アダマスの戦姫
アダマスの戦姫[ぺんぎんSoft]



戦場で敵を駆逐するACT感と、戦いの結果で市民の評価が変わるRPG感


前作[カミサマノイウトオリ〜弱虫シアの冒険〜]がツクール製だったため、今作もそうかな…と思い込んでいましたが、なんとCF2.5製のRPG(!)
という訳で、なかなか変わり種となっていて興味深いです。

OP美貌の女王と、その妹であり騎士団長である主人公。姉に羨望と嫉妬の気持ちが少し…(悪堕ちの予感?)

ストーリーとしては、大国の魔の手が主人公の小国に迫る、という事で
主人公は一騎当千の騎士団長として、敵国の軍勢にたった一人で対峙しなければいけません。
いくらなんでも多勢に無勢では…という所ですが、主人公は女神の加護によって「一度に3回までダメージを無効化できる」特殊能力が備わっているのでした。

戦場 評価戦場で勝つとお金ゲットだ

という訳で戦場へGO。
わんさと迫る敵の群れに「いやいやいや」という気持ちになりつつも、回避ボタンで敵の飛び道具をかわし、
迂回するように動いては敵を撹乱、あるいは召喚魔法で身代わりに戦わせてみたり。

もし力及ばず倒れるようなら、寄り道としてモンスター相手の狩りを行ってお金を稼ぎ、店で能力強化もできる…という塩梅。
CF2.5は元来ミニゲームやACT等を作るツールですので、この戦場パート(ACTステージへ繰り出す)…という部分がかなり大きくなっています。

実際強くなって能力充実、敵を攻撃一発で消滅させたり、より巨大な召喚獣で敵軍をゴリゴリ削れるようになるに至っては、なかなか楽しみを覚えました。

町 店お金でどんどん強化(服の着せ替えとかもあるぞ)ちなみにセーブは自動な様子。

しかし敵の軍勢が迫るなか、あまり悠長にお金稼ぎとかをしてる場合じゃないのも事実。

そこが今作の「評価システム」らしい所で、ボヤボヤしてて日数が多く経過したり、あるいは主人公が戦場で倒れたりすると、国民からの評判が落ち、町のエロイベントも増えていく様子…?

姫百合団エロシーン敵に負けたり、町で聴き込んでみるとエロシーン発生

主人公がえろい事をされて理性が低下すると、自分の部下の女騎士を風俗に叩き込んだり、いかにもステータスの変化に沿ったエロが発生していきそうでした。
(見返りに定期収入が入るので有利ですが、マルチEDなので相応の結果になるでしょう…。
周回プレイで最善の攻略と、変化を楽しむのが面白そうです)



おらおらと駆け上がるように強くなって、エロも見まくれ!


手軽に遊べそうなので購入&プレイ。

ドラゴン戦場うおお、ドラゴンの火炎で何ともならねえ! 攻撃超ドーピングか、究極奥義を覚えるか?

体験版で見えてた事ではありますが、前振りやその後の余韻が無いとか、ちょっと”間の取り方”が薄い感じ…
もあって、Hシーンの張りが少ない気がした(体験版で気になってない人は大丈夫だと思うけど)
全体にちょっと粗い感じで、戦闘とかもちょっと大雑把なノリ。

で、それがつまんないかと言うと、「そうでもない」のが面白い所。
初めはちょっと雑だな、深みが無いな…とかプレイしてたのが、ボスのドラゴン辺りから敵の攻撃が凶悪化、
こちらも比例して鬼のようにお金が入るようになって、ドーピングと奥義使いまくりでねじ伏せるなんて、良い意味での大雑把さがあったかも。

エロシーン日焼け差分はいいものだ…H絵はなんだかんだソソりますね

自分の場合は一周一時間、そしてエロシーンは全部で24。
おまけに衣装たくさん、日焼け・悪魔っ娘差分はHシーンにも反映される…という具合で、
前向きに捉えれば、オラオラと戦いまくり、時に苦戦、でも更に強くなって…適度に衣装を買い、エロも見まくり、な楽しさはあった。

評価1 評価2ひどい言われようw お前ら、救国の英雄に言う言葉がそれかっ…!

クリア後の評価システムも、なにか新鮮で面白く感じた。
(クリアまでの日数・淫乱度・財政状況とかを市民や姉の王女、果ては敵ボスといった色んな角度から見てのコメントが)
二周目のやり甲斐にも繋がる…かな。二周目ほぼ無双状態ですけどね。

逆に町の新しいエロイベントはボスを倒すごとで発生、現時点では、淫乱度や理性はほぼEDの評価用という向きも。
ステータス条件ではほとんど無いので、その面では余り期待できない。

町立ち絵色んなコス、悪魔っ娘差分もあるよ

一周クリアまで一時間ちょっとってのと、やっぱ”間”の足りなさ…(必要な手順や、細やかな演出というか)の部分で、物足りなさを覚える人はいるかも知れない。
まあCF2.5はそういうツールだし…

基本は戦場で倒しまくるARPGかと思えば、
数々の敗北エロに、裸で出ようとすれば衛兵に捕まったり、娼館で働く、全裸反応みたいな標準的エロRPGぽい所も入れてたり、割と珍しい立ち位置の作品だなあ…って気もしました。不思議な感覚。