奴隷肉便器リコ[たゆんたゆん堂]

前作の[これが魔法少女!?]は、自分の中ではエロRPGのマイルストーンだと思っています。
つまり妊娠・出産+RPGという趣向において。
(以後に続く魔法少女RPGの流れを嗤うように、"これが!?"と疑問系なのも面白いですが)

まずエロRPGバブルの立ち上がりにて[らせん]とその続編があり、そして[これが魔法少女!?]に続いた流れがあったなと。
そしてポコポコ産みまくり、というアレンジで[性交配士セラの淫乱クエスト]、ロリもあるよという事なら[ぼて★ダン]へと分かれていったのではないかなーと。

そんなサークルさんの新作RPG。実は前作もプレイしそびれてますし、体験版を遊んでみました。

処女が10分で肉便器契約!(ドエロ直行OP)


最近形だけのスライム姦多すぎ、本当に全身を犯される、ゲル状だからこそ出来る事をしろよ! というコダワリを感じる

冒頭から凄いですよ、1分でスライム姦が始まり、2分で処女喪失。
普通ならそこで打ち止めなんですが、3分目には子宮を犯され腹ボテに、以後アナル・尿道レイプされます。
ようやく終わりかと思ったら乳房肥大へと続く展開は、確実に本作のコンセプトをのっけから伝えていると言えるでしょう…

"初めてのマトモなセックス"で二本挿し、大絶頂するのでした。

こりゃあタイトルの"肉便器奴隷"になるまで30分位やで、と見てましたら、甘かった。
続けざまに人間相手に輪姦が発生(まだOPです)どうやらスライム姦のせいで、発情フェロモン体質になってしまったと分かります。

フェロモンを抑える魔法の代わりに、宮廷魔法使いと肉便器奴隷の契約をする主人公。
ここまでOP、2つエロシーンを挟み約10分なんですな…。

エロ描写は執拗に追求、かなりヌケる。


本作、恐らく地味な外見がネックだと思うが、よく見てみると革質・カラダ(指)などはしっかりと描いている。抑えるべき所を分かっている…という事ででしょうか

さて動けるようになったぞ、と初めに話し掛けた人が"よう肉便器、尻出せよ"とエロシーン開始!

他に初日にフェラ・パイズリなど教え込まれ、これがいちいちエロイです。
フェラならただしゃぶるだけでなく、裏筋を舐め上げさせる、出した後は口に溜めてごっくんさせる(主人公のレイプ目に興奮)
パイズリなら乳首を抓られまくられ"あひぃいっっ きもちいいよおっ!"と射乳、どこを取ってもコア、どこを取ってもエロなこの感じ!

エロシーンも長く、ただイキまくるだけでなく、調教・開発され感があるテキストも見事です。
2回め以降も、きちんと差分テキストが用意されてて素敵(この後の変化にも期待が掛かりますね…)

酒場にいったらサーメンぶっかけ食事、飲み物は小便を出される…この尖り感は、なかなか近年の女主人公モノにはない気も。

思えば前作も、地味な外見に関わらず、2000DL売れた作品です。
単に時期が良いだけでなく、エロシーンの描写が巧みなせいだったのですね…
清々しい程の"どこを取ってもエロRPG"という流れは続きます。

淫乱度・子宮精子量・セックスバトル・ザーメンまみれセリフ差分


メニュー画面。この格好、このカラダで歩いてたらそりゃあなあ… という説得力はある。

主人公ステータスには安定の"淫乱値"が設けられ、子宮状態・子宮精子量という要素も。
(ところで差分が変化する段階が分かる"淫乱度"(3段階)って項目は便利ですね)

戦闘。(体験版範囲では)なにげにスパッと1発で終わるバランスなのもダレなくて良い感じ。脱衣(たぶん着せ替えも)は無いが…

また戦闘はセックスバトル。各コマンドは性にまつわる物オンリー、エロスキルを使うとカットインが入ります([ちょっと薬草買ってきて]とか思い出すかな…あれ程は凝ってないですが)

 敗北するとザーメンまみれに!(町人のセリフ差分もあり)露出とかは出来ないので、着衣ドロッドロです…

孕み・出産は製品版以降から。つまり、むしろド変態女主人公モノがメイン?


うおー、えろいなー、エロりまくりやなー と感心してた所で体験版は終了。
本当に初速の勢いは凄く、これ買ってシコりまくろうかと思ったのですが、気になるのは、拠点から出た後は意外に、エロイベントが発生しなかったなと…。
子宮に受け止めきれない以上の精液量(パラメーターで確認できる)を出されると確率で妊娠、あとは虫姦やスカトロもあるという嗜好、ボス敗北で個別のエロシーンはあるのか…? 等、気になる所も多かったですが、分からず。


恐らく初っ端からコア感あるエロをウリにしてる通り、虫姦やスカトロもその1バリエーションという感じ…?
これは意外でしたが、孕み・出産RPGの比重は意外に低く、ド変態の女主人公モノという側面が強いのかも知れません。


正直やればかなりシコれる良作だと思うんですが、絵の地味さと一見した嗜好のアブノーマルさで、そもそも手に取られなさそうなのが悔やまれます。
またエロ描写の上手さ以外に、それほど差別化できてる所が無いので、前ほどは売れなさそうかなと…。
(出産はそれ程押してない感じで、女主人公モノとしては他に相当ありますし)

それでも昔のエロRPGの状況ならじわじわ伸びたり、とにかくRPGだからって試す人も居たでしょうが、最近は増えましたからね…。
どうせやるならキレイな絵が良いな…ってのが強くなって来てるんでしょうか。最大公約数的な…。

たゆんたゆん堂のBlog : [新作]奴隷肉便器リコ