*この感想は[さたける]さんに書いて頂きました。

アダルトグッズを題材にしたエロRPGは「ココムのえっちな道具屋さん」「FANTASTIC DAYS-アトな日々-」が思い浮かびます。そこに現れた新サークルさんの本作。PRを読むとおもちゃだけでなく、エロRPGの欲しい要素を兼ね揃えていそうな雰囲気ですが実際はどうでしょうか。

ちなみに第一印象で、DLSITEのPR文章や画像選別が上手だな……と思いました。

アダルトグッズモニターからはじまる調教物語


村の復興のためアダルトグッズの販売を考える村の代表者達。主人公はその素材集めと「大人のおもちゃのモニター」を担当します。

エロのメインテーマは「調教される被虐体質の女性」です。おもちゃはそのための手段であり目的ではありません。アダルトグッズは媚薬、ローター、オナホールなどオナニー用アイテムばかりですが、初回の媚薬オナニーを除いて全て対人です。
ローターを付けて街徘徊し、オナホールを使ってご主人様を絶頂へなど。つまり全て調教の一環です。新商品のモニターを繰り返す内にどんどん被虐体質に目覚めていき……。終盤にオナニーイベントもありますが、ご主人様達に使っていただけるよう身体を鍛える目的だったり。

オナニー1 オナニー2
▲2回目の強力媚薬によるロボに視姦されながらのオナニー。主人公は動画を撮られている事に気づいていません。

そしてグッズを作るための素材集めも一筋縄ではいけません。ゴブリンの精をオナホールで回収、触手生物の触手を収集など。だいたい素材集めでもエッチな目にあいます。

グッズ
▲グッズは1枚絵表示。感想コーナーの突っ込みが何気に面白い。

序盤、主人公は自分が調教されている事に気づいていません。最初はエッチに抵抗があった主人公も抵抗が薄れ、次のモニターを待ち遠しく思う状態に変化。処女なのに羞恥・露出で調教される様を楽しめます。同じ立ち絵ポーズでも序盤は怒りだったのに、後半は恥ずかしがっているなどこの差が素晴らしい。

処女喪失から堕ち方が急激に変化


そして、処女喪失。不本意なシチュで何度も気をヤり、チンコ入れて欲しくてたまらない時に選択肢があります。耐えるか、気持ちよくなるか……。
処女喪失パターンは4,5種類ぐらい。どれもネチっこくて一大イベントです。処女喪失は一つの起点で、主人公の貞操観念が無くなるきっかけに。今までは「無自覚に調教されていた」のが「調教を自覚しながら積極的に関わる」状態に変化します。

決意

この時から「ご主人様」を意識しだします。ご主人様の奴隷宣言したり、赤の他人とのセックスを楽しむようになったり。どんな事をされても感じる身体で激しいプレイでも余裕で感じます。命令される事に喜びを感じ、露出などなんでもプレイしてしまいます。また、単純な受身セックスから尽くすエッチ、室内でののプレイから青姦、1人から複数、性器からアナルとプレイ内容もどんどん激しくなります。

大胆1 大胆2

また、主人公が「ご主人様」になって欲しい唯一の人は他人とのセックスを推奨しています。そのため、主人公は「ご主人様」が複数人できます。ご主人様達も主人公を性欲のために使いますが、肉欲だけでなく愛情や包容力が見え隠れします。なので主人公はより一層安心してエロを堪能でき乱れていく関係に。

どちらも愛があり、「理想のご主人様と奴隷」の構図が見えます。ちなみに「愛」は「恋愛」ではありません。

契約
▲ご主人様と契約を交わすといつでも内容を閲覧可能。法的拘束力はないが、約束そのものが主人公の興奮へ

シチュ以外に表現の仕方もエロが盛り上がるポイント。エロテキストがねちっこく、ライトノベルよりもフランス書院に近い濃圧なSMエッチも特徴。また、イく時は舌を出してしまうのも本作の特徴。ほとんどのCGに舌出しがあります。キスも舌をネットリ絡みあってフェラも舌つんつん。

舌 ドアップ
▲舌フェチにはたまらない画像も多いです。また、ここぞという場面では拡大画像を使うなどシーンを工夫して作ってあります。

またプレイヤー手動のエロイベントが多いのも特徴。ローター付きで街徘徊から、次はミニスカ+強力ローターで街徘徊に。そして深夜にご主人様と全裸露出徘徊、また露出系だけでなく、淫乱幽霊に憑依されてセックスを求めての徘徊など。調教深度とテーマ・場所に合わせて様々な徘徊を楽しめます。

手動エロ2 手動エロ3 手動エロ1

グッズ販売と共に成長していく村


主人公の頑張りでエログッズの売れ行きが好調。なので村もどんどん成長します。イベントと共に進行するので、資金稼ぎや凡庸素材集めなどの必要はありません。
最初は寂れた村だが、知名度が上がり人数が増えていく。そして工事中の場所ができ、武器屋・酒場などが移転や拡張して温泉ができて……、ごちゃごちゃしてきたら区画整理して…と段階的に村が成長します。

