ストーリーによるエロさと、多人数プレイ。これがリアルタイム3Dエロの最先端だ!


これがリアルタイム3Dエロ同人の最先端か…! と震撼しました。

ボイスと相まった動きのエロさ・良さ、挙げればキリが無いんですが、そこは体験版を触ればすぐにでも理解できる部分だとして、
そもそも「この作品の前と後で、リアルタイム3Dエロのハードルがまた一段上がった」とまで思うのは、”ストーリーのエロさ”が絡んでる所なんですね。

会話1 会話2
▲3Dモデルなのに、ギャルゲの立ち絵風会話をやっても全然違和感ない…ってトコにまず感動が。

つまり前作[ラブレイパー! 真姫編×凌辱診察室][ラブレイパー! School hamedol project]までは、もちろん出来が良いながらも、突き詰めれば”3Dおさわりではないか”とも言えた。

しかし今作は
「だいぶ前から義妹が放課後に呼び出されては、輪姦されていたと発覚する」
「犯されまくった妹は、健気さを振りまきながらも精液中毒の淫乱と化しており、主人公に肉欲か愛情かで葛藤させる事になる」
(最近だと[放課後エスカレイション]のようなアンビバレンツな興奮)
という前振り、そこに居る
「コイツ絶対犯したると腹の底が熱くなる、絶対服従を命じてくるお嬢様」
「その取り巻きで魅力的な(いかにも”アニメぽくもある”)女の子たち」
といった面々も絡み
(お嬢様主催の、放課後の秘密のセックスクラブ…って書くと、少し昔のヌキ用ADVみたいな感じもしたり)
それらを同人リアルタイム3Dでは史上初かも知れない? 複数プレイ中心の嗜好が引き立て、新しい境地にまで運んでいるなと。

OPエロ
▲裏で輪姦されていた妹にしゃぶられて…。シチュがえろい、クソッ先走りが半端ねえぞっ

1年弱前の作品ですが、同じようなリアルタイム3Dエロで[ライジングプレイ]というのがあって、これも場合により3P、そしてルート分岐で関係性の変化…とストーリーを意識した作風だったのを思い出したり。

つまり(無双モノとかのゲーム系ではなく)アプリ系の3Dエロの流れとして、普通に作れば「エロモーションビュワー」となっちゃう中に、マウスでの反応を入れて「3Dおさわり」としていたのがこれまでで、
そしてそこに「ストーリー、シチュも含めたエロさ」を迎えつつあるのかな…、と。

([ライジングプレイ]はあくまで、制限時間中に◯回イカせればルート分岐…という、3Dおさわりの延長で解釈していたのに対し、
本作は「登場人物の多さや、圧倒的な3Dモデル・ボイス量による複数プレイシチュで」描き出してみたのも、完成形ぽいな…と)

女性陣複数プレイ1 女性陣複数プレイ2
▲複数プレイの動き素晴らしい。Wフェラ、Wスマタ、他の子が責めててもすかさず顔騎、乳首責めと合わせ技…(”何もせず観察してる子”も良い引きに)

思えばゲーム構成もそれにあったパート割となっており、5日間で
「奉仕を迫るお嬢様&取り巻きによる、多人数M責めパート」
「M責め時の返答(選択肢)しだいで、お嬢様のご機嫌が決まり、犯し回数が決まる妹輪姦パート」
とまさにモデル多数を活かしたシチュの後に、
「妹と二人きりエロで絆(あるいは肉欲)を深めるパート」を繰り返すというもの。

なるほど、過去作からの変遷と、今作で目指したいものが大いに伝わってきました。
(逆に興味深いのは、相手の快楽ゲージみたいのをほとんど意識しなくなった事でしょうか。
まあその方向で突き詰めたとも言える[ライジングインパクト]が、凄いシビアな難易度となってましたしね…)

妹輪姦1 妹輪姦2 妹輪姦3
▲妹輪姦。中出しした後に、わざわざ土台を用意して「中出し液を排出させる」なんてのもアリ! えぐさ良い…。今回は断面図もありです

正直リアルタイム3Dではトップランカーのサークルさんだと思うのですが、このクオリティの追求姿勢には頭が下がる想いがしました。
そんなに誰かが追い掛けてくる地点でも無いのに、まだスパートを掛けるのか! みたいな。

