん… OPから乳房に注目が行く展開も。ウム、大事ですね…

こういうクエスト系では「ポイントを与えるのはただ進行管理上ラクだからで、実質的な選択感はほぼ無し。結果、”あぁポイントが一定値になったから、H村人が出現したのね…”」
とかなっちゃうと冷めるんですが、そこは前回よりほの見えていた、ゲーム制作センスがなかなか活かされていました。

具体的にはクエスト中のフィールドではダッシュゲージの制限があって、走る合間に少し休憩を入れないといけなかったり。
敵の傍を走り抜けるのにちょっと気を使ったり…、プレイしてみると、このちょっとしたテンポが意外に効果を上げてて驚く。

クエスト請け ダッシュゲージ
▲なにげにマップチップ、あとBGM…とかにも凝りがあったり

あと能力が向上する装飾品(スフィア)があるのですが、
普段は滅多に手に入らないそれが、重要ぽいダンジョン任務の、強いザコ敵の時はざくざく落としたり。
しかもランダムで+強化が付いてたりするので、まさに”稼ぎ時!”と意気込める、ゲームフェーズの緩急を付けているなと。

ブランジェリー姉妹1 ブランジェリー姉妹2
▲別絵師による、サブキャラの襲われエロ。やはり乳房へのこだわりが見えますが、ちょっとタッチの差が激しい気も…

他には基本的な所ながら、クエストの途中で拾った素材アイテムの合成あり、
クエストはあるていど順不同で選べたり、一度クリアしたダンジョンに再度行けて、稼ぎ中心のプレイが出来る…などなど。

また本作ではもう一人新しく絵師さんを採用、
こちらはサブキャラ的な、パイ拓値が溜まってから登場する街のパン屋姉妹なんですが、これも街イベントの豊富さを重視した結果だろうなと。

街イベントがどんどん増えていきます…が、街開発を期待するとちょっと違うかな


ただあくまでもクエスト型であって、”開拓”に期待し過ぎると、ちょっと違う感じも。

さすがに「おっぱいエステがオープンするらしい」と噂があって、パイ拓値を稼ぐと開店とか、
初めはただっ広い街に少しずつ人が増える(一見広いけど、道以外は歩けないので分かりやすいという配慮も)
みたいな所は抑えてますが、そもそも初めからそれなりにちゃんとした”街”なので、開拓するって程でもなかったり。

少なくとも予告では、街の困ってる所をクエストで解決したから、滞りが解消されて発展したんだよ、って繋がりを感じなかったかな…と。

セクハラ
▲街エロイベント。アイテムの交換条件でおっぱい揉みを許す

フェチとしては「木材が輸入できれば、ここにミルク牧場が建てられるのに!」って言ってて、クエストを解決=おっぱい責め的な施設を建つんだって期待感とか(予告ではそういう施設はエステだけ、しかも”どうなったら”が無い)
前作の悪い組織が攻めてくるので、街の防衛装置を作るんだ! みたいなスケール感にも期待しちゃう所ですが…。

会話 立ち絵
▲先輩勇者として、前作主人公も登場。貫禄のおっぱい、コスチュームの下着っぽさが増してて色っぽい感じに

(ただ予告ではなぜ街を開発するのか…ってOPが飛ばされてるので、もしかしたら意外な設定かも知れない。
市長代行とかじゃなく、あんがい一兵士として頑張ったらたまたま街が良くなる…くらいのノリなのかも)

あとクエストも、パイ拓が大きく伸びる「大成功」「まぁまぁ成功」「失敗」とか、達成次第で分岐した方が選択感があると思うんですが、製品版ではどうなるでしょうか。(一応、それっぽい選択肢もあるような?)

やはり良い、柔らかくて大きい双房へのこだわり


偽エステ1 偽エステ2
▲偽エステで揉まれまくる…予告初の長エロシーンですが、この時点で乳頭をほじくる・引っ張るなどが行われるのでありました

という訳でパイ拓を稼ぐと、街のHイベントが増加。
これは頭上にハートが出てて、話し掛けるとちょっとセクハラされる街人から、エステオープンや、街のパン屋さんがレイプ未遂される…みたいに、シチュ込みで長くシーン描写される物があり。

やっぱり主人公の、揉まれて泣き顔、いきなりぶっかけられて怒りつつも「もー!」で済ませちゃう、どこか悲惨にならないセクハラぽさが良かったり…。
(むしろ今回は自分から話し掛けることも多いので、怒りつつも割とHを許しちゃうタイプ?)

