夏のアダルトと創作際2017参加作品の感想を書いていこうという記事です。
感想一覧はこっち。





エロフリゲ界ではかなり有名なサイトさんの作品であって、自分も数年前にプレイした記憶があるような?
そのくらいの長期作品、今回はその2017年09版の様子。

この作品が興味深いなーと思うのは、恐らく
web公開して追加アップデートしていく活動がメインで(そこで収益を取る)
最近ではEntyとかで「連載で作品を作っていく」という形式が少しずつ広がりつつあるんですが、その先輩モデルとして見ると面白いかも知れません。

 
▲エロアニメは拡大・カットインとかも出来て万歳です

つまりその制作モデルはACTとしてのゲーム性にまで影響をおよぼしていて、
早く言えば本作はエロ確認用、アクションとしてはちょっと楽しみを得づらいステージ構成かと思います。

自然とエロ周りの配慮も他では見えない特別さがあり、
スカートをめくって自分から誘える……から始まり、
いったん敵に犯されだすと、様々なエロ責め差分をメニューから選べる、
ましてや再生速度や秒数まで色々いじくれるという、ほとんどエロ再生ビュワーみたいなUIが付属しています。
エロを即見える、確認できる、という姿勢ですね。
確かに敵のエロアニメ差分は他で並ぶ物が無いほど、一体に付き相当な数が用意されていました。

なるほどこれも一種のエロフリゲらしさだなぁと興味深いですが、現バージョンはゲームとしては少し寂しいかも。
(あと一つ一つのグラやアニメを時間を掛けて作り込んでるのは伝わって来ますが、それだけに全体で見ると少しコテコテしていて、のっぺりした印象になっちゃってるかも……?)

ただ攻撃時、敵のLVやHPバーが見えたり、最奥まで進むと村が作ってあったりで分かる通り、最終的には探索ACTとするつもりのようで、今はエロ重視ですが、その方面で調整を加えたら凄まじい事になりそうという予感はあり。
[ViotoXica]とかが浮かぶかな……)



実際に、難易度をVERY EASYでプレイしてみると全ての技を習得した状態なのか、ダッシュを起点に横薙ぎに攻撃しまくる、
ジャンプから縦横無尽に蹴りまくる、空中でゆっくりと動く……
という、ただ強い技というだけでなく、組み合わせで有り得ない動きも実現できてしまうコマンド技を連発可能。

おどろおどろしい敵が迫ってくる本作ですが、
上手くプレイすれば、主人公の女の子も一種のモンスターなのでは(東方のフランドールみたいな)
ってくらいの華麗な戦いぶりが出来そうで、まだ時間は掛かるのでしょうが、これもまさにエロフリゲらしい作り込み、未完の大器、という物が窺えました。
(主人公へのリョナ感も若干覗く本作、鬼のように強くして、逆にモン娘をぶち殺してイジメる作風も見てみたいな……とか思ったり。
ああこれもまた、開発が伸びてしまう要望なのでしょうか)

1プレイ時間は5分〜くらいでしょうか。