主観視点での戦闘。画面をなぞり、敵を切り払え!


前作[ミズキアイランド]の孤島で美女と暮らしながらおさわり、という雰囲気がなんとなく好きだったのですが、
今作は[ソウルオブフォージュリー] 、いやシステムの挑戦心で言えば[変態黙示録ペニックス]みたいな系譜へとなっていました。
(なにげにこの系列のサークルさん、エロACTで結構なウェイトを占めてそうな…?)

戦闘進む 戦闘1
▲2、3歩歩くと敵が現れ、そのフェーズを数回繰り返すと終点…って感覚

主人公は何かいわくありげな”5年ぶりに街に戻って来た”男で、その街でのNPCの多さなんかを見ると、ここから割と大きなストーリーの動きを迎えそうでもありますが、当面はクエストを請けてこなしていく様子。

クエスト消化の為に戦闘モードへと入り、
ここは主観視点で進んでると、ザコ敵が道を塞ぐように左右から現れるので、マウスクリックの後に、ラインを引くように動かすと斬撃…というアクションとなっていました。

戦闘飛び道具1 戦闘飛び道具2

居並んだ敵を一列にずばっと切れるとなかなか気持ち良いし、
また斬撃が間に合わず、敵が攻撃モーションに入った時は、それに合わせて右クリックを押していればガード回避も可能(盾を構えるイメージ)。
剣が届かない画面奥から遠距離攻撃してくる敵には、タイミング良く剣を振り、弾き返してダメージを与える…といったプレイ感。

確かに珍しいと言えば珍しいけど、どこか懐かしいなこのゲーム性…と思うに、あぁこれは”射的ゲーム”に近いのかな…と浮かびました。
(マウスで画面をなぞる辺り、スマホとかでもありそうか…?)

お金でアイテムや武器強化、そして街ストーリーもありそう


ただ本作をちょっと面白くしてるのは、そうしたアクションだけに留まらなかった事で、RPGぽい要素が下支えしています。

ギルド お買い物
▲ギルドやお店の女の子

ざっくり言えば単なる”ステージ選択”を、ギルドでクエストを請ける…という流れにしたのも深みですし、
敵が強いようならステージから離脱、獲得したお金や素材で、アイテムを買ったり武器を強化して再挑戦できる…とか、
リアルタイムな戦いの中でもメニューを開いて一時停止、アイテムや戦闘スキルを使う事ができる…などなど。
(特にゲームテンポが止まる戦闘中のメニューは賛否両論ありそうですが、面攻略を繰り返すだけでは確かにやや物足りない気がするので、これは英断かも)

じじい鍛冶屋
▲じじいとかにもボイスがあるのは、まぁこのサークルさん系列の伝統…?

しかし予告ではこのどんどん強くなってアクションにも影響するぞ、という面白げなポイントは伏せられているので(セーブできない・途中離脱はゲムオバ扱い)
そこは本編に期待…といった所でしょうか。

ボスをこらしめ代わりにおさわりだ


クエストの最後まで辿り着けばボス戦。
予告では”悪い女の子をこらしめてくれ”という依頼でしたので、女戦士が待ち受けていました。

ボス戦1 ボス戦2
▲盾も何度もガードしてるとじょじょに範囲が狭まり、最終的には使用不能に。敵の攻撃に剣をぶつけて弾く、とかもしたかったかな…?

ここ、ザコ敵相手では射的ゲームといった風情だったのが、
1VS1ともなると、こちらが放った斬撃は回避され、さらに飛び回りながら反撃もしてくるので盾でガード、
そうして何度か刃を交わしてると、ふいにボスが体勢を崩す瞬間が訪れるので、そこを見逃さず一気呵成に攻める…という変化を迎えていて、頷かされました。

(ただまぁ…つい「唐竹に斬りつけても回避されるのは当然、これは足を掠めるような軌跡を描くべし!」とかやりたくなりますが…まあ何回か繰り返すうちに”あ、これ、行動パターン決まってるのね…”みたいに気付いてしまう悲しさはあり…)

セクハラ技 フェラチオ技
▲「戦いながらもエロで屈服させる」を表現してる

そんな訳でマトモに渡り合ってると、敵の鬼回避で相当追い詰められますので、メニューから「セクハラスキル」を選びましょう。

これにより戦闘中にも関わらず手マンしたり、フェラさせたり…といったミニおさわり&エロカットインが発生。
敵の集中力が落ちて、攻撃もじょじょに当たりやすくなる…という寸法です。

ボスおさわり1 ボスおさわり2 ボスおさわり3

それらを駆使、首尾よく敵を倒せれば、いよいよ本格的なおさわりパートへ。
ここなんかはなにげに前作[ミズキアイランド]の良さもあって…
おさわりできる箇所や変化の多さ、射精ボタンとか快楽ゲージMAXで画面いっぱいの絶頂アニメ…と、なんだかんだ興奮させられる物がありました。


製品版ではどんどん新しい(セクハラ)スキルを覚えていきそうですし、
街にこれだけNPCの女の子が居るという事は、この子たちとも戦う事になるのかな? とか、
毎回、アニメ的な満足度の高い系列のサークルさんですので、その充実ぷりに期待が掛かるところです。