これ予告で触って、少し気になってたのです。
基本は3Dモデルのリョナ動画なんですが、ただ視るだけに留まらず、バットを振り下ろしたりはあくまで自分の操作で…という所に、ゲーム性を感じて。

これが買って遊んでみると、かなり独特、感銘を受ける物があったのである。

病んだ不死の女の子の求めに応じ、痛めつけてるうちに歪つな愛が芽生える…


まずchobitのサンプル動画を見ると、
手のひらに釘コンコンで血まみれとかのイメージが際立っていて、
・痛みを性的快感に感じてしまうノエルちゃん
・彼女を傷めつけなければなりません。でなければ、爆殺されてしまいます

とかの設定はまぁ、あくまで良心の呵責を抱かせない為のこじつけなんだろうなあ、と思ってたのですが、いやむしろ、そここそがメイン。

体験版だとプレイ場面だけですが、製品版ではノエルちゃんと語り合うデモ→プレイと交互に進んでいきます。

なにやら濃いOP。自殺しようとした所をノエルちゃんに拉致され、以後”リョナを強制させられる”、M願望のはげ口に…

なので実は、出会ったばかりの男女がおずおずと約束事としてのリョナに踏み出す初々しさ、
あるいは病み彼女の強引な求めに応じ、リョナというイニシエーションを通過したあと、ご褒美のエッチを与えられ、
何か愛しくてたまらなくなる、倒錯した興奮こそが目玉というか。

エッチ内容も、一連のリョナをやった最後にヤリ捨てみたいな事かと思ってたんですが、
一日ごとにリョナ→良く頑張ったねのSEXでステップを踏んで行きます。
(だからこそ、異常さが混じった興奮があるとも言える…)

 ころころ表情が変わってかわいいよノエルちゃん

サンプルで目を奪われる釘とんとんは最終日前の四日目で、かなり二人の関係が進んだ所だったのです。
きちんと物語を積んだあとに見ると、「痛そうだよおお」と思いつつ興奮してる自分に気づくはず。多分。

根っからのリョナラーではない自分としては、”Sとして調教される”みたいな感じでしたね…。

丁寧に作られたリョナモーション、そして音周り…!


逆に、生粋のリョナラーもかなり満足だろうというのが、やたらとデキの良いSE・ボイスですね。

まずは腿から試してみる(それでも予想以上にどんどん強めになっていって、初めは引きます)虚無なお目々が良いノエルちゃん

お腹を棒で殴るならそれだけを、じょじょに強めつつ何度も繰り返す動画な訳ですが、
打つ時の強さ・使用する道具・着衣か全裸か…でそれぞれ効果音や、女の子のモーションが違うという凝りよう。

しかも一つモーション作ってループじゃなく、一本はかなり長めの動画で、少しずつ暴行の影響が見てとれます。

つまり初めの一発目では「うっ」とこらえたノエルちゃんが、続けざまに打たれて「うえぇっ」と堪えられなくなって漏らしてしまう声、前のめりにのぞける、とかいった具合…。

お腹をお餅のように鐘つきだ!

ノエルちゃんのお腹をお餅のように鐘つきしてしまう場面では、
「おぉ゛っ」と咳込み、身体がくの字になる、というダメージの強さが見てとれます。
(”ここに内臓が詰まってるんだなあ…”みたいな、たぽんって響きは絶妙。chobitのサンプル動画で確認できます)

音声だけでもイケるリョナ兄貴たちにとっては、かなり垂涎なのではないでしょうか。

犯しモーションも良く出来てます。拘束されてのピストンで、快楽でじょじょに前のめりに丸まっていき、小さくて可愛い喘ぎ声を漏らす。喘ぎまくりじゃないのがまた良し

3Dモデリングとしては、ぐるぐるお目々のノエルちゃんはころころした表情変化に適しており、
普段の恥ずかしそうな笑顔、叩かれてる時に見せる虚無かつ、けだるそうな目、性的興奮を感じてきた時の赤らんだ顔、など緩急がとてもカワイイ。

3Dってついリアルな造形が思い浮かびがちですが、むしろリョナでそれだと、悲惨なだけですから…。
表現としてのデフォルメ・強調による、イジメられて可愛くなる感じ。
よく考えられてて良かったです。

鉄パイプで暴行された後に「もう入れられると思うよ?」「ささ、またがってまたがって」とか病み可愛くてな…

ただあえて言うなら、本質的に二人の関係は”このまま行ったら…”という破滅の予感が見え隠れし、ノエルちゃんも”どうかな、案外食べられそう?”と危険な一言を発してもいるのですが、
一通りのプレイが終わると、放り出される感じ…なのが、不満と言えば不満でしょうか。
(続編がある?)


この価格帯の動画にしてはボリュームが少なめかもですが、一つ一つの行為の凝り方、そしてこの倒錯した興奮。
気に入る方には相当だろう、と思いましたね…


アクナキさんも製品版について書かれています。