リンク:
対魔封淫戦記~少年の剣と魔法と淫らな魔物達~[scream]
:DMM版

要点


一言まとめ



長所


変わった感覚の戦闘が楽しめる。微妙な駆け引き感、これくらいの尺なら楽しいかな
 
エロは勿論リアルタイム3D。擬音やセリフに目が行くが、動きがすげぇやらしい。
あと主人公が責められるオンリー(ショタ責め)責めの内容が凝ってて幸せな気分に

短所


価格の割にエロできるキャラは少なく(5人)RPG部分は一本道。
ちょっとあっさりし過ぎかな…




プレイ感想


プレイ前




 
今までのリアルタイム3Dって、圧倒的に女主人公が多かったですね。だってモデリングにだって時間掛かる、女の子たくさん用意するのも一苦労ですから、どうしても数少ない女の子をじっくり…って形式になりがちですからな…
しかし今作は違うぜ! 
>お姉さんや淫らな魔物と1対1で戦っていく ぜ!

プレイ中感想


 

タイトル。なかなかSぽい女性達が居並んでおります。
ボ、ボクどうなっちゃうのぉ…?(*既に気持ちは性少年と相なりました)

 

いわゆる見下ろし画面で移動するRPGではなく、行き先をクリックするタイプみたいです。

 
 
イキナリ生意気な女性が現れましたが、どうやら主人公の試験官の様子。
いきなり”上位のお姉さん”がお相手(2重の意味で)と、今作のコンセプトを物語っていますね

 

とりあえず簡単なチュートリアルを受けます、ふむ要約すれば下のコマンド8つから、状況に合った適切な物をマウスで選べと。
自分の番→スキル→回復魔法などと、段階的かつ悠長な選択はしません!
これは「リアルタイムアクションバトル」なのです!
 
あ、乳揺れはしますがダメージで脱衣とかはありません

 

…って、難しいわ!!
リアルタイムアクションバトル、というと動的で直感的なモノを想像しますが、例えて言うなら、FF6以降くらいから現れた
”自分のターンにコマンドを入力して技を出す”みたいなアクティブ感に近いか…?

 
ですが今作は相手もリアルタイムですよ。
こっちの状況お構いなしに平気で攻撃してきますし、またその動きが”もにゅ~ん”といかにも遅く振りかぶり、
さあ今! 今! 今パリティ(回避)を使うんですよ!! と言わんばかりです。
 
そんな中、下の8つの…いうなら『コンソール』『操作盤』ですよ、これはもう。ここから正しい物を選ばなきゃいけない!
ましてこっちの攻撃後(無防備)に相手が振りかぶったりすると”あ~! あ~~!”ともどかしさが募りますw

 

こうなると基本的に待ちに徹する事になり、ちょっと種類が多めの、グーチョキパーみたいになるかと思います。パズル的な。

 
例えばHPが減ると相手は必ず回復魔法を使ってきます。これを潰すのについ”弱攻撃”したくなるのですが、相手のモーションを見てからそれでは間に合いません!
(また、外す事もあります)
この場合は”弱魔法”だと確実に打ち崩せる、と言った塩梅です。

 
またこちらの強力な魔法も、平場では確実に潰されます。
敵の隙を作るには”敵の大振り攻撃時にパリティ”。しかしパリティ成功後も必殺技(タイミングがシビア)・大魔法・大攻撃・毒魔法と選択肢が分かれるのが悩みどころ…でしょうか。

 
隙を作る手段が、相手の攻撃待ちだけなのは少し悲しいかな?
(大魔法が成功すると、敵ののけぞり隙が生じる?)
 
…弱攻撃を積み重ねていって、明示的に少しずつ隙を作る、みたいなアクティブ要素が欲しかったかも。
フェイント攻撃や、外されるとこちらも隙だらけになる体当たり攻撃、敵の特定の攻撃を誘う、細かい隙にパワーを少しずつ溜める…とかあっても良かった気がします。
 
要は3すくみの結果、単一の有利不利が訪れるのではなく、3すくみ以前に有利不利をもたらす、細かい駆け引き(蓄積)が良い?
(まだコンソールの一番右が暗転してるので、増えるかも知れません。そうなると操作も大変ですが…)

 
いきなり大攻撃してもザックリ入る時があるので、明示されていませんが、攻撃後の硬直、とかあるのかも知れません。
体験版はこの一人のお姉さんだけでしたが、敵のパラメーターが変わればまた広がりがありそう。

 
自分ならやはり…方向キー+Aボタンの組み合わせ、Bボタンで役割の切り替え。
にした方がストレートかなあと思いますが、それももうちょっと練った方が良いかなあ。
(”魔法”は敵との距離って概念があったら、ピンと来やすいのですね…)

 
一度に8つのボタンを判断できる訳ないので、この時はこれを使わない、これはこういう時に…と段階ごとに自分の脳内で割り振れる様になり(=慣れる)
上手く行った時の楽しみがメインだなと。
んで敵のパラメーターが変われば、そこにまた微調整が要る、ってな感じ。

 
   
戦闘に勝利すると、そこはリアルタイム3D。
動きながらエロ、となります。
ジョジョの格ゲーみたいな力強い擬音がなかなか珍しい。フキダシとかも3Dではなかなか無いっすね。

製品版


 
個人的にはけっこう満足だった。
光の処理は地味だけど、キャラ造形も地味ながらにカワイイ。
特にエロ動きのヤラシサは特筆モノ。そこだけで言えばトップの3D動画と並びそうな感じだった。
(さすがに過去に3Dの動画作品を出してるだけはあると)
 

エロ相手が5人のみなので注意(シーンというか、エロカットごとで数えると19)
確かに価格は少し高く感じるかな…?

