「Re:chi」
 
 ★★★☆☆(星、3.4)
 回数:3回(くらい)  
 
 ・たまに3Dの動画が欲しくなる。え、AVでいいじゃんって? 分かってないねー。3Dの動画がいいんだって。
 という訳でDMMなんかで眼にする機会も多かった、これを購入です。
 ・メガネ痴女は好きですし・・・
 
 ・ちょっと大げさなくらいの淫語連発っていうのが、この作品の魅力と言えるでしょうか。
 いや最近のAVでも淫語言いまくりってあるんですが、「子宮降りっぱなしぃいっ」「あがっが、あははぁっ(喘ぎ声)」みたいなちょっとアニメ入った感じのはないでしょうから。
 声優さんの頑張りが伝わってくる作品です。
 ・またそれは同ジャンルで最高クオリティと言われる(CGが)梅麻呂3D作品との差別化、とも言えます。(「杉本女医の淫乱痴療」 ←この作品のサークルさんね。)
 シチュエーションにこだわるとか、価格が安いとか、差別化しなければ、まずこの最高峰のサークルさんをお客さんは手にとってしまうだろうから。
 
 ・が・・・、私としてはこの淫語連発、ちょっと置いてけぼり感がありましたねえ・・・。いや抜けるんですよ。それは男児の生理反応、仕方がない。
 でも出した後も、なんか興奮度がいまいちだった・・・ っていう不解消感。
 オナニの質にこだわる紳士諸君には伝わるでしょうか。この気持ち。
 ・加えて、3DCGの質が思ったほど・・・良くない、と感じました。前半とか割とオブジェクトを無視して動きます。平たく言えば、おっぱいを突き抜けて手とかが出てしまうわけです。(パイズリのシーンとかなんで、気になりませんが)
 まぁ私はゲームの製作者として・・・ちょっと厳しい目で見ているかも知れません。知らなければ、そんなモンかなあ、と落ち着く所でしょうか?
 
 ・女の人の顔も、ちょっとのっぺり感があり残念。男はもっと酷くて、PS中期のホラーゲームの主人公、的なクオリティでした。(分かりにくいわ!)
 男が空気ならこれでも良かったんですが、アップとかあると気になってしまいます・・・。
 
 ・ドアの外で痴女がオナっている・・・から始まる、”ちょっとありそう”な雰囲気は良いと思います。梅麻呂3Dの作品に、このテの「設定のリアリティ」を感じることは無かったな・・・ なんでだろ。
 ・薬物でもやってるんちゃうか、という痴女っぷりも人によってはツボでしょう。逆にそう感じるのは、やはり設定にリアリティを感じてるからでしょうか・・・
 ・黒下着とかも、ちゃんとターゲットを理解してるな、という感じです。まぁアダルティな下着はね・・・。興奮するよね・・・。
 ・女の人が服を脱いでからは割とよろしく、細い身体におっぱいがデカく映える。ここは○。堪能できるクオリティでしたね。
 
 ・一つ不満。
 基本はブラウザで見るのですが(PSP用のmp4が付いてくるのですが、ちょっと画質劣化してますね)IEでしか見られない・・・のはいいとして、早送り・一時停止とかの機能が使えません。
 単純に動画を流して、観終わったら次へ、みたいなモンです。
 で1シーンが割と長くて、途中で出しちゃった場合、次はそこから再開したいんですけど、2分だけ飛ばす、とか出来ませんから。それが面倒だったなあと・・・。
 (*すみません、動画ファイルが入ったフォルダがありました。私はこっちで観た方が快適だと思います・・・)
 
 ・自分はこの作品より、「BROKEN HEART」の方が満足度高いですね。まぁ価格のこともありますし。

 このサークルさんの他の作品?

 Dmm.com版はこちら↓ 
 Re:chi No.3