リンク:
氷の上の妖精[エロエロ王国]
:DMM版

要点


一言まとめ



長所


お触り箇所、アングル、ステージ数、この価格にして素晴らしいボリューム!
 
分岐することによって、(フィギュアの演目結果もある!)
監督としてのゲーム性、物語性ぽいものも出ていて楽しめる。
 
例えばお触りに合わせた声が出る所や、身体が動いてもパーツがズレないなど、
”基本”とばかりに安定した技術力はさすが。

短所


ちょっと責めが回りくどい…というか。ガツンガツンやれる感じではないかな
(体験版ではステージ1だからかも?)
 
責め箇所が多数すぎて、これで発情させてこう、みたいな責めが頭の中で描きにくいかも。
自分でプレイスタイルを描ける妄想派には十分なのだろうが…
(興奮とシンクロして責めがオープンになれば分かりやすい…実際、陰部辺りの責めはそうなんだけど、
まさに”ヌキどころ”にも関わらず、他と同じくらいの責め数なのはどうかなと)




プレイ感想


プレイ前




 
しかしそこは地力ですよ。やっぱりエロイんだと思う。逆に他の”おさわり”とどこが違ってくるのか興味があるな…
おさわりと言えば体位が2・3あれば上々な中、ステージ数がめっちゃある事からも片鱗は窺えていますが。

 
というかフィギュア選手ってどうですか? 世間の性的な目ほど、興奮しないんだけどなあ僕ぁ…

プレイ中感想


 
 
最近では開幕即お触り、が多い中、デモ画面を作るのが昔のFLASH職人らしいというか。
付属のreadmeのキャラがモナー(マララー)だったりする辺りも、非常に懐かしい雰囲気

 
 
新しい衣装が恥ずかしい…などと抜かす選手に、鬼コーチの荒療治がサクレツする!
という訳で顎を持って、ミキ!(そんな名前ではありません)
恥ずかしがらず、こっちを向くんだ! とやってみたり…

 
 
お触りの定番、アイコンで責めを選択する形式ですが、手アイコンだけでも
フトモモを撫でるだけでなく、服をずらして脱がしたり、引っ張ったり…
(アンダーシャツを引っ張って離すとパチン! と言うのが面白くて繰り返してたら破れた)

 
 
アングルを変える事でケツを叩いてみたり
(一応練習なので、えろい事をされても態勢を崩すんじゃない! という名目です。
びくっとなりながらも耐える少女…。
フィギュア選手というシチュが活きてますな)

 

更にもう1アングルあります。
まさに
>全5ステージ
>各ステージには2~3種類のポジション
の通り。素晴らしいボリュームです。

 
例えば最近のお触りFLASHの代表として
「おさわりフラッシュ ~小悪魔アリスの家~」http://t.co/9S10DAsu
が見た目キャッチー、そして追加パッチでハード陵辱の方に行ったのに対し、
今作は”おっさんらしい”というか、ねちっこいマニアな責めが多い、と言えます。

 
まあそもそもフィギュア選手、という辺りでそのオッサン臭さは出てた訳ですが…

動くんじゃない! と命令しておいて、尻たぶを毛筆でなぞるとか、まさに
執拗なおっさんイズムを感じました。

 
逆に反応箇所が多すぎて、あんまり思った通りの操作が出来ないって所もあったかな…。
(というか早くチンポをぶっ挿してえ! という気持ちとは裏腹に、出来るのはアンダーシャツ引っ張って離して、ぱちんだったりするという、そういうテンションの違いもあったかも。)

 
お触りは責める箇所を選ぶまでは自分の意志ですが、そこからの責め”内容”はゲーム側に任せられている。
そういう意味で、案外プレイヤーと主人公との乖離を起こしやすいジャンルなのかも。
 
だから一般的なお触りは、例えば繋がってる状態で←→キーを表示、さあ動かせ! と促すのかも知れませんね…
(これはもはや自明、ピストン以外有りえない状況とアイコンですから)

 

一応反応箇所を表示できるのも、流石の気配りではあります。
うーん、でも結果的にこれを見ながら攻略、みたいになっちゃってて、違うんですよね、自分の意志で自分のしたいエロをしたいんですよね…
難しい問題かも知れませんが…

 
唇など一部の責めではあるのですが、なぞった位置を追うようにエフェクトが出てくれると、あ上手く行ってる、とか分かり易かったかな。
自分としては反応部位に↓や←のヤジルシを置いたり、そのヤジルシの横に揉む! とか、くすぐる! とかの文字表示があった方が良い気がするんです…

 
いや分かります、画面上にそういう無粋なモノを表示すべきでは無い! という美学も。
しかしどうも、ヤりたい事とプレイヤーの責めとの乖離が気になった…
そこさえ一致してれば、豊富な操作、かなり楽しめると思うのですが。

 
取れる行動が多い事をプレイヤーは好き放題ヤレる! と感じるのじゃなく、ある程度ルールを知った上で上積み、
そこからの試行錯誤、組み合わせを、自由だと捉えるんですよね。
初めから満遍なく与えられた自由を自由だとは感じない。
 
ある程度与えられた後に、あ…ひょっとして、これも出来る? あ、じゃあこれも?
と感じた時の心の広がり(発展)こそ、好きにヤレれてる、と感じているのだと。

 
例えば(体験版制限なのでしょうか?)
服を脱がすにしても、引っ張って離すを繰り返して、破るしか無いんですよね、
ハサミでキレイに切り取って、すっぽんぽんにして犯したかったですし。
 
パンツを脱がして、陰部を触る時はそれこそ、なぞる、入れる、かき回す、
クリトリスを弾くとか、テンションに合わせて細かい部分に何箇所も集中して欲しいなあと思うのですが…

 
満遍なく、全身にエロ反応が散っているんですよね。
それが良い! って人も居るとは思うのですが、うーん、直情的な”ヌキ”としては
どうかなあと…。

 

体験版だからイカセられないのかな、と思ったのがさにあらず。
陰部をオラオラオラァ! とここぞとばかり責めまくったら、気をやってしまったようです
汗を浮かべてハァハァ、とくんとくんとなってるエロス。

 
   
そして演目のデモが! エロ関係ないのに力入りすぎィ! と思ったのですが冷静に考えたら本当に凄い技術。
3Dみたいに方向を計算して描画されてます…!

 
 
あれ態勢維持する訓練だったのにイッちゃったらダメなんじゃね、という不安通り、順位は芳しくないのでした
(お触り内容で? 分岐するみたいです。そこはかとなく、選手の結果を見守る監督気分を味わえる…!)

 
ああ、分岐条件、コーチがイクか選手をイカせるか、かな?

 

コーチ怒りの折檻が待っていそうな分岐がオープン。
うーん、バスタオル姿が結構えろい&かわいいな…
フィギュアはあれです、選手時と日常時のギャップがあるかも(髪を下ろしてくれたりすると、余計に)



http://b.dlsite.net/RG04086/archives/1599017.html#trackbacks