まあそういう事なら少しずつアップしてる価格も納得ですし、あと大切な事なので念押しに強調しますが、シコれてしょうがないよね…。

妹絆エッチ1 妹絆エッチ2
▲妹との絆エッチでは可愛さ伝わる指フェラなんてのも。こちらも0日目では「周りに嘲笑されながら、妹で童貞を捨てる」シチュとかありました…

おかげで途中で精が枯れ果て、一時中断しつつ、どうにかプレイ3時間弱でひとまずクリアしましたが、パッとしないBADエンドに…。
多分ですが、お嬢様にひたすら媚を売りまくって評価ポイントを溜めるか、
妹をひたすら気持ち良くして快感ポイントかで分岐でしょうかね…
(お嬢様のご機嫌を取ると、妹の輪姦は減り、両方は満たしにくいのもそれっぽい)



実は毎回、選択肢の正解が違うという、きまぐれお嬢様のご機嫌取りに付き合うのも悪くないけどw
レメラボさんが法則を載せてたので、それを見てプレイ。

お嬢様デレ お嬢様和姦 お嬢様輪姦
▲デレ始めると急激にかわいくなるお嬢様でしたが…。恒例のHしてる時の心理裏ボイスは妹・お嬢様の二人分ありますよ

ルートクリアすると、妹と共通モーションではあるけど、細かい所で仕草が違い、もちろんボイスも違うお嬢様のエロが手に入って、更にボリュームアップ。

あとは…、同じやり方でなるべく妹への輪姦を減らして体力を残し、H度を上げる分岐…だろうか。
(どうもモブ子たちの裸エッチは無いようで残念。
おっぱいサイズとかをカスタムして代用だ…と行きたい所だけど、この辺りは妹EDを回収してから解禁?

…と言うか公式で攻略あった

輪姦だけじゃない、今作の3Dモデル・モーションの興奮要素


初めて見た時には3Dで多人数…にまず圧倒されたものだけど、よく観察すると、手の込んだ表情、そして仕草の細かさもまた、抜き出てるよなぁ…と気付く。

お嬢様アップ
▲アップにも耐えられるクオリティー。主人公を足コキでいかせたお嬢様のドヤ顔! 口角のちょっとした上がり方がかわいさの素ですねえ

なにしろ感じてる表情でさえ、それぞれ違う。
オッパイでかいおっとり黄色(モブ子)は、快楽を素直に受け入れてる悦びの表情を浮かべ、
対して、普段のセリフからレズぽくて、快楽に嫌悪感を示してる緑(モブ子)…は、口をちょっと開けて、ぽーっと浸ってるような表情…と。
単なるカラーバリエーションでは無いのが素晴らしい。

見上げカメラアングル アップカメラアングル 脚でかアップ
▲表情がとても可愛いベストショット。あとJKの脚だけ映して「良いですねえ…」と眺めたり。

あとこれはAVでもそうだけど、ガンガンヤってるSEXの流れで、ふいに感情の機微を感じ取れるような”細かい仕草”を発見すると、ちんぽがビクッと波打つような興奮を覚えるのだけど、本作のモーションにはそんな細かさがあって、
Wスマタしてる時に、よくみると、女の子たちがお互いの手を絡ませていて、少しだけハミ出した亀頭の上に重ねている…
きれいだなぁ…レズぽい子たちの性奉仕、良いですよぉ…とか、
顔面騎乗位してた女の子が、いざクンニの奉仕レベルが進むと、前のめりになり押し付けるように後頭部の後ろでがっちり足をクロス、この子は性に貪欲ですねえ…とか。

パイズリ
▲前作では少し薄かった、おっぱいプレイも充実。パイズリに飽き足らず、もう一人の手がペニスをイジめてる…とても気持ちよさそうだ

そして膣出し後に恥辱的なポーズで精液をひり出させるプレイとか、主人公の射精後に女の子たちのそれぞれの反応ボイスを聞いて回れる…とかからも分かる通り、恐らく本作、”事後”の凝り方も一つのテーマかも知れない。

主人公の頭の傍で興味なさげに座ってたお嬢様が、主人公が他の子にイカされた後にちょっと寄り添うように、いかにも膝枕しそうな優しい目線を向けているのは「イった後に優しくするの反則ぅ!」という感じですし、
竿に玉にと責められて射精した後、イッた直後の鈴口辺りをまだぐりぐりして弄んでる女の子二人…とか。

この複数責め、そして事後感。
これが幸せな気分にさせるんだよなあ…と。