楽園魔城リピュアリア 感想(製品版)

ACT, R18製品版の感想

DXライブラリ(つまりC言語系)で作られた探索横ACT。
“探索”という事で単純爽快なACTとは違い、基本は上下左右に広いマップのどこかにある妖精の鍵を入手、ドアを開ければ次のステージへ進める…という流れ。
お店や装備品などの概念もあり、なかなかRPGぽい要素も強そう。
自機は”男の子”と”女の子”状態に分かれています。これはつまり、前者は能力値が足りなくてヨチヨチ歩き状態でピンチ、回復スポットに急ぎましょう…というメリハリを狙ったものかな。(一部男の子でしか倒せない敵は居ますが)
古い例えですが[妖怪道中記]みたいなゲーム性ですかね…

 

またエロ的には設定を生かし、憑依(TS)エロ、といった嗜好になっています。
恥ずかしがりな女の子が意識はしっかりしているけど、男の身体を共有、射精に恥ずかしがったり、時に気持ち良くなったりする。
エロの種類としてはACT中のやられドット、そして面クリア時のエロシーンがあるようです。

長所

●見た目は独特で豪華で、目を惹かれる感じ…でしょうか

●ドット少女は、なかなか可愛いです。
(贅沢を言えばもう一色増やしてくれたら、もっとビジュアルインパクト強そうなのですが…動かさなきゃいけないんで、仕方ないのでしょうな)
●クリア後のエロシーンが長い!
憑依(TS)な感じですし。
●製品版では、使い魔にデッキ…アクションがどんどん広がる、みたいです。
(まるで女主人公モノよろしく、主人公のステータス上下ってのもあるのですが、これはどう影響してくるんだろ…?)

●ボス戦とかもあり、敵のデザインもかっこいいですな。

短所

見た目は良いのですが、めちゃくちゃ遊びにくい、と感じました。
●使用ボタンの多さ
減らせると思います。メニュー開くボタンと閉めるボタンが、それぞれ別ボタンに割り振られたりしてますので…。
また、メニュー中では{決定}にキーが2つ対応してるんですね(ゲームパッド使用)
これも混乱を誘う感じでした、どうも。

 

●ゲーム中の要素が多すぎる(満腹度、MP、精力、デッキ、使い魔、主人公各種ステータス…??)
めちゃくちゃ要素が多いですし、なにげに使用キーも多いですし。
大体やりたいゲーム性は分かりますが、それを起こす為に、これだけの要素は不要だったのでは…?
体験版では触れられない事も多いので、せめてステージ進行に従って小出しにするとか、方法はあったのでは…。
●マップチップ分かりづらいです…。
まず暗くて、一番重要な足場が見えづらい事がしばしば。
入り口にせよ、入れる箇所に立ったなら、”!”みたいなアイコンを表示した方が、親切なんじゃないでしょうか。
“Cで回復”というゾーンに関しても、回復できない状態で押したなら、キャンセル音か何か鳴らしてくれないと不安になります、要素が多いだけに…。
マップ、常時表示されてるのは良いんですが、肝心の自分の位置が分からないですし…。
暗くて良く分からなくて、高い所から相当な下に落ち、ハイやり直し…。みたいに感じる場面も多かった。
このテのゲームジャンルでは確かにありがちなんですけど、他では、相当下に落ちる(やり直しになる)所はその前にカンバン立てて警告してたり、切り立った崖みたいにして、分かりやすくしてると思うんですね。あるいは、これからのジャンプ先を屈めば先に見えたりとか。
キャラが大きいのは良い事ですが、当然相対的に見通せる先が狭くなる訳で、迷いやすさも高いです。
“鍵があそこの先にあるんじゃないか?”みたいな検討も付けにくかったです。
次はあそこへ行ってみよう、ここで○○して…と、じょじょに試せる事と道が開ける、という探索ACTの楽しさを狙ったと思うのですが、でかいキャラと上下に激しく移動するキャラ(落下含む)でこちらは一杯一杯、目印になる様な地形も無いですし、とても次の目標を立てるドコロではありませんでした。
試すも何も、プレイヤーが把握できてない、と…。
また鍵も、ポツンと普通の所に置いてあったりしますし。
厳しい事を言うなら、マップ・ストーリー・ゲーム中の要素のどれにせよ、プレイヤーは初めから全部把握してやっている訳ではない、という目線が必要な気がします。
(チュートリアルもありますが、説明も充分じゃないと思いますし)

