まだ予告:
フタディア[ロウレンツカ]

褐色ふたなり爆乳レズ! RPG部分もかなり丁寧に作られてます


現在(2016/10/11)、予告でのお気に入り数は少なめですけど、個人的に「なんとなく好き」な部分が多いRPGですね…。

 
▲爆乳たちで画面のほとんどが埋まる(良い)

明らかに隠せてないだろ! みたいに突っ込みたくなる、ハレンチ衣装のおっぱい女性が一杯出てきて、
おまけにハート飛ばしまくり・ちんぽ快楽に負けるフタナリ、更に爆乳レズにまで伸びるエロ嗜好。
(元来エロRPGは性癖やキャラの重要さから言って、各人にとっての”好きなポイント”を稼ぎやすいはずなんですよね…)

それとアイテムのアイコンや、マップチップ組みの丁寧さ、細かい会話変化など。
がっちりRPGしたい…という意志を汲み取れるようで、好感が持てます。

  
▲一応、巨乳ではないメイドさんもいる様子。お城のお手伝いモンスターのスチルもあって、なにか和む…。

というか始まりの舞台となる魔王城に至っては、「つい作るのが楽しくなっちゃったんだろうなあ」と思わせるような広さで、ちょっとここがネックなのでは…という節もあったり。

他のマップもそう、なにしろOPで悪いサキュバスにより主君たる魔王がふたなり化、万病に効くらしいキノコがあるので採ってこよう…
という他のRPGならシークエンスの初めに当たる流れも、目的地に着くまで、小さな村2つと森2つを超える必要がある…という位なので、他エロRPGの「話の早さ」を考えてると少し面食らうかも。

フィールド ダンジョン

自分も初めは、ええい、エロだ、とにかく先に進むのだ、と直進したらかなりの手応えで気付きましたが、
むしろこれは、いつでも移動画面に引き返せる”飛翔石”が頻繁に手に入る事もそう、まず進み、少しきつくなったら引き上げて、準備を整える…
とじっくり腰を据え出すと、楽しくなってきますね。

せっかく一つ一つの村や森が作り込まれてる事ですし、ちょっと話を聞いて回って、先に進むついでのサブクエストを請けたり、あれこれアイテムを貰ったり。

ダメージ脱衣1 ダメージ脱衣2
▲ダメージ脱衣も細かい(4段階)戦闘は2回行動なので、攻撃・防御とかもできる

すると魔王城での錬成で、アイテムどころか武具も作れる、
しかも種類が豊富なので、大体どれか一つは作れる…だがこちらは特殊な品が多め、町の武具屋では万能的で強い装備品は売ってるけど、こちらは値段が張る…と、強くなるための選択も見えてきます。

通り道でしか無いと思ってた小さな森にも、
大通りとは逸れて小道に入った所に、町で請けたサブクエストの中ボスを見つけたり、”明らかにピッケルで掘れそうな、怪しい場所”があったり…(発掘品をコレクトして、美術館を大きくするという要素に繋がる)

敗北エロ2 敗北エロ1 敗北エロ3
▲敗北エロ。差分細かい!

つまりダンジョンの数=敵が強くなる区切りとなっていて、そこを進んでは苦戦するようなら、戻って強化。
流れで制覇していく事そのものが、メインの楽しみかなと。
(体験版のテンポから考えて、全体のプレイ時間も割と長そう。10時間くらいかな?)

差分もたっぷりエロシーン。そしてふたなり快楽描写のこだわりよ


エロ箇所もその延長線上にあるもので、
宿泊代を浮かせるため、お城に帰って寝てたら、フタナリを持て余した魔王様が夜這いを掛ける、あるいはオナニーするイベントが発生、また主人公がそれに気付いてからは率先して性処理してあげることに。

夜這い1 夜這い2 夜這い3
▲寝るときは縦セタに着替える…おっぱいフェチをくすぐるなあ 他にも着せ替えありそう?

他にはボス戦の敗北エロもあり、ここでは主人公も一時的にフタナリ化させられ、敵のサキュバスに手コキでイカされる。
ボスを倒して、やっとフタナリに効くというキノコを持ち帰ったら、治るどころか(やっぱり)性欲を増進させるものでエロシーンに突入。(この先もこんな展開が、数回はありそう…)

ふたなり&爆乳レズな嗜好を覗かせていました。

ここで特に言いたいのは、RPG部の丁寧さがここでも活かされてるというか…、差分の細かさ、多さによるフタナリ快楽描写の盛り上がり。

おしっこ手伝い1 おしっこ手伝い2 おしっこ手伝い3

事実上の初エロ、まだ自分のちんぽに不慣れな魔王様の排尿を手伝ってあげるというシチュでさえ、
(なぜか乳房を出し)手を添えての発射用意から、おしっこが放物線を描き、勢いが無くして終息するまでを追い、更にその後の「ちゃんと、ちんちんを振って尿を切らないと」までをやるという。

他にも射精後の「さきっちょから精液が垂れがちになってる感じ」はどうやらデフォだったり、敗北エロの「初めての射精にびっくり、その後にザー汁混じりのおしっこも出してしまって、んほぉ」などなど…。

性処理フェラ1 性処理フェラ2
▲ツボ突くなぁ…

製品版では、発掘品を蒐集することで新たなご奉仕エロが可能となったり、なにか主人公自身もそのうちフタナリが常態化しそうな気配もあり…
まぁ人は選ぶのでしょうが、良いシコさだぞ、と頷けるものがありました。


ただ気になる点を幾つか挙げるとすれば、
なにしろ先述した通り、ダンジョンマップが入り組んで作られてるせいもあって、肝心の奥へと進む道を見落として、詰まりそう…とか(実は自分も15分くらい探した)
あと”エフェクト切る”のオプションもありますが、それでも一部のマップはちょっと重たいですね…。
今回の主人公は前作で登場した騎士のミーニャです
世界観は同じですが、前作を遊んでいなくても楽しんでプレイしていただけます

とかの、続編ゆえの心配は(本作の主人公が魔王側なら、前作は光の女神様がフタナリ化して大変な[フタメガ]
予告で判断する限り、確かに問題なくプレイできそう…と思えました。