概要


"頭が軽くて、快楽にすぐ流される天然ビッチな子"を楽しめる女主人公モノRPG。
続編モノという事で、主人公は過去に"男に従うように頭をいじくられた""とにかく薬付け、種々の肉体改造もされてた""母乳とかも出るように改造"されているらしい。(今作からも楽しめるよう、主人公は記憶を失ってる設定)

いきなりナンパされ、了承して即エロもできる、という早い展開。しかもお金も"後であげる"とごまかされるという、この悲哀を誘うアホの子感…

その前振り通り、普段の会話はゆるくて短いやり取りなのに、いざエロテキストになるとしっかり描写。エロ頻度も高い。
手軽に抜きやすい作品と言えそうです。

例えば[性技の味方 交配士セラの淫乱クエスト]や[びたみんクエスト]のようにハナから突き抜けたエロさではなく、一応モンスター姦とか嫌がってはみるし、これ以上犯されたら戻れなくなる…と薄々感づきながらも、快楽に流され堕ちることを選択する。
見た目かわいい子なのに、この淫乱ぶりとのギャップが大きい。

RPG部分はちょい投げっぱなし? エロテキストが極上だった


露出も一部の街で出来るけど、立ち絵に反映されない…? くっ…

マップがちょっと広めだったり、後半になるとエンカウント戦闘が面倒だったり、
クエスト受注だけでなく、サブのエロイベント等が充実してるのは良いけど、どうも物語全体が進んでる手応えがどうも無い…というか、どうも明確なクリアが無い気配?
あと途中で力尽きた形跡があったり({実績システム}使わなかった…)RPG部分は正直、"並"かな…という感じ。

敗北エロも数種あり。

だが今作、とにかくエロテキストが上手い。
前作とかも体験版はやってるハズなんですが、何でいきなりこんな向上を…と思うくらい、やたら上手い。
正直ここだけで買ってしまった。ここだけで押し切られた。

まぁ文章は合う合わないあるので、体験版触ってみると分かるでしょう。体験版でもかなりのエロシーン見られますし。
基本15枚という事で、H絵流用のシーンも多いですが頻度は高く、かなりシコれます。


終盤まで行くと、フィールドの中央くらいに回想部屋が出現。見てないエロも見られるので安心。
あと解毒マシン(40万G)を買うと秘密のzipの解除パスワードが分かります(本編で使われたCGが収納)

エロテキスト上手さ(解説)


正直脱帽というか、エロテキストだけでこんなに違うものか! というくらい興奮。

文章自体は気取った言い回しなんですが、とにかく"エロイ部分"の強調が巧み。
このプレイはここがエロいんだ、という所を詳細かつ、色んな角度から描写している。
一つ一つのエロシチュにしても、ちょっと他では見た事が無いくらい、練ってあるものでした。

例えばある意味鬼門とも言える、触手で堕とされる・薬姦で堕とされる…言うなら限界を超えた快楽の描写。
これは気をつけないとマンネリ、まさにシナリオの腕を試される所ですが。

"触手が1、2…とカウントするように"深くピストンし、女性視点で激しい絶頂を予期させて、来るべき"3"の突きで潮を噴くとか。


"触手の途中の膨らみが半透明で、これから発射する精液が蓄えられてるのが見える"とか、モンスター姦が病み付きになってしまう女性が居るのは、"甲斐甲斐しく"絶え間ない至福を与えられ、肉体的にも精神的にも幸福を感じてしまうからだ、とか。
"強すぎる快楽というものは、逆に絶頂する事が難しくなる"とか。
とにかく良く構成を作ってあるなと。

戦闘の敗北エロだと、"ある程度、余裕を見せつつも抵抗する"主人公の描写を入れて、でもその余裕が消えるほど危機的な状況だという事に気付いた頃には…とか。
ああ、これが敗北エロの描き方なんだと。
そうか、負けて犯されてるんだから、抵抗とか逃亡とか、その流れを意識しなくちゃなと…。
テンプレみたいな敗北エロを見過ぎていた。勉強になりました。


異種・人間問わず、主人公が挿入される前にその感覚を妄想して濡らすのも、王道だけどえろい。
変化球みたいなシチュの練り方だけでなく、そういうオーソドックスな事もきちんとやった上での興奮なのだと…

フタナリ化やアナル(膣との快感の描き分けが見事)薬姦、産卵、丸呑み… シチュも豊富。
エロテキストも基本的に長いです。

あえて言えば、視点が男側だったり主人公だったりころころ変わり、明確に移った"間"が無いものだから、少し混乱する事はあるかも?

完成しましたー!