製品版プレイ1(死神サクラ倒す)

予告版で感じたいまいちな遊びにくさ…は以前としてあるのですが、なかなか面白くなって参りました。
迷宮探索型としては、ちょっと難しいギミックを解いた後の報酬…反応のバリエーションが多いと嬉しくなるわけですが、これは十二分。
石化されてエロられたり、そこから新キャラが加わったりと展開に富んでいます。
新しく加わったロリババアは初めの女の子の魂の片割れらしいのですが、色変え…って事はなく、いちいち仕草が違い、またボイスも違う。新スキルで道も開ける。
これはなかなか迷宮探索型の醍醐味!

ロリババアはまんこが見えても気にしないのでスライディングが出来るのだ!

プレイしていく内に少しずつ…、中間色を省いたような? このドット世界にハマっている自分に気付きます。
基本カワイイ女の子が出まくる。だけど、どこか謎めいてておどろおどろしい。なんとなく東方Projectぽいかな…と、そんな気もしましたね…(東方あんまり知らないが)
こちらの性嗜好は百合ではなくモン娘や憑依、という違いがありますが。
3時間プレイして3面まで完了、モンスター図鑑を見ると7面まであるっぽい?
なかなか先は長そうです…。

反面、遊びにくさも以前としてあります。
基本的にステージの上下が激し過ぎるのでは、とか(人間の目は横長についているので、横の動きより縦の動きを追いにくい)
キャラもマップもでかいのでよく迷う、どこに行けばいいか分からない。把握がしにくくて正直、闇雲に進んでるうちになんか目的地に着いている…っていう場面が多かったですね…。
現在位置を確かめられるメニューの{マップ}はかなり重要。(デフォで右上にも出して欲しいんですけどね…)
あと石化を解く為に調べる時も、敵にトドメを刺す時にしても、1番めの変身、いわば正ヒロインじゃないと進まなかったりする。
2番めのロリババアじゃだめ。しかも”あやつなら分かるかも知れぬ。聞いてみてはどうじゃ?”と促すような警告メッセージも無し、この辺ミスリードを誘ってきつかったよ…

迷宮探索型としてのギミック

スイッチを押すと今まで塞いでたブロックが開く(しかも一定間隔で上下するので、適度なアクション臭さも残っている)
2面のクモ娘は初め倒す手段が無いのですが、新加入のロリババアならやっつけられる…と、ステージギミックもちゃんと練ってある感じでした。

謎だった要素が分かってくる

体験版では今いち分からなかった(多すぎる…)要素も幾つか判明。
デッキ編成というのは、要は変身ボタンを押すと変身できる女の子順らしいです。
つまり正ヒロイン,ロリババア… の順を逆にできる。確かにキャラ多くなったら即座に変えられるのは大事そうですが。

純情度とか、男の子のステータスはまだ効果が分かんないです…
どうもステータスの比率によって、変身状態で使える・使えない技が出てくるのでしょうか?
あるいは宿屋に寝た時のイベントとかセリフが変わる…とか?

ロリババア能力で{索敵}が追加されました。
で初めて知ったのですが、ヤラれるだけでなく、どうもこっちから責めるH技ってのもあるらしい?
ハートの数が重要らしいのですが、大体ほとんど変身状態で居るので、いつもゼロです先生…!
{使い魔}ってのは未だにカラ。もしかしてこっちから責めてイカせた場合に、初めて使い魔になってくれるのでしょうか…
この先どうも苦戦の予感が…。

製品版プレイ2(肉壁を抜け図書館へ) 

製品版プレイ3(不死者と人魚倒す) 

製品版プレイ4(クリア) 

攻略は暇だからゲームするさん