リンク:
DARKBLADE -The Dragon of Firetop Mountain-[ぱんつ工房]
:DMM版

要点


一言まとめ



長所


それ程ストレスが溜まる感じでは無い、戦闘簡単だし、3Dダンジョンはオートマッピングだし。
むしろ女の子発見即レイプなんて話が早い、と思う。
 
多分全部ロリキャラっぽい。
(ロリとそのママの巨乳キャラとか混ぜられるとイラっとする方、俺はロリパラダイス、
ロリ分を補充したいんだよ! って人には良いか。)

短所


ウィーザードリー系を期待するとちょっと違うかな…




プレイ感想


プレイ前




 
>20年前からぱんつ工房のライフワークとなっているDARKBLADE最新作
な、なにそれ おそろしい

プレイ中感想


 
 
2012年も暮れの現在、まるでapple2に戻ったかのような簡素な画面です。
でもメニューとか武具欄はツクールVXのもので、そこだけちょっと違和感w

 

余りにも白黒すぎて今の時代では逆に不安になります、ああ、女の子成分が無いとこれ以上耐えられない!
という所で敵が出現、おお 女の子モンスターです。良かった。2012年の現代に還って来たんだ!

 
戦闘ではスクリプト入っており、敵ダメージがぽろんぽろんとポップアップする感じ。
おかげテンポはまあまあ。このスクリプト使ったエロRPGも大分増えてきましたが…
でもwiz系だとシステムメッセージが無いと逆に寂しいなー、とか回顧するw

 

てっきりモンスター娘を犯すのかと思っていましたが、どうもHシーンは、ダンジョン内でイベントがあるみたいです。
一人の、怯えたシスターがおりました…。
いきなり”犯す”の選択肢が出てびっくりですが、荒くれ冒険者とかそういう立ち位置なんですね

 
 
Hシーンは多分、ロリが満喫できそうな感じでしょうか。絵柄的に。
あと前作がそもそも”ウィザーロリィ”ですし…

 
 
一応主人公は行方不明の少女を探すためにダンジョンに入ったのですが、その一人を見つけても潔くレイプ!
この子も”初潮が来てるくらい”の年齢でした。
でも犯される妄想で濡らす変態娘なので、容赦なく膣出しです。

 
デフォルトでおしっこ(と、中出し)差分があるのは、何というか小児愛のコダワリを感じますね。
戦闘が相当ヌルく、エンカウト率も低いので、1フロアに2つHシーンがあると結構エロ頻度は高く感じたが…

 
うーん。wizを期待すると肩透かしを食らうので注意。
メンバー編成とか無くて、初めは一人からスタートですし、職業とかを意識する事もありません。
そもそも主人公、デフォの状態で両手剣が出来て、攻撃しまくり。
ヒールもLV2とかで覚えますし。そして4・5回は使えちゃうMP量…

 
仲間は犯した女の子が後から追い掛けてきて、メンバーに加わる感じですかね…
1人からスタートして最大4人まで、順に加わる。
見た目はwizですけど、この辺は完全に旅しながら戦うタイプ。DQ形式ですよね…

 
あと体験版では1Fを探索できますが、ほぼ戦闘(宝箱ドロップ)と女の子発見しか無かったのですが…
うーん、どうも中身がだいぶカスカスな印象を覚えてしまいました。
まあ2F以降で充実するのかも知れないけど。

 
仲間固定なら、ボッタクル商店で変態アイテムを購入して、ダンジョン内で使って喜ぶ…とか
期待しちゃいますが、まあ価格が価格ですしね(735円)

 
まあ緊張感が無いので…どうも飽きるというか…。
あの異常な緊張感が無かったら、今の時代から見れば、単なるめちゃ地味な
ダンジョンものですし…

 
>RPG部分をもっと楽しみたい方向けの仲間たちと本格的な冒険を繰り広げる後半部分
と作品内容にありますので、恐らく仲間になってからは違うのかな。
そもそも閉鎖空間のダンジョンもので、仲間との出会い…を描いちゃうのは同じ事の繰り返し、退屈になりがちではないか、と思ったり…

 
どうだろうな、戦闘中に突然乱入して来たり、後の冒険者への書き置きとして姿をチラつかせたり、
冒険者同士の交流だったりアイテム交換だったり、そういう形なら十分面白い出会いが作れるか。
そして、どうも深い階層になると敵が強いから手を組もうぜとか、強かったあの子がモンスターに犯されていて助ける、とかの物語があればアツそうですが。
どうでしょうか。



作者さんブログ:
http://sakemasu.blog101.fc2.com/blog-entry-104.html#trackback-top