リアルタイム3Dが、Unityが、同人エロゲに与える影響いかばかりか…。
TPS+RPGを謳った本作、予告をプレイしてみたら実に味わい深い物がありましたので、紹介致したいと思います。

TPS+RPG! 果たしてその可能性は


OP代わりのノベルシーンが終われば、何はともあれTPSシーンに移行、説明書にも最低限の操作キーしか載ってなくて困惑しますが、まあ3DのTPSですね。
なんとなく動かしてみれば「ああそういう…」と分かるかと思います。

TPS1 TPS2
▲ゴブリンは傭兵で仲間です。おもむろに後ろから撃ったりもできますが

それで思うのは、少し詳しいと「あれ、どこかで見た事あるぞ」となるUnityのお馴染みの素材(モデル、スクリプト)で構築したが故に、
詳しい説明抜きでもなんとなく目処を付けてプレイ、ゲーム性を把握していける…、これって、ツクール製にも似た感覚があるなと。

とにかくビッグなスケールと可能性が提唱されるUnityですが、案外エロ同人レベルでは、もしかたら”なるほど、そう来ましたか”みたいな、一定の枠の中での変化を楽しむ… そんな土台にならないかな、と…。
(ただその為には、ツクールで言うエロRPGよろしく、Unityにも何か定番のエロテンプレートが必要でしょうが)

障害物に隠れる
▲障害物の陰に隠れて、様子を窺うのも大事だ

そしてこれが、なかなか良く出来たりするのです。
具体的には視野判定・思考AIでして、この辺りはさすがUnity謹製のプラグインか、
物陰での視線の遮蔽や、いざ襲撃したら、正面や背面などで反応速度が若干違いながらも対応してくる、わらわら敵が集まって優勢になってからは、ヒステリックに撃ち返してくる… なんて動きが出来てます。

この手っ取り早くかなり人間らしい動きのおかげで、かなりTPSの妙味が出てるなと。

坂ルート1 坂ルート2
▲いかにもな感じで作られた坂を利用し、高所から狙い撃ちしてくる敵兵を排除。なかなかルートが分かりやすいぞ

そうしたプラグインに胡座をかかなかったステージ構成も良いです。

1面だと仲間の戦闘種族・ゴブリン達と一緒に、建物に陣取った敵兵を殲滅する…というのが目的ですが、

1. ゴブリンに随伴して戦う(建物の屋上から狙い撃ちにされてけっこう危険)
2. まず回り道、屋上の敵を襲い、危険を排除してから残りを倒す
3. 建物内でゴブリンに応戦してる敵を、その側面にあたる窓から強襲

とおおまかに3種の攻略パターンが考えられる構成。

強襲ルート1 強襲ルート2
▲敵兵がたむろする建物内を強襲してみる。ここ、手榴弾なんかあったら一網打尽できそうですが…

また攻略パターンと言っても、敵もずっとその場で留まっている訳ではない。
例えばこちらが援護にモタついていると、仲間のゴブリン部隊は壊滅、
敵兵が残った自分一人を探し始めて、予想外の場所で鉢合わせ、そのまま乱戦に…みたいな事も多し。

敵も味方もオートで動く、かなり決まった行動パターン…のはずですが、挑戦のたびに割と違う状況が現れる…というランダム性には、素直に感心しました。

また一度に喰らうダメージ量は大きいけど、少し休めばかなりの勢いで回復していく…という主人公の特性も効いていて、
隠れて様子を窺う事に強いアドバンテージが働き、突撃しまくれる訳じゃないけど、いったん身を隠してるうちに状況が好転する…という事も大いにありえて、「危険な戦場で考えて、戦ってる!」という感じがしましたね…。

ただまぁ、こう書くとちょっと褒めすぎかなってのはあって…、
照準代わりのマウスポインタがアプリに固定されてないせいで、さあ銃撃だという肝心な場面にポインタが画面外、なんとかアプリの上にマウスを持っていったら、今度は照準と一緒にカメラも動いちゃってわたわたする、ろくすっぽ狙えない…
正直、1面の最大の敵はこれでは…とか、詰めの弱い所もありましたね…。
(フルスクリーンでプレイすれば何とかなるかも)

RPGモード1 RPGモード2 RPGモード3
▲安全な拠点で次の面への調整をはかるRPGモード

TPS面をクリアできれば、次は安全なベース(拠点)に移動、
戦闘の報酬で武器や銃弾、あるいは傭兵を買って、次の面に備えよう…というRPGフェーズに。

つまり買い物次第で戦い方もまた変わってくる…という訳で、正直、1面くらいの作り込みのTPSがこの後も続くなら、かなりやってみたい、と思わされました。
RPGと言うには簡易ですが、この組み合わせはけして悪くないなと。

村人1 村人2
▲どういう事なの…?

どうやらUnityで凄いゲームが作れるらしいと触ってみると、まずその人形劇を設置するような感覚に
「これで本当にゲームらしいゲームは作れるのか…?」
なんて疑問を一度は抱きがちですが、やはり手応えのあるスクリプト素材や、
ゲーム的な面白さを生むシーンの組み合わせ…ってあって、それを抑えれば楽になりそうか、みたいに頷けました。

売春でお金稼ぎ、妊娠もあるぞエロシーン


我が家

さて気になるエロシーン箇所ですが、ベースにて宿屋に泊まれば、
どうも主人公が養ってるらしき女の子が待っていて、レズってみたり、リラックスした状態で入浴やオナニーできたり。

お風呂 レズ オナニー
▲派手にめり込んだり、モーションが大仰で違和感だったり…は、まぁ華麗にスルーするのが大人だ

エロモーションのループを、カメラアングル自由で観察する…という、まぁUnityのエロでありがちではありますが、けっこう全体のモーション数や仕草の変化が多くて、舐めるように観察してると、えろい気にもなったり。

売春1 売春2 売春3
▲ふわっとした感じでカメラアングルの調整もちょっと難しいですが…

予告で見えるもう一つのエロ箇所は、ゴブリンへの売春。
そもそも予告では非処女の主人公ですが、本来は処女からスタートするようで、初めはバージンのみ扱える強力な銃を使えるが、もし犯されてしまうと(敗北エロあり?)
お金をがっつり稼ぐにはこれしかない…という事で、3P輪姦売春などにも手を出すようです。

売春の結果、妊娠する事もある…というのは、リアルタイム3Dではありそうな様で、なかなか無い要素でもあり。

孕み
▲売春の結果、孕んだりもするようだ

やってみればどうしてなかなか面白くて、3Dエロゲの現在と未来、なんかに想いを馳せられるものです。
(ただまぁ、リアルタイム3Dエロゲで売れてるのは[三国夢想]とか、アニメ系モデルが殆どで、割と保守的…という懸念はありますが。
DMMならリアル系でも行けそうですが、ゲームとなると…ですしね)