リンク:
電流アクメ イラつき棒[Dime en loan]

要点


一言まとめ



長所


それなりに面白くしよう、と電流イライラ棒の挙動を作り込んであるのは感じました。
 
発想が面白いよね…シチュもえろい気がする。

短所


顔窓以外のエロ要素無し。顔変化もそう種類がある訳ではない。
 
まあイライラ棒自体が面白くない上、残念ながら破綻してしまっているバランス
(強引に突っ切る事が半分くらいの面で可能)
 
ゲームは単調ですぐ飽きる上、エロも期待するほどえろくならなかった…!
(ゲームがあかん事を薄々気付いているので、エロにもリソースをたくさん掛けられないという…悪循環)




プレイ感想


プレイ前




 
壁に棒が当たってバイブONだと、クリア目的とエロが反発しちゃうんでね…
あーでもどうだろう、実際に観る立場ならw 壁に当たって起動の方がえろいよね。
失敗しちゃって絶頂ってシチュはそそるしなあ。初回でクリア出来る人は殆ど居ないだろうし、これで良いのかなあ

 
>全部で50のステージが用意されています。
より、エロ方面(キャラ数とか)に力を注いで欲しいかなーと。
正直イライラ棒、ステージ50とかそんな根詰めてやるゲーム性じゃないじゃん…って。

プレイ中感想


 
「電流アクメ イラつき棒」http://t.co/g4RP4vZt
このゲームをやります。あんまり売れないだろう事は分かる、つまりアフィリエイト的にどうなの? って事も…。
でも電流イライラ棒でバイブ起動でイッちゃう女性… 気になるじゃん…っ!

 
タイトル画面で女性が、これからの悲喜劇を象徴的に示すかのようブルブルしてるのですが…。
こう…絵を全体的に動かし…、まさに”ブルブル”という感じなんだよね…
違うよね、バイブ動くってのは下半身がぴくっ! ぴくっ! ってアニメじゃないのか、と…
一抹の不安を感じつつスタートです…!

 

はいゲーム画面です。
壁に当たるとバイブ起動、初めの内は女性の眉がピクピク、片目を瞑りがちに、
やがて口を歪めだし、愛液で濡れ始める…
そして最後には”あああっ”と絶叫&絶頂して(*フキダシ)
ゲムオバ…なんですが!
 
何しろその顔芸、顔窓がエロ要素の全てですのでスクショが貼れません!
ちょっとDOOMを思い出したね…

 
そんなに絶頂パターンがある訳でもないです。
責め具も、バイブがローターや乳房への筆、クリに洗濯バサミ、くすぐりマシーンとかはなりません…。
半分イキ&笑いこらえ顔でヒクヒクしながらも継続とか観たかったんですけどね…!

 
エロ的には絶頂して終わりじゃなく、一度イっても続行、
イキやすくなった状態でも続けさせられ、何度も絶頂、
粘ついたヨダレを垂らしたり、アヘ顔のまま続ける、とかも観たかったかな。
 
一度も絶頂せずにクリア出来たらコレクション要素(写真という形でCG…)
とかがあれば良いので…

 
感心したのは、このゲームの場合、壁に棒が当たると”弾かれて、少し戻る”用に出来てます。
この手の練習用に作ったゲームだと、幾らHPがあるものでも
壁に触れた時点でガシガシ体力削られる(戻ったりしないので当然その位置に居れば削られ続ける)
慌てて引けば反対側の壁でまたガシガシ。
事実上一度当たったら死亡、という状況が多いんですね。

 
あとはマウス(の絶対座標)=棒の位置っていうのもよくありまして、すげえ過敏に反応したりするんですよね。
頭掻いただけでかなり動いて死亡だったり。
この作品はまさに棒を動かす、という感じの良いレスポンスですよ。

 
平たく言えばマウスを右に0.5ミリ動かす=棒が進む(0.4以下なら進まず)
という事です。
これが割と良い挙動だなあと…。
その辺にあるのだと、無理に全てのマウスの動きを拾おうとして、少しでも動いたら棒もガーッ動いて死亡、になったりします。
 
そりゃ名前はイライラ棒かも知れないけど、実際TVでやってた人たちはマウスじゃなく棒な訳で、
もうちょい鈍感な動作、ここまでイライラしなかっただろう、という気分も募るというもの。

 
あと特筆すべきなのは、アクメゲージが限界に近づくと、棒がぷるぷるします!
そう、イキそうな状況を表現してるんですね。
お金を取るだけあって、”ちゃんと”作ってある… そう思いました。


 
思いました、思ったんですがまあ…言っちゃえば…しょせん、イライラ棒なんで…。
そんなに面白くは無いんですけど…。

 
第一、TVではクリアした時に100万円っていう達成感がありましたけど、これ、
ひたすらステージクリアが続くだけですからね…
(PLAYER:AMI ってなってるし、コレクション要素は無いのかなあ…?
無駄に服装とかキャラが集まったり。外人キャラだとイキにくかったりとか…)

 
時間制限は無いように見えますが、バイブゲージが溜まっていきます。
バイブは3段階まで強さがあり、
待っていると大体…30秒くらい? でゲージが1LV分上がる。
しかし急ぎ過ぎて壁に当たっても、時間を待たずに強制的に1LV上がる。という感じです。

 
 
余りにもハイセンス過ぎる面の数々。
とりあえず1~25面までぶっ通しでクリアしたものの、何も変化(コレクションとか)
起きませんでした…

 
というか、バイブのLVがMAXになってもアクメゲージが溜まるまで少し間がある…
という事で、ぶつかる覚悟で適当に右へ思いっ切りマウスを振れば、
突き抜けてクリア出来てしまう面も多く…(壁以外の障害物があると上手くいきませんが)
破綻してるかと…。

 
うん…イライラ電流棒でバイブ起動! えろくないか?
とその考えをすぐ形にしてしまうフットワークには正直憧れますが、これまあネタゲーというか…
まあ…。
 
FC時代のクソゲーぽい感じですよね…。

 
過去作の「AVH-エイリアン対ヒロイン-」http://t.co/1Gqu2d3k
とかには可能性を感じてたのですが…残念。



http://b.dlsite.net/RG13119/archives/3627024.html#trackbacks