村 町
▲発展と共にどんどん変化していく村。丸っきり様相が変化するので楽しみの一つになります。

野外露天でのエッチだったのが、建物ができて室内でのエッチになったり、新しい住人が増えるので全裸露出で見せ付けるなど、村でのエッチも変化していきます。

最後はエロRPGおなじみの娼館が建ちます。主人公の風俗・娼婦イベントは他の3つの町でもたっぷり堪能できます。ちなみに娼婦イベントは終盤で発生するので、主人公の調教度も高くエロエロ状態。客を満足させすぎて店側キャラ達にびっくりさせてしまう珍しい展開が楽しめます。

娼館

この娼館、建った状態だと開放されていない部屋もあり、サブイベクリアで開放するやりこみ要素になっています。この部屋がどれも異常性癖の集まる部屋で、例えばぶっかけ部屋だと、一人の女性に複数の男性がひたすらぶっかけるシーンが眺めれるなど。

ストーリーと並行して進行する大量の差分サブイベ


本作は珍しくメインイベントで主人公の調教が進化します。そのためサブイベに時限があり、見逃すとその後の段階差分が消滅します。消滅するサブイベはヒントが欲しかったところですが、一応は発生場所の想像が付きやすいシステムです。そして、本編と密接にリンクしているため興奮度が高い。序盤から発生するサブイベは、本編の進行と共に次々段階差分が発生するためシーンも膨大です。

サブイベの発生元はほぼメインイベからの派生です。例えば上記ゴブリンの精子集め、ご主人様に定期的に採取して欲しいと言われるので任意にゴブリンに会いにいけます。無視するとイベ消滅。すると形だけの奴隷宣言を行い初回と同様にオナホールで採取、次は手で採取、次はフェラで……と段階的にイベントが進みます。そして主人公が処女を喪失後、開発も進んだあたりでゴブリンとセックスまで発展します。そしてセックスも中継地点でまだまだシチュは発展。

ゴブリン2 ゴブリン3 ゴブリン4
▲エロRPGに似合わず理知的で文明的。紳士だから強姦もしない。そして場合によっては共闘関係が。でも主人公との関係は「ご主人様と奴隷」。こういうゴブリンいいな。

このような段階サブイベがメイン進行と共に増えていきます。つまり調教が進むと主人公はあちこちで痴態を晒す状態に。また、終盤になるとメインと関連のないエロもあちこちで発生します。エロを探して街の探索をするのが楽しかったり。


この主人公の調教、村発展、横展開するサブイベの3要素が重なり、同時進行します。淫乱度を採用するRPGだと実現が難しいポイントの一つですね。メインとの繋がりがエロに説得力を与えています。

細かい設定を積み上げた世界観


たぶん、本作は圧倒的なボリュームのエロ数に評価が集まりそうなゲームですが、実はエロだけでなくシナリオも良質なゲームです。国の因縁、商人の利権、王家お家騒動……。舞台の歴史・地理・政治など細かな設定を詳細に煮詰めています。
また、村の成長は、最初グッズの売上よりも、グッズを購入する貴族についてくる護衛の宿泊や外部の物価上昇による村販売武器の安さなどの経済効果など設定のリアリティがあります。そしてさり気無く複線が隠されていて、定期的に真相が判明します。

ストーリー
▲モブ会話の設定を頭でまとめて世界観を作る感覚はまさにRPG。

そしてTrueエンドではこれまでの集大成と言えるどんでん返しのような事実も判明。

キャラの行動もこの下地があり、例えば序盤、ゴブリンは妙に紳士的でそして文明レベルが高い様が伺えますが、その理由は中盤あたりで判明。ご主人様の調教計画は、後の展開を見るたび主人公が「ここまで計画的なのね」と思うぐらい周到(プレイヤーは複線を拾う気分)。

頭がいい1 頭がいい2
▲主人公も頭がいいのでプレイヤーの思考の助けになったり、時には敵キャラにざまぁすることも。そしてご主人様=人脈なので頼れる人も多いまさに奴隷の鏡。

また、村興しの過程で様々な街やダンジョンを訪れ、計3国を跨ぐ冒険に。エンカ無しのフィールドが広大で街の数もそれなりに。世界が広く冒険をしている感じが出ています。当然、それぞれの街に細かな設定も。
シナリオ進行と共に村や主要人物のモブ会話が変化しRPGの楽しみを感じます。(個人的にRPGの楽しみは戦闘よりも、こういう部分だと思う。)

コンシューマーRPGでもここまで細かな設定を作っていないRPGはあるなと感じるほどこだわっています。そして、「俺様設定を読め」と押し付けず、モブにさり気無く語らせたるなど、あまりストレスを感じません。また、簡単な戦闘、広くないダンジョンで探索は楽々、村おこしはメインイベントで自動的に進行、エロ発生場所は瞬間移動で一瞬などエロ以外の部分が極力エロを邪魔しないようなシステムです。

シナリオを書く手段でゲーム開発をしている方の参考になるゲームかと思います。

基本CG約50枚、イベント総数150以上の大ボリューム。エロRPGに欲しい要素が詰まっていて初サークルさんながら良質なゲームでした。淫乱な奴隷が好きな方向けですが、女主人公エロRPG好きでもかなり楽しめる内容です。開発時間2〜3年は軽くかけてそうな稀に見る力作です。