"純度100%の学園モノ"とのこと、エロRPGだと[あば恋慕!]なんかが浮かび(何気にこれ寝取られでもあるのね…)
なかなかヒット作が見当たりませんが(大体あっても"魔法学園"、あるいはホラー物ですかね…)
そこに挑むは、ヒットRPGを作って来たサークルぽいずんさん。
そしてその外注体制、第一弾でもある… と、なかなか関心がそそられます。

体験版プレイ 


製品版プレイ クリア


"弱みを握られた強い子が脅迫され、陵辱で心折れる"ってのがキッチリ表現されてました。
システム、エロシチュで。

戦闘で負けると以後も脅され、エロ要求がエスカレートする…


一番凄いのは、戦いに負けて犯されると、次の章の冒頭で呼び出されたりするシステム。
これが全6個の章全てに、影響していく。
つまり負け続けると、不良に屋上に呼び出され、化学部に惚れ薬で仕込まれ、ローターを入れて授業を出る事を命じられ…と、エロが頻発しまくり。

こういった"以後も呼び出されて犯される"ってあったらエロイなぁ…と思いつつ、今までになかなか無かったんですね。
(だって普通に考えても、エロシーンが増え過ぎますからね…)

それに特化してやってくれた事にまず拍手。
次にボイス付きで630円という価格に感謝。
回想枠を見るにイベントシーン43個、エロシーンだけ数えても35前後はありそう…。破格やなあ…

催眠END。しっかり女生徒から罵倒される描写もあり、"分かってる"感じ。

さすがに1つ目の恐喝が最後まで続くとエロシーン増え過ぎるので、従い続けてるとバッドENDを迎えますが。
それにしても催眠ENDだったり、休む事なく犯されて"留年したら(優等生だったのに…)次の年の肉便器も確定"とか、ハードなエロ結末が見られます。

シチュも陵辱かつ、現代的な物で練られてました。
制服で犯される構図が多かったり、母親に電話しながら犯されたり…

エロRPGの敗北エロは、また一つコマが進んだ?


つまりエロRPGの文脈的には、敗北シチュに特化したって事なんだと思う。
舞台を現代にしたのも、"負ければレイプされる"という危機感を、より身近に感じる事が出来るからだろうか…、うーむ、高いエロゲデザインの腕前。

翻って言えば、勝ち続けてるとほとんどエロが発生しないw
だったら初めから負けとけよ…みたいな、敗北エロの根本を考えちゃうけど、やっぱり"凛々しく勝つ事も出来る"からこそ、負けた時の陵辱のスパイスになりますしね…。
(一応無事に勝ち切ると、グッドエンディングCGあり。
"金属バット"装備でMP回復しつつ、スキルでネズミを狩りまくるのが近道かな…)

探索ADVぽいけど、そこは…


もう一本の柱ぽい…探索ADVとしては、ちょっと微妙な感じ。
体験版でもそうでしたが、要は行ったり来たりなので…
会話量多いと思うけど、話が進んでも会話が変化しないのが気にはなるね…

まあ単純なので、ちょっと面倒だけど、そんなに詰まらないのは幸い。

ボス戦は単純に力で勝てたり、必須アイテムが無いとダメだったり。1面みたく"アイテム持ってないけどオナニーで解消"みたいな複数の解答は無かったかな…負けても進むから楽だけど

要は"探索が主眼では無い"のだけど、そう考えた時、"RPGの意味あるのか?"という気は少しするか。
ゲーム的な面では弱く、一度ああこういう流れだな、と構造が見えちゃうと、同じテンポが続くってのはある…
(それでも柔道部では3VS3で戦ったり、生徒会は署名の数で敵の強さ決まったり、メリハリ付ける努力を感じましたが)

細かいこと


うーん、痴漢がなんか途中から出てこなくなる…何か特別な分岐があるのだろうか。
痴漢エンディング、もありそうな感じ?

2周めの配慮とか特に無いのね…、オール勝利とオール敗北で2周したけど、あと5つくらいエロシーン埋まらぬ…

公式ブログで、エンディング分岐の条件など書かれていますー