*この感想は[さたける]さんに書いて頂きました。

ケモナーが愛でたくなる、ゆる〜い世界で交流を


ケモナーな女神様が作った人間とケモノ人が共存する世界で発情しているケモノ人に犯されたり、犯して発情を止めるRPGです。ちなみにケモノ人は女神様の意向で女性しか存在しません。

話を聞くと女神様の設定ミスでケモノ人が同時期に発情してしまい、人間男性滅亡の危機になっているそうです。そのため、主人公(貴方)は各地で各ケモノ娘の親玉を犯して発情を治めるようお願いされます。そして、主人公の身体(主に精力)を改造するために女神様に犯されることに。

女神様
▲冒頭から女神様主導による騎乗位セックスで搾り取られます。1回イッた後も女神様が気持ちよくなってしまって2回戦へ。

と、こんな感じで女神様お付きの妖精と共に世界を巡る事になります。この妖精はナビの役割もしながら、積極的に村人の会話に参加し、場を盛り上げます。主に突っ込み役。

シルク1 シルク2 シルク3
▲喋らない系主人公の変わりに活躍。世界や種族に対するつっこみが面白いキャラ。

住居が異なるものの人間とケモノ人が共存するほんわかな世界観も魅力です。そして村人の会話が本当に楽しい。モブ1人1人に軽い個性があるので、その世界に入り込むような楽しさが。また、ダンジョン攻略後などイベントが進むと村人全員の会話が切り替わります。イメージとしては英雄伝説シリーズやLunarシリーズの村人みたいですね。「会話する楽しさ」があります。個人的には本作のように村人との会話やキャラの軽快な掛け合い楽しいゲームがもっと増えてほしいなと思っています。

戦闘敗北で2回以上絞られるライトM向け騎乗位、ボス戦勝利で2回以上イかせるライトS向け正常位


村人との会話で、あそこの種族が最近襲ってくる……などの情報を得るとその種族のダンジョンへ。最奥のボスを倒してエッチすると、その種族全体の発情が抑制され問題が解決します。イヌ娘やモリ娘(エルフ)、ネズミ娘などケモナーには嬉しい種族ばかり。基本的にロリっぽい丸みがあるCG。

ダンジョンは基本的にその種族の住居なのでモブとして住人が沢山いて、探索すると次々イベントが発生。街や村と同じぐらい会話イベントが豊富で、ネズミ族は弱いので人間におびえる、イヌ族は勉強してるけど馬鹿設定なので勉強になっていないなど種族の特性を生かしたイベントでこちらも楽しいです。日常イベント以外に人間の男の子を(性的に)食べちゃったり、主人公を落とし穴に落としてから(性的に)頂いちゃったりなどエッチなイベントも。

ダンジョン1 ダンジョン3 ダンジョン4
ダンジョン5
▲ダンジョンだけど、じめじめした不気味な施設は一切なく、和やかな雰囲気で進みます。

けもの人の住居は発情した娘がいる設定なので、エンカウントします。戦闘は単純で、攻撃とヒール、スキル攻撃の3種類。主に雑魚は攻撃でボス戦はスキルかな。でもケモノ人が可愛いし戦闘の初めや中間の一言、瀕死状態の立ち絵が可愛いなど、戦いながらも愛でたくなる魅力に溢れています。戦闘の面白さはないものの観賞用としての良さがあります。(だからあまりエンカウントが気にならなかった。)

戦闘1 戦闘2 戦闘3
戦闘4
▲殴り合うだけの戦闘だけど、一言セリフで可愛さとほんわかさが滲みでています。

負けると逆レイプエッチ。8割は騎乗位でガンガン絞ってきます。他は手コキやフェラ、パイズリなどなど。形状は逆レイプですが、雰囲気的にはライトM向けの甘々な女性上位シチュ。可愛らしい言葉攻めなども加えながら射精を促し、射精後もケモノ人の発情は止まらず連続で2回戦が始まります。

ボス戦以外に雑魚戦にも全てエッチが用意されています。ボスと雑魚は色違いなだけなので、イベントエッチも含めて実質同じ種族で4種類以上のエロ回想があります。

基本的に敗北エッチは初回と2回目以降の2段階差分。2回目は気持ちよくなりたくてまた来たんでしょーと言葉攻めされながら絞りとられます。

敗北エッチ2 敗北エッチ1
▲難しい語録を使わない事で可愛らしさを出しつつ、言葉責めや喘ぎの使い方が巧みなので、けっこう興奮できました。

ボス戦に勝利すると女性上位から一転、混乱するケモノ人ボスに正常位で挿入。元々発情しているので抵抗する事も無く、簡単にイってしまいます。相手がイっても容赦無く突いて、さらにもう1回イかすまで責めます。
つまり、受けでも責めでも2回以上イく&イかす事がエロの趣旨となっています。

ボス勝利 勝利2

残念なのは、種族ボス攻略後は二度とそのダンジョン内に入れない事。だから、厚みのあるダンジョンのケモノ人会話をクリア寸前データで楽しめないのが勿体なと思ったり。

なお、人間の街では人間とのエッチも発生します。女の子が媚薬などで興奮したり、ケモノ娘の激しいエッチを見て、同じように気持ちくなりたくて主人公に襲い掛かったり。こちらも基本は女性上位のライトMな攻め方です。姉妹によるWフェラとか病み上がりエッチなどいじらしいシチュです。

人間1 人間2
▲この可愛らしく、いじらしくもある騎乗位と言葉がたまらないゲームです。

ゲームクリアまで3時間ほど。回想はケモノ人33、人間・女神・妖精9の計42です。基本CG枚数は1イベント1枚で回想と同数。甘いエッチで絞られたいケモナーさん向け。ほんわかな世界観の中、豊富な村人やケモノ人の会話を堪能できたのが凄く良かったです。短編ですが、エッチは頻繁に発生し、ケモノ人ボス勝利時を除けばほぼ全てが絞りとってくれるので、ロリ+明るめの女性上位シチュが好きなら、とても楽しめるゲームだと思います。

難しい技術を使う事なくRPGの面白さを考えて丁寧に作られたゲームなので、これからゲーム製作をしてみようなんて方はプレイして欲しい作品ですね。