いわゆる"ローグ"タイプのゲーム。

自分もかつて[ひきも記]さんのスクリプトを改造して作ろうかな… と思ったのですが、その際に問題になるのはやはりUI、操作感覚なのですね。
(18禁同人ゲとしては、[マインドハッカー]とかも正直、UI甘い感じ。
そもそもPCのマニア向けであったローグを徹底的に洗練し、ヒットしたのがSFCの"トルネコの不思議のダンジョン"という経緯がありますし)

今作は自力でのスクリプト開発という事で、どう解決しているか… プレイしてみました。

*2013/06/01予告時点の感想です

概要


一言で言うなら…、"よく作り込んであるし、きっと面白いんだろう、でも自分にはちょっとムリ"という感じでした。
賛否両論分かれるゲームであろうと察しますが、私のこのゲームに対する立ち位置はそこ。

恐らくプレイしたほとんどの人が感じるであろう、
●UIの複雑さ
●チュートリアルの不足

が面白さを理解するまでのハードルになっているのは、間違いないと思います。

"敵にやられて悔しい"ってのは良いんですが、"操作の意味が分からず悔しい"って、ゲーム外のコストだと思いますので…。

自分から"面白さを取りに"行かないといけないゲーム。
まあこういうの、めっきり家庭用では減ったし、同人界隈ならあっても良いんじゃないかな…とも思いますが。
(ただ理解しやすいUIは、それと必ずしも反発しませんが。チュートリアルも。)
同人エロゲだと[KICHUREA]氏のゲームが、スタンス似てるかも。

一度守勢に回ったら犯されまくる…

慣れれば慣れるほど、面白いゲームなのかも知れません。
初っ端からザコ敵一匹を倒すのさえ困難なバランスで、ルールを自分なりに解釈し、倒せた時の喜びは、確かにある…。
(初代wizを思い出した)

ローグライクと書きましたが、readmeに
>ターン制ディアブロ的なものです。
とある通り、少しプレイ感覚は違います。

槍を拾った! 自動的にバックステップ回避して突いたり、戦い方も騎士っぽくなる

攻撃とマス移動を兼ねたり、敵に状態異常を食らわせるなど、強烈なスキルの使用が鍵。

初めはまず"聖水"を作る。これで少し強いスキル使用が可能になる。
敵に追いかけられても"ロンダード"の2マス移動で逃げられる。

そうしてなんとか戦っていく中で、自動生成ダンジョンの肝である、"たまたま強い武器を拾う"があると、新しいスキル追加なんかもあり、溜まりません。
新しく覚えたスキルの組み合わせを考え、セットする。
自分で考えた戦略で一気に戦闘が楽になる、という醍醐味。
うーん、スルメ的…!

犯されまくって状態耐性が減れば、フタナリ化もする? [アナル開発]とかのバッドスキルも付与されるみたい。

今後はそういう組み合わせを探していくのかな…と面白さが見えた時、私は"まあ、いいかな"と。
(個人的に、分かりやすい"飴"の部分が少なかったかなと…。エロ見ようとすると徹底的に不利になりますし。
もうちょい進んだらかっこいいイベントシーンとかあったのでしょうか?
その上でやはり、各所の分かりづらさの蓄積で、継続する気を失ったってのもあったか)

ただもちろんそこを乗り越えて、ハマる人はハマるだろう、と思います。

エロ


うーん…ローグライク+立ち絵が状況を反映 って聞くと、凄くえろそうで大期待なんですが…。
思ったよりグッと来なかった。なんでだろうか…?

お、精液まみれの細身のシスターってのは良いじゃないですか…

エロのシステムメッセージがむっちゃ凄い勢いで流されるのって、体験版だからですかね?
"発情状態で、勝手にオナニーする"っていう垂涎の状況も、ちょっと唐突かつ、がんがん流れていって、困惑。勿体ないなと…

エロゲ用にカスタムしたのですし、そこは別シーンとして作るくらいの、力の入れ方・間の取り方が良いんじゃないかと…。

あとは頑張っている…と思うのですが、何となく立ち絵と状況がシンクロしてない感じ…?
犬に犯されてもオークっぽい男絵だし、自機が↑向いててプレイヤーにお尻向けてるなら、立ち絵もお尻見せる感じで犯されて欲しい…とか…? うーん。

UI練り込み不足


UIで一番の混乱を生んでるのは、やはりスキル使用ウィンドーの、8方向ボタン対応かと思います。
ここがゲーム性の根幹ですし、プログラマー思考の人間は"最小のボタン操作でいけるように"を考えるのも分かりますが、あんがい普通に、2・3回に分けた操作の方が通りが良かったりする。

8方向受付の利点に"簡単に選択できる"があるかと思いますが、それも"8方向のメニューが都合、2つある"状態で、そんなに手軽ではないというか、混乱度が倍というか。
普通にスキルメニュー開いて上下で選択、横でページ送り…で良かったんじゃないかなと。

で、操作に慣れた頃に{初心者操作モード}・{玄人操作モード}を切り替えられる、で良いんじゃないかと。
武器・ステータスメニューのページ送りもPageUP,Downで無く、別に左右キーで良かったのでは、という気がします。

完成度の高い物を造るだけでなく、相手に届くように作ってこそ"デザイン"かと思いますので。
(…それを同人に期待するのも、まあ、過度な話かと思いますが)

あと"不思議の~"系との比較になりますが、戦ってる状態から"画面の動きが止まる"ボタン操作が多いのだなと。
いわゆるメニュー画面ですが、それが並列的に存在し、しかも8方向だったり上下だったり、バラバラな操作感覚… というのは、実際以上に複雑に感じさせてしまいます。

チュートリアル不足



チュートリアル中は、今教えてる以外のボタン操作は禁止するとか、そもそもコマンドチュートリアル以前に、一つ一つの"操作"を確かめたいとか。
システムメッセージも、今教わってる以外のことは出して欲しくないなーとか。

もしくは、説明中はずっとパッドを表示していて、今押したボタンが"R"なんだなとか、確認もしたかったり。

ロンダートで跳べるよ、と教わったのに使えなかったり。
いやそこを教えるチュートリアルなんだから、特別にいつでも使えるようにして下さい…、出来ないなら、不使用の理由を教えてくださいよ…と。

チュートリアルを特別に作るの、多分面倒臭かったんだろうなーと思うのですが…w まあ、プレイヤーが一番始めに触る所ですからね…

まあ、完成度高いからこその期待ですね。
これが予定価格1000円ってのも凄い話…。

製品版の感想は暇だからゲームでもするかさん