バトルロワイヤル[煩悩倶楽部]

シビアな難易度の横ACT。
使用キーは少ないですが、攻撃キーと方向キーを組み合わせるとダッシュになったり、また弾数制限を設けてるなど、底が浅い感はしない。
むしろキー操作とグラフィックがしっくり来てる感じ。操作してて楽しさはあると思います。

難易度は1―2から始まる初見殺し…、敵が隠れて弾を撃ってくる(顔を出すタイミングに合わせないといけない)
一番のザコ敵の触手も、岩に阻まれてなかなか倒せない、と一筋縄ではいかない。

むしろ死にまくって覚える…ゴリゴリと進んでいく、昔ながらのACTでしょう。
エロACTには向いてない気もしますが、個人的には好きな手応え。
体験版では出来ませんが、セーブしながらリトライを繰り返して踏破するのは、少し楽しそうではある…。


エロはACT中の犯されと、そのままゲームーオーバーでエロ絵(アニメ)。

なんとなく[処女戦士ヴァニス~クロマラ帝国の逆襲~]と同じ物を感じ、嫌な予感がしましたが、意外にしっかりした挙動・初見のインパクト・硬質な楽しさは感じました…。
悪くはない、個人的にはちょっと好き、という。

ただ説明不足とリアルチックな画像のおかげで、どこかカオスな感じは否めないですがw

長所


●良い意味でも悪い意味でも、死んで覚えるゲー。(自分なんかは好きだが)

ただエロゲであるし、正直今の時代、"難しい難易度"というだけでは、プレイし続けるモチベーションが保てない…。
(エロがしっかりエロかったら、それでもプレイし続ける動機になったでしょうが…)


●3Dのおかげで、モーションぬるぬる。
謎のインパクトが…。
そして主人公、パンチラしまくり。なんとなく興奮してしまう自分に、ちょっとイラっとするw

●なぜか敵女性のモデリングは多そう。
割と"戦う女性系"のモデリングが多いのは、ソソります。

短所


●ゲームオーバーのエロ含め、あんまりエロいとか、抜ける感じではないと思う…
テキスト面でのサポートも無いですし、エロのシチュを描き切れなくて、毎回ただ犯されてるだけの絵、になりがち。
(あとスケルトンにイラマされても、ギャグにしか思えないです…。)

エロ部分もですが、キャラや物語やゲーム部分にしても、もうちょいテキストでのフォローアップが欲しかった気がします…。

1―1で"全員敵を倒さないと鍵が出ない"ってルールが分からないものだから、触手生み出す敵に捕まらないと倒せないとは気づかず、割と苦労しましたよ…。
まあこの辺も、ドルアーガの塔みたいな… 昔ぽい感じでしょうか。うーん…

細かいこと


●ゲーム性的に、右下とか左下キーでかがみ歩きが出来ても良かったのでは、と思う。
(パンチラも期待できるし…)

●エロはまあ、敵女性を恥ずかしい目に遭わせて、情報を吐かせる…とかの方が良かったのでは…。
今作の場合、敵にしろ味方にしろ、戦う女性へのフェチズムはあると思うので、そこを強調すべきと。
テキストも無く、ザコ敵にただ絡まれてるだけでは、エロシチュが作れてないなと…
(サンプル3見る限り、後にそういうイベントが待ち受けてそうで、少し期待が持てますが)

煩悩倶楽部のBlog : [新作]バトルロワイヤル