サキュバスプリズン〜淫魔の巣食う一軒家〜 (体験版)

RPG, R18ライター:さたける, サキュバスプリズン

*この感想は [さたける]さんに書いて頂きました。
⇒製品版の感想はこっちに書きました
2016/12/12予告時の感想です

圧倒的恐怖の存在サキュバスに絞り殺される逆レイプ

サキュバス系逆レイプは人間がどう足掻いてもかなわない圧倒的存在に「搾精されて、死の恐怖に怯えながら何度もイかせられる」、「人間の数倍気持ちいい魔の膣で挿入した瞬間に精液を放ってしまう」、「出したくないのに無理矢理出させる」事が醍醐味だと思います。いわば最もハードなライトM嗜好でしょうか。
体験版のエロは2つのみですが、両方ともこの嗜好を追及して、サキュバス三人娘に魔の膣などで徹底的に搾精される逆レイプエロでした。
本作を開発したサークル「トキノコギリ」さんはショタが銭湯でお姉さんにエッチな手ほどきをしてもらう「ぼくがすきになったせんとう。」、ロリサキュバス学園で恋愛したり絞ってもらう「魔立ロリサキュバス妖魔園」など、ほのぼのライトM系のゲームを発売し、両作人気となっています。
が、魔立ロリサキュバス妖魔園のHATEルートはサキュ娘達に嫌われてぞんざいな扱いを受け、徹底的にいじられ死ぬまで搾精もあるほのぼのとは正反対のルートでした。前作プレイ者はこれをさらに激しくしたイメージと捉えると分かりやすいと思います。

選択肢の結末は?搾精地獄から逃れるための脱出劇

主人公は不良2人に脅されて三美人が住むと噂の一軒家に強盗・強姦目的で侵入。その家はサキュバスが餌をおびき寄せるための罠であり、開始早々不良2人は搾り取られて死亡。不良の1人が犯される場面を主人公はまじまじと見させられてしまいます。もう一人は吸いカスになって主人公の前に投げ捨てられてます。

姉騎乗位
▲お姉さん型サキュバスでビッグおっぱいがボインボイン揺れます。助けてくれ!と懇願している不良を美味しく膣で吸い殺してあげました。

恐怖におののく主人公ですが、童貞である事が分かると、肥やして美味しくするため一日部屋に監禁される事に。しかし夜になると絞り殺される事は確定済みなので脱出の方法を探す事になります。

三姉妹
▲サキュバス三姉妹はボン・キュ・ボンのお姉さん、女子高生、最年長のロリババァ。残酷さ、圧倒的恐怖の存在が際立っています。

基本的にはオーソドックスに怪しいところを調べて逃走する脱出ゲームです。核となるシステムは「逃論」、いわゆる時限ありの選択肢(時間までに選ばないと無言扱い)で、間違った対処をするとサキュバスに犯されてしまいます。
さて、まず外を覗くとキメラが徘徊していて窓からの脱出は不可能。

窓の外
▲モン姦もある事が決定したね♪

2F監禁部屋からスタート。初めて部屋を出るとお姉さんサキュバスが「どこにいくの?」と話しかけてきます。ここで「逃論」が発生し、「トイレに行く」か「逃げる」の二択。主人公が行動を許されるのは監禁部屋と2Fトイレのみ。勿論トイレが正解でお姉さんは去ります。逃げるか時間切れの場合、1Fに行ってもいいよと主人公に道を譲ってくれます。そこで主人公が1Fに移動すると………残念ながら体験版のため末路は不明ですが、素直に脱出はできないでしょう。

待ち伏せ1 待ち伏せ2 待ち伏せ3
▲主人公を見送りながらも不気味なほほ笑み。

ここから2Fの好きな場所に移動できるようになります。ただ不用心に部屋を開けるとサキュバスと遭遇する可能性があるため慎重に行動する必要があります。精神力や体力の概念があり、疲れると自室で休憩する必要があります。

調査1 調査2
▲扉を開ける時も確認メッセージ。侵入時にサキュバスがいる場合も。

また、時間の概念があり、タイムリミットを迎えると絞り殺される事は決定しています。ロリサキュバスは椅子に座ってたり、後に訪れるとベッドで休んでいる……など各サキュバスの生活リズムに沿って時間単位で場所や作業が変化するようです。
体験版は2Fしか探索できませんが、おそらく対処無しで1Fに移動するとバレてゲームオーバーになると思います。対策として主人公はトイレを壊し水が出ないようにして女子高生サキュバスに許可を貰い、ようやく1Fトイレへの許可が貰えるわけです。

容赦無い騎乗位セックス、魔膣のお味はいかが

高校生サキュバスとロリサキュバスは部屋におり、それぞれ部屋に入ってしまうと逃論発生。高校生サキュバスはトイレを壊す前にトイレが壊れたと嘘を言ったり命乞いをするとお仕置きと称して襲われてしまいます。
人間姿から恐怖とダイナミックなエロエロしさを感じるサキュバスに変化、お仕置きとして恐怖で抵抗できない主人公に騎乗位セックスを仕掛けます。主人公は挿入して一瞬で射精して童貞卒業、魔の膣で責められ脳内は破裂寸前に。何度も出し切り、仕置きは終了と人間に戻るも、主人公の身体は勝手にセックスを続けようと無意識に抜き差しを続けます。最後に主人公に見切りをつけたサキュバスは再び変身し精神を全て吸い取ってしまいます。オープニングのお姉さんサキュバスもそうなんですが、迫力あるおっぱいがボインボインとアニメーションするのが凄い良かったです。

女子高生騎乗位1 女子高生騎乗位2 女子高生騎乗位3
▲ちょっと変わった趣向として画像に変身差分があります。自分の精液と命を捧げるしかできないサキュバスと人間姿のギャップもシコ度が高まる要素の一つ

ロリサキュバスの場合は高校生サキュバスと異なり命乞いをした場合、さらに逃論が発生し適切な選択肢を選ぶと、「別の男性を生贄として差し出せば助けてやる」と交渉が成立。家から脱出不能なのにどう男性を……との状態ですが生存フラグが立ちそうなイベントでした。また、何度も間違えてお邪魔すると怒って吸い殺されるイベントが発生します。

チビセックス1 チビセックス2 チビセックス3
▲他二人と違って吸う時も人間体。最も年上だったり、神秘めいており彼女が攻略の鍵や秘密を握っていそう。なお、体験版だとCGのみでエロテキストは省略。

永遠に搾精する?死に戻りループを取り入れたゲームシステム

死亡すると時間が巻き戻って閉じ込められた状態から始まります。扉を開けるとお姉さんサキュバスがいるから部屋で時間を潰すか……みたいな1周目を意識したセリフもあってループ物な展開も。ゲーム中でも死に戻りゲーになる事を示唆されています。

予定では、コンティニューシステムで吸い殺されつつも、相手の行動を覚えて、サキュバスたちの隙をついて脱出に向けてあれこれ頑張ってもらう話になります。

自室で閲覧できる本などもあり、おそらくミステリー要素が強めの作風ではないかと期待しています。何より絞られるためのシチュが詰まってそうですしね。また体験版でも単純に1Fに移動か、ロリサキュバスと交渉して男性を見繕うかで分岐するなど、マルチエンディングまでの流れにも大きく分岐がありそうです。
作者ブログを見る限り、三人サキュバスだけでなく、他サキュバスやモン娘っぽいキャラも沢山登場します。そして、前作「ロリサキュバス学園」で見覚えのあるキャラも。(つまり世界観が繋がっている)。ロリサキュバス学園のヘイトルートが好きだったので、おそらくそのパワーアップを図った本作はとても期待しています。