ネコたま
ネコたま[Δ屋]


ちょっと油断すると、すぐ一ヶ月とかリリースが空く…それがエロSTG。(それでも今年は良いペースですが)
そんなジャンルに、新作が登場しました。

なんだかとても可愛いらしい作品に見える…?
いやいやこれが、かなりやり込める面白さだったのですよ…!

可愛くてゆるそう? いや、熱きパターン学習STGだ!


まず体験版を少し触って、1~3面くらいで「ゆるふわな世界観に、易しめ難易度でちょっと退屈かな…?」
と決め付けてたのですが、いざこれがクリア目指してやり込むと、どんどん醍醐味が分かってきました。

会話 ステージキーボードで左右に動き、マウスで敵を狙って撃っていきます

その醍醐味というのは、ある種STGの古典的な楽しみである…『パターン学習』。
そこにかなり特化した仕掛けがある。

実際、4面で一人めのボスを迎える頃には、かなり敵攻撃も苛烈に。
恐らく「あと一歩」の所で、やられてしまうのではないでしょうか。

ステージ2固定ステージの中、やや固めの敵が群れになって襲来、しかも画面端で跳ね返るので、滞留しがちの戦況。どう避け、どう壊すか…

そこからが今作の本質が垣間見える所で、初回は2つあったコンティニューが”使い切った”という扱いでゼロに。
コンティニューはステージ中に出てくるコインを集めれば、お店で買えるのですが…、まだ右も左も分からないうちでは、一つ買えるかどうか。

つまりさっきよりも状況が厳しくなったのですが、再び1面からスタートですので、敵のパターンはなんとなく見えている。

そして初回では適当にプレイしてたのが、よくよく向き合ってみると、きちんと敵種ごとのアルゴリズムや倒す優先順位があり、有利になる戦い方に気付いていきます。
(”死に弾”を撃ってくる敵は倒しちゃだめだとか、ザコは放っておいて、アイテムを出す中ボスを優先しようとか)

背景パネル壊しザコ敵を倒していくとゲージが貯まり、パネル壊し弾を発射できるように。背景のパネルを全部めくったらステージクリア。

こいつとこいつの組み合わせは厄介だから、この場合はこいつから倒す。
この線上に立っていては危険だ…みたいな”勘所”が、繰り返すうちに自然と見えてきて、ぐっと楽しくなってくる。

初見ではゆるふわに隠れてた駆け引きが、どんどん実感を伴う感じ。


そう考えると、マウス+キーボード(ゲームパッド)という操作も合点が行くなと。
普通のSTGでは、巨大なスライムに眼前に来られると射線を塞がれてしまいますが、本作はそれを後回し、いま重要度が高いのは奥の砲台だ、なんて狙い方が出来ますからね。

脱衣イラストエッチ要素はクリアごとに脱衣していくハダカイラストのみ…ぽい?

ダメージを食らうとパワーダウンしてしまう方式なのも、「ここまで無事でいれたら、ここの敵群は稼げる!」みたいなポイント・上達が意識しやすくなる。

他にも、同じステージでもランダム条件で? 出てくるボーナス敵が居て飽きさせないなとか、
そもそも敵種の多さ(+ドットのきれいさ)が見事だなあ…とか唸らされました。
(あと気づかない範囲で、バランスの自動調整もされてる?
コンティニュー0で挑むと、HP回復アイテムが出やすいような…)

女の子ドット大ボス戦もあり。会話も邪魔しない程度に楽しい。敵種類も多いし、ドットも良い感じだ

4面ごとに大ボスを迎え、進行を保存できるのも絶妙。
これが各面ごとにセーブ可能だったら台無しですし、全20面一気クリアはハード過ぎる。

まさに一区切りごとの攻略パターン組み立てを楽しめるなと。
難しさに集中できるギリギリの長さかと思います。

コインを溜めて、お店でコンティニューを買い込めば楽勝じゃん…と思えば、初見のステージでは死にまくり、しかも一回で消費してしまうので、そうでも無いのも、まさにツボを心得てる。
(むしろもうちょっと稼いで、「スピードUP」とかの方が分岐点になりそう)

「あ、あと一歩で…!」という悔しさを忘れさせないまま、気が付けばかなりの回数、ステージにトライしていました。

お店コインが溜まったら、お店で強化だ! こうなると、稼ぎプレイを考えるのも腕のうちだなと(Hイラストもここで買います)

ゆるふわどころか、かなりの熱さを味わえる作品でした。
自分はそれなりに腕に自信があったのですが…、2時間弱プレイして、まだ12面までがやっとなんだね…。

STGというとプレイ時間の短さを気にする方も居るでしょうが、かなりじっくりと遊び込めそうでもあります。

(余談。過去作のワタモテのCG集に付いてくるおまけ横STGも、面白そうだな…と。関係の無さが凄いですが)



途中「敵弾にもこちらの弾で打ち消せるもの、パネル剥がし弾で消えるものがある」とかの発見、
「照準が近いほど連射が効く。つまり引き付けた方が楽に倒せる敵も」などの小技を挟みつつ、
なんとか12面突破。

(あとアップデートで「一定距離飛んだ敵弾は、色が変わって消える」ようになった様子?
これはギリギリで回避できる”俺すごい”感を味あわせつつ、難易度も緩和する良い施策。
難易度下げる=敵を柔らかくするみたいな単純ではなく、職人技を感じる)

ぶるんぶるん揺れますとも

遂に4面区切りの、4つめのセクションに突入。
13面からは当たると視界が一瞬失われる弾、操作が逆になる…とかトリッキーさを楽しませてくれます。

が、ムズい、ふっつーにムズい!
私のSTGプライドは粉々に砕かれたのだ…

9~12面はコイン稼ぎ&連コンティニューで押し切った…けど、もうこのフェーズに入ってしまうと、コンティニュー無しでは1ステージもクリアできるかどうか。
こうなるとそもそも稼ぎすら出来ない…

逆に言うと、今再び1面から出直したら楽勝なのは間違いなく、リトライするのも手か…と。
そうしてコインをじゃぶじゃぶ稼ぎ、高価格アイテムを買うが吉…?



(関係ないけど、スクショの件でメールしたら、ミサイルコマンド系のゲームが発想の元にあるとのこと。
なるほど! 見た目のキュートさで紛れてるけど、言われてみれば確かにそう。
面白いアレンジというか、センスあるなあ…)