「むちえろ(ハート)」
 
 ★★★★☆(星、4.0)
 回数:5回  
 
 ・大体のDL販売サイトは、同人だけでなく商業用のエロ漫画も扱っている。
 冷静に検討してみると、同じくらいの価格(1000円)ならば、商業の方がページ数も多く、安定したクオリティなのではないだろうか。
 ・と思い、1年ほど前に試しに商業のを購入してみたところ、プロテクトとPCの相性が悪く、開くのに相当苦労する(ちょっとした事で落ちる)などという事もあったものである。
 それと人気の作家さんであったが、4・5年前くらいの作品までしか登録されていない、という悲しい事もあった。
 ・だが時代は進んだもので(出版社ごとに対応が違うかも知れないが)この作品はどこにもプロテクト表記が無かったので、勇気を出して買ってみたところ、ごくスムーズにいけました。やったね。
 また体験版なども用意されて、これで絵柄や動作環境なども窺い知ることができる。これこれ、これだよ。商業ようやっと始まったよ。
 
 ・で内容。
 おっぱいが大きい女の子が(むちむち=ぽっちゃり、という訳ではない)色んなシチュで犯されたりする。後半にいくにつれ媚薬効果でムリヤリおねだりさせるなど、陵辱色が強くなっていき、えろい。
 ・おっぱいは大きいけれど、乳に特に特化した責めというのは無い。
 むしろえろいのは、局所がうずく→堕ちる、という一連の流れであると感じました。
 
 ・商業は実に150ページ超と、同人に比べて大ボリュームになりますが、雑誌に連載した1話ごとをまとめたものである。
 その意味で毎回ページ内に収めるべく、テンプレのような責めになっており(安定したクオリティとも言えるが)特定のシチュにこだわりまくりたい、という人はやはり同人か。
 ・また絵がとても精緻でキレイなのですが、デジタルで見るとけっこう感覚を得にくいところも。(拡大しまくればいいのだけど、拡大すると全体が見にくい・・・ね。)
 同人なんかは始めからデジタル念頭に作画されていたりして、非常に見易かったりもする。
 ・おかげで膣内になかだし、という描写も毎回のように多いのだけど、そのおかげで割とヒダヒダにぐろい感じを覚えました。たぶん実物の単行本で見てたらそういう感想は抱かなかったと思う。
 
 ・DLsitecomでバナーで紹介されていましたが、「対魔忍アサギ」「対魔忍ムラサキ〜くノ一傀儡奴隷に堕つ〜」の漫画も載っています。
 これらはキャラクターがしっかりしてるおかげか、陵辱なんかもよりえろく感じましたねえ。ムラサキとかは知らないんですが、これのおかげでちょっと欲しくなったり。
 
 ↓Dmm.com版
 むちえろ No.2
 
 ↓なんだかんだでアナログの単行本が一番の環境な気も(解像度)。
 ただし場所は取るし、本が割にぶ厚いので両手が埋まってしまったり・・・ね。amazonなら中古もある・・・、エロ漫画とか微妙かもしれないが。