今まで数々のおさわりゲームを作って来られたサークルさん。
[おさわりフラッシュ ~小悪魔アリスの家~]には感動さえも覚えたものです。

そんなサークルさんがエロACTをっ!
FLASH技術は言う事ないだろうけど、ACTのゲームデザインとしてはどうかなー、エロ部分はえろくなりそうだな?、と様々な期待が入り交じり…さっそく体験してみました。

2013/06/14 予告版の感想(ログ) 


製品版プレイ1


約4時間弱、探索率66%までプレイ。

(半年前の)予告版と比べると、やや動作は軽快に、そして随分簡単になったと思う。
"槍持った敵と自分の比率が"なんて考える事はなく、かなりスムーズに進めるように。



ただやはり初見では、アクションの操作感というか、手応えに不満はあると思う。
あとは人によって、システム的な要素の多さから複雑に感じ、"俺、システムあんまり上手く活用できてなくね?"みたいな気分にもなるかなと…

体験版プレイ範囲の印象では、"力入ってるのは分かるけど、一つ一つのアクションに快感を得られないと、なかなか買おうとするモチベは湧かない…"みたいな感じだろうか。

アクションの手応えの薄さも、じわ面白さが凌駕していく


が、探索ACT=つまり横視点のARPGである…と考えた時に、本作はRPGの部分の魅力が強いのだと思う。
刹那的な、優れたアクションの快感は、繰り返しの中では薄れていく。
繰り返しの中で強いのは、(数値などで)成長を感じたりすること。
本作はそこが強い。

いつも金欠に悩まされるのだが、苦労して買った装飾品は見た目が変わったり、攻撃力が+35%というかなり強いものだったり。
ゆえに、こまめに溜め必殺を使っていけば回復アイテムの出番も少なくてお金を節約できるな、という発見とか、レベルアップして苦労していた敵が一撃で倒せるようになる…といった事が嬉しい。

 エロACT随一ではないかという巨大ボス娘(初めびびった)

そして朗報なのだけど、後のエリアに行くほど、どんどん面白くなっていく。
元々じわじわ楽しいゲーム性とも言えるが、エリアごとの背景はかなり変わるし、ザコ敵なんかもじょじょに大胆な動きを見せるようになってきて、素直に楽しい。
ボス敵も中盤からは女の子ボスばっかになるし。

何か複雑さを感じさせるシステムも、要は適当で問題ない。ゴリ押しである。
実は当たり判定デカイ1面のボスはスライディング回避が良いし、バックステップで戦うと倒しやすい敵とかも居る。
たが基本的に、回復アイテムを輸血がごとく、ばんばん使っても倒せる。
しかしそれにはお金がだいぶ掛かる…と、色々な倒し方で行けることも、ACTというよりARPG的な一つの楽しみではないだろうか。



中盤超えたと思うのだが、武器やメモ欄に空きがかなりあり、なかなか隠し通路とかも多そう。
むしろこの部分の強化…、敵の倒し方で取得お金量が変わる、アイテムの売却でお金を得られる…みたいな、RPGぽい部分を伸ばしても良かったのでは、と思ったり。
敵ボスの残りHPゲージとか(自分が強くなった事を確認したい)

やっぱ敵が強くなったら、得られるお金も増えて欲しいなと…。
(火山エリアとかでも1Gってのは空しい…)
たまに出るお金は100G、隠し部屋で1000G。
でも普段は1G…ってのはさすがに開き過ぎじゃないかな、と。
運頼みじゃなく普通にもうちょっと、経験値稼ぎ的な所が強くてもいいのでは…

エロ


正直にいうと…エロはあんまり見てない。
敵が犯して来たりはするけど、別に犯されるメリットも無く、探索がしたいもので、すぐさま外してしまう…。
エロACTでよくある問題だけど、"ただ犯されるだけ、いきなりハメられるだけ"っていう感じもして…
(*エロACTの犯されは別に挿入にこだわらなくても、ヒロインがピンチになるシチュとして広く捉えた方が、よりバリエーション出るような…。
だから元々エロACTってのはリョナ嗜好から出てたのかなあ、と)



犯されモーションの回想は無いみたい。
クリア目指してるとなかなか犯されようって機会が無いので、一度ラスボス倒してから最大ズームで犯され道中とかするのも、案外たのしいかも…。
ズームするかでだいぶ印象変わるし。

犯され中も体位変更とかあり、FLASH特有の、拡大しても劣化しない…という所は強いとは思う。
どうせなら、犯され時は自動にズーム、振りほどいたらまた元の拡大率に戻る…という処理も欲しかったかも。エロ見ようか、って気になる。

AVG風の陵辱

びっくりしたのは
シーンを選択することで、AVG風の陵辱を楽しむことができます。

という事で、敵ボスなんかに犯されると、エロシーンがタイトルメニューに追加される。
オマケかと思ったら、これが一エロシーンとして十分なモノ。ボイスもここでフル活用されている。

アクションの探索の広さといい、このエロシーンといい、価格分のボリュームは感じた。

製品版プレイ2 クリア


クリアだけなら4時間ちょっと、じっくりやり込んで5時間くらいかな…
メモ帳全部揃えてると、エンディングが変化。

ムーンサルトで天井に貼り付いて敵の波動を回避だ! 細かい事は気にすんな!

ムーンサルト覚えてからは、ほとんど浮遊して移動モードに。
見た目的にはツッコミ所満載だけど、新エリアの強い敵と戦う時には、浮遊で逃げつつ、溜め攻撃メーターが溜まるのを待つ、と押し引きが分かり易かった。
そして既存のザコ敵はサクリと倒しながら進めて、軽快。

細かい事を気にしなければ、終盤にふさわしい、探索感を与えてくれてたと思う。

衣装全揃い立ち絵 猫語辞典を買うと本当にSEボイスが全て変わるw 超かわいいぞ

そんなこんなで、本作は"探索アクション"の、"探索"の部分がかなり楽しかった。

エロACTでは案外すくない…でっかいザコ敵に驚かされたり、クリア目指すだけなら行く必要も無いエリアでも、きちんとボスを作ってあったり。
そうなるとつい、エクストラ的に刀やメモ帳を集めてみたり…。
刀ごとに違ったスキルを覚えるのも良い、つい自然とやり込んでた。
(実はまじめに敵を倒していけば、割と難易度簡単になる。むしろクリア後に、激強い大型ボスとかに挑みたかったかも…)

初めは気になるアクションの手応えの無さも、まあ遊び続けていく内に忘れるもので。

攻略アドバイス


プレイしてて詰まりやすいと思った所を。

●ボス戦の近くには必ずセーブポイントが設置されてるけど、探索してると、知らずにボスに直行しちゃう事がある。
部屋に入った時にBGMが消えたら、すぐさま引き返して周りを探してみよう。

●死んでからもアイテム蘇生できる

●溜めの重ねがけで、より強い技スキルが使える。

●腕輪系は3つまで装備可能。最上位の攻撃・防御・体力の腕輪をそれぞれ着けた方が良さそう…

●剣の熟練度は、ボスの再戦で上げやすいかも。

●中盤でムーンサルトを覚えたら"E"キー。むっちゃ高く跳べる。
ゲームパッドで遊んでるとボタン足りなくて、うっかり気づかない事もある…

プレイしてて途中でガクンとFPS落ちる時があるね…。アニメを相当読み込むからだと思うけど。
長時間プレイしてると起きる、かな?

*2013年11月30日、バランス調整等のアプデがきたみたいです。
製作中アダルトACT『狭魔城エクソルシア』。