先輩犯されそうに 先輩カンチョー

またクエストクリア時や、クエストの途中で先輩(前作主人公)と合流しようとしたら、モンスターに犯されそうになってるのを発見する…みたいなエロもありました。

製品版では前作にもあった戦闘中の乳房責め、
あるいは操作キャラをより色っぽくなった前作主人公に変えて遊ぶ…とかもありそうで、乳こだわりとボリュームが楽しみなところです。



意外に正統派だぞ! 不思議に楽しいこの感じ


たぶん本作、イロモノ的な目で見られがちでしょうが、予想以上にすっぽり”正統派”なRPGの造りに収まっていました。

カジノ
▲カジノとかで寄り道できるのも正統派ぽい。ここで早めに強い武器を手に入れておくと、しばらく楽に

回復アイテムがちょこちょこ必要になるバランス、
クエストをこなしつつ、素材を自給自足して合成できるのはなかなか助かるし楽しい、
主人公二人のうち片方は、素材での武器強化もあるので、ちょっとやり込みたくなる。
(「刀」「剣」の二種あって、割とスキルがらりと変わるのもメリハリ)

基本はクエスト請ける→フィールド攻略→ぱい拓値が上がって町イベントが増える…の繰り返しから外れませんが、なかなか飽きさせない配慮が目立っています。
予告でも書きましたが、クエストを4・5こなす頃にはダンジョンモードになって、走りまくり、特殊装備ドロップしまくりとテンポを変えたり。

鉱山
▲鉱山のダンジョン。亡霊が浮かび上がって灯り代わりに…ちょこっと意外、そしてなるほど、みたいな演出も多い

しかし本作の特徴的な所は、システムというより演出(お話のノリ)だと感じました。

ガチガチに力入ってる訳じゃ無い、むしろ脱力系だけど、でも悪い意味での脱力じゃない…っていう。

要所要所の主人公たちの会話も、手短なやり取りで済ませてようで、ちゃんと可愛かったり、面白かったり。

(体験版でも見える)敵ボスゴブリンのきんたまが凍って割れるみたいな、トホホな所のグラフィックにも、ちょっと手を掛けるっていう、クスリとする感じ。
(思えば、前作の巨大アルパカみたいな所もそうでしたね…。
ゲームの内容はがっちり遊ばせる物になっても、良い部分は変わってない訳ですね)

街を守れ!
▲屋根伝いに飛びつつ、うおおー氷の魔法で街を消火しろー! 色々なゲームシーンで楽しませてくれる

正統派を謳うRPG数あれど、この”なんか展開が楽しい”…ってのは、見逃されがちでは無いでしょうか…。
(最近だとキャラ性や、スチルの派手さで場を持たせたりするのが主流なだけに。
「へんじがない しかばねのようだ」みたいな”味”というか…)

かと思えば町を守るんだ! みたいな緊急の場面や、鉱山のダンジョンでは少しホラーチックな感じに環境音BGMやサイレン。
大きなシーンでも、ちゃんと”それっぽい”空気を出せてるという。

カンチョー
▲これ一応エッチシーン途中…なんですが…

なんかちょっと面白いなあ、爆乳おっぱい立ち絵はエロいし可愛いし…
と不思議と遊んじゃう魅力がありました。
(予告で気になった開拓感の無さ…はありますが、まぁそもそもクエストをこなすうち、主眼はそこじゃないかなと思いました)

5時間弱でクリア。クリア後にはやり込み用のEXダンジョン・クエストまで用意されていて万端です。

エロ嗜好。爆乳揉みしだきは幸せな気分になるよね…


開拓…と言うことで町イベントの多さを予想してましたが、むしろ戦闘のエロが多めかな。
戦闘中のエロ技や、あとは敗北エロなど…。
(自爆技が無い? ので、ちょっと気付きにくいので注意。
ボスの幾つかと、戦闘中エロしてくるモヒカンは100%です)

クエストに出撃する傍ら、うろついてるモヒカンのエロ技→敗北エロ(敗北すると精液で強くなってその場復活なので、特に勝敗にこだわる必要無し)
そしてたまに、町エロで増えたエロイベントを確認…(ここは短め)
という流れになるかと。

セルフ乳吸わせ
▲セルフ乳吸わせとか、ものっそい良い…。差分での乳感ももちろん完備だぞ

主人公たちの敗北エロは基本カラっとしてる、陵辱的な方へは行かない。
バックでパンパンしながら乳揺らし、あるいは幅広の爆乳を揉みしだいて涙目にさせる…みたいな感じ。
体験版で見えたエステとかは、もっとがんがんイベント展開入れてイカせまくるのが王道でしょうが、初めの一回止まり。
つまり女性がじょじょに淫乱になる…みたいな過程はすっ飛ばし。
1m10超えの爆乳ですし、もうそういう事でも無いんです。

まずおっぱいを眺めてるだけで幸せな気分、そんな紳士こそが一番向いてるかも知れない。
(主人公たちを描くメインの絵師さんの、何か清潔そうな絵柄…がそれに合ってますしね)

逆にもう一人の別絵師さんは、絵柄に合わせて少し尖ったテイストになっていて、こちらは割とズコズコモンスターにヤリ倒される、
後半では、敗北バッドエンドの超乳化ニプルファック…みたいな濃さもあって、シコ度を上げていました。

逃げる! 時間制限乳絞られ
▲変態から逃げるんだ! そして早く倒さないと囚われのNPCが母乳を搾り切られてしまう戦闘…工夫が光る

そんな中にも、群がる変態どもから逃げまくるとか、母乳を搾り切られるまでに敵ボスを倒すんだ! とか、
どれだけ淫乱度を上げられたか、淫乱度チェッカー的に奥に進めば進むほど、すかさず前に後ろにセクハラされまくるスラム街(むしろそれしか無い)
みたいな、何か面白いエロシチュが光ってる。

気負いなくおっぱい&ムラムラ感を楽しめるし、たまに入る、目立つ部分におっとなる…
全体で言えばそんなテンポでしたねー。