 
戦闘:
RPGとなっているが行き先は常に一つで、途中の分岐は無かった。
 

気高くて凛々しい感じのモンスター娘…だが、勝っても負けてもエロは無し。
ワンシーンずつでいいので、モン娘にもエロがあったら評価上がるのでは。
3D女の子キャラがばんばん出てくるゲームってそんなに無いので、行く先々で女の子と出会うのはちょっとムフフとした。
 

戦闘ですが、ゲームが進むとコンソールの一番右側がHP・MP回復ボトルで埋まります。
 
後半難易度が上がってくると、安易な弱攻撃はすかさず弾かれ、必殺技カウンターが入ります。メチャクチャ痛い。
そうして初めは弱攻撃で適当に勝ててたのが、難しい事に挑戦しなければ勝てなくなるんですね。そこから頭を使うようになり、戦略性の広がりを感じました。
「弱魔法でのけぞらせた後に弱攻撃を入れると弾かれにくい(かも)」「毒魔法は有効だが、敵の毒解除魔法もごく短く詠唱できるので、常に弱魔法にカーソルを合わせながら様子見」「敵の弱攻撃をパリティ出来れば大いにチャンス、ただ見てからでは間に合わないのでほとんど賭けになる(一気に叩きこみたい時に)」
「敵の残HP少ない時は弱魔法連打でセコく削り勝つ」etc.
 
まあけっきょく最後くらいになると、賭けに出て連続で良い目が出ないと勝てない、という運任せになっちゃった気もしますが。
(まあ逆に言えば高度なアクション性を要求されるとかではない、運次第で誰でも勝てる…という事なんですが)
 

お気に入りキャラ、サイクロプス。前髪ぱっつん、おっぱいデカイ上にやたら性的なビキニ格好の子です。

そして戦闘時に分かる圧倒的な身長差…ほとんどサイズフェチの領域ですが、これはショタ責め的には美味しい
(勝つと見られるエロシーンが”膝に抱え、おっぱい吸わせながら優しく手コキしてくれる”というのもギャップで幸せな気分に)

 
エロ:
エロ嗜好はショタ責めオンリーでした。時には手コキだけで手を変え品を変え、フィッニュしたりする。この幸せ感。
戦闘に勝つとエロが見られるんですが、勝ってるのに何故かエロは全部女性上位になり、そこがよくある「敗北エロで情けない勇者くん、堕ちちゃいなさい♪」より、もっと背徳的だったw より情けない気がするw
 
 
「もう…しょうがないわね…童貞の方も卒業しておく?」
あんなに厳しかったのに、勝つと急に優しく・スケベになられる教官先生。
このエロシーンは膣口がぱくぱくしてたり、そのまま一気に飲み込んで、騎乗位の腰のグラインドとか超やらしい。
静止画だとセリフとか擬音に目を奪われがちですが、”一級品の動きだ!”と確信させるのに相応しかったです。
 

巨女のサイクロプスさんはスベスベの手袋で、左手で竿をしごきながら、右手でカリ首の上をちょいちょいと花で包むように動かしたり(手つきがヤラシイ)
最後の、抜かせる為の勢い良い手コキシーンでは(ちゃんと長めに取ってある。ここで抜け! という事ですね)
大きいおっぱいの谷間アップ。そうですね、おっぱい見ながら手コキ射精とか超イイ気持ちになるもんね…
 
総じて1回のエロシーンは長く複数のカットに責め。セリフ回しといい、ショタM責めのこだわりは大したものでした。(つくづく全部で5キャラなのが悔やまれます)
 
以下、余りにもえろかったので列挙しないと気が済まない。
 
・タマを優しく揉みほぐしつつもう片手で竿をシゴいて、ヨダレを包皮の間に垂らして”ニチャニチャ”(そして胸の谷間が見えてるアングル。計算され尽くされているッ)
・ちんぽが細めなので、優しく摘む感じの手つきでゆるくコスりながら、鈴口を舌先で舐めてくれる
・さんざんお尻を左右に振る所を魅せつけられての尻コキ、そのまま流れるようにスマタ射精(女陰に押し付けられてるチンポの圧迫感が見事に表現されてる)
・女王様に正常位で接合、少年が頑張ってピストンしてる所にセリフで”うふふ、ほらほら頑張って(はぁと)”と見つめられる至福(最後はちゃんと一緒にイッてくれます)


細かいこと:
多分これ、戦闘もエロも実はムービーだったりする…?

一本道なので実はコンティニューはパスワード製です



作者ブログ:
http://b.dlsite.net/RG07683/archives/1601375.html#trackbacks