もう表紙の画像だけでも「これ、絶対やらなきゃいかん…!」と。
なんというか上手く表せないほど独特ですが、あえて言うなら
「ハレンチ学園のヒゲゴジラみたいなテイストに、ガリガリ君のパッケージみたいな塗り」と言いましょうか。

それだけじゃないのが、
旧「ENIX」等でPCゲーム制作実績のある作者懇親の自信作です!
完成までに4年を要した大作です。どうぞお楽しみください!

という説明。
(と言うかプロフィールを見てみると、自分が生まれる前からゲーム開発に関わっておられる…!
自分にとっては”歴史”でしか無いものに関わってきた、相当なキャリア。)

これは一体どんなキテレツで凄いゲームなんだ…と我慢し切れず、若輩者ですが予告版をプレイさせて頂きました。

細かい話は抜きだ、ただこの不条理世界に酔いしれろACT!


OP動画1 OP動画2OP動画から懐かしい? ノリですが以後、隠し切れない奇抜さが

ゲーム自体はCF2.5製、なぜか動画再生に最近ではあまり聞かないQuickTimeのインストールが必要になりますが、案外ゲーム部分はまとも(失礼)。

(*QuickTime、windows7の自分はインストールだけでは上手くいかず、.dllを入れる作業が必要だったので、
一応参考リンク→QTCF.dllが見つからない

ただ脆弱性が指摘されているので、遊んだ後はアンイストールして置いた方が良いかも…。
Windows版QuickTimeに深刻な脆弱性、直ちにアンインストールを

ステージ武器はステッキと拳銃。婦警だからマッポちゃん…なんですね…

基本的にはやや広めの面型のACTで、道中にライフを回復してくれる味方が居たり、
アイテムを拾って武器チェンジしたり、セーブ地点があったり、
まっすぐ行っても道が塞がってるので、少し周り道してギミック解除して…
といった具合。
(囚われた人の救出とかもある辺り、[Bullet requiem -バレットレクイエム-]がシステム的には近い…?)

しかし主人公の移動速度はかなり遅く、SEとかもやや脱力系(なぜか敵の銃撃音だけはやたらとリアル)
攻撃もボタン単押しではできず、必ず←か→押しつつ攻撃ボタン押しが必要です。
これが地味にテンポ遅れる。

まぁ優良ACTらしい爽快感や、敵との手に汗握る戦いを期待してはいけない。
(こちらの動きは遅いのに、敵の銃撃の間隔はかなり早い・主人公の当たり判定大きいで、もうダメージ覚悟の殺るか殺られるかの大雑把になりがち…。
一応、「敵を全員倒そうとせず、進めるならさっさと先に進む」くらいが丁度良いバランスかな…?)

人質救出1 人質救出2道中、囚われてる人を助けよう(ブッ殺してはだめですよ)

しかし何といっても”懐かし系の…”絵柄では隠し切れない、奇抜さがまさに玄人好みで、
もうステージ1、プレイキャラクターが上空から落ちてきて着地した次の瞬間には、他では絶対見ないような凄い敵が動き回ってるのを目にする、その現実だけで楽しめるというもの。

ボス戦に突入ボス戦もそのままは開始しません。AVでシコってる所を邪魔、キレさせて戦闘突入です

ゲームオーバを3回すると、プレーヤーは無敵になれ、ボスも簡単に倒せる

とかの措置とか、
★全8ワールドの各ワールドごとに総ての敵キャラが総入れ替え!★
総敵キャラの種類は、なんと90種類!(数ではありません種類です!)

というボリュームからも、もうこれはこの見た目・芸術を楽しむための手段である、と言っても良いでしょう。

次から次へと現れる不条理敵に、もう何か含み笑いを堪えきれず、楽しくなっていきます。
四の五の言わずこの感覚に溺れるが正解。

動画は割と良いですよ(地力が窺える…)


NPCエロ1 NPCエロ2動画はリピート再生、ボタン押しで次の場面へ…って仕様が欲しかった気もする

エロとしては、お助けキャラに助けて貰った時・ライフ0になってやられた時・それから小ボス、大ボスにやられた時…などなどの場面で動画を再生。

数秒程度のムービーが流れる訳ですが、これが絵柄の偏見無しに見てみると、なかなか実用的なデキになってます。
過去作で、動画作品もたくさん手掛けておられるだけあります)

敗北エロ

最近はアニメと言ったらもうadobe系・AftterEffectなんかが花盛りな訳ですが、それとは違う生態系で昔からずっとやってきた故か、
割に細かく動き、キモい化け物に犯される女の子の肉体もよく強調され、
その上、本数も多そう(50以上だそうです)
そして予告版から、アニメ回想も付いてるという力の入れ方。

色眼鏡で見がちですが…まぁそれもある意味正しいのでしょうが…
割とこの部分は、かなりの出来を誇っていると感じました。


*アップデートで、動画形式が.mp4になった模様です