UnHolY SaNctuaRy
UnHolY SaNctuaRy[アン☆ホリ☆プロダクション]


これは…! 悪魔城ライクなエロフリゲとして、名を馳せていたACTではないですか!
クオリティ高い故にまだちょっと完成通そうかな…と思ってましたが…!

という訳で遊んでみました。

体験版:概要 


製品版プレイ クリア


全6ステージ、クリアまでは1時間30分。
これだけだと、ちょっとボリューム少なめに思えるけど、クリアすると途中分岐などが発生して、また楽しめる。

手応えアリなACT、各ボスの攻略方法を見つけるのが腕の見せ所


艶かしい敵淫魔のドット…[楽園魔城リピュアリア]を思い出す。ドット芸が細かくて、先に進むのが楽しみに。

また敵の種類と、やられエロドットはかなり豊富。
回想は無いみたいだけど、クリアするとステージ中の細かいポイントごとへ、ワープできるポータルが出来る。

自分は結構ACT得意な方だと思うけど、ステージ3くらいから、結構手応えを感じられた。
ボス戦多め、各ボスの攻略方法を見つけるのが腕の見せ所という。
(死亡回数でお助け措置はある、ある程度ゴリ押しが可能に)

ストーリー…新米プリーストとの絡みとかは、ウィンドー+テキストって感じじゃなく、ドットと音声でさらっと示される感じだった。

エロドット劇場


やられCGも多いけど、メインはエロドットだと思う。
ボス級の敵に負けると、シチュが感じられるエロドット劇場が始まるのが興奮…

人質に手を出さない代わりに、自ら腰を振ってゾンビの精液を搾り取らなければいけないシスター…うむ。動くとえろい。終盤になるとドットも大きく

やられ音声も良い仕事してました…犯されて嫌がりながら、ちょっと色を含んだ声なのが。
悪堕ちや女性キャラとのレズもけっこう割合多くて、淫靡な感じでしたな…

細かいこと


●"ボスの攻略法を見つけるのが大事、ただ実践できるかは反射神経次第"になってる気も?

敵の攻撃が割とランダムで、告知動作が攻撃種類ごとにそう違わなかったり…
あるいは攻撃を読み切っていても、結構タイミングがシビア。
完封、完全に制圧したった、ってのは無いかな…

まあ何だかんだ、回避の仕方を見つけるか見つけないかだけでも大違いだし、カッチリ完封できるだけがACTって訳でもない。
上攻撃をどれだけブチ当てられる状況を作るか、が大事(攻略)

●誰か言うだろうけど、やられエロ、ループに入ったらボタン入力の表示を出した方が良いかな。
ループ飛ばしか、エロそのもの飛ばしか分からなくて、ちょっとビクビクすることが…

あとエロACTのやられエロは今のところ、ドット→CGでオシマイとなってるけど、好きに戻れるとオナビリティ上がる気も。エロドットの補完的な意味で。

アプデ作品 [UnHolY JaiL]やってみた




発売から一周年という事で、追加されたゲームをやってみました。
驚いたのがこれ、本編のアプデとかじゃなく、まったく別のゲームなのですね。

机の影に隠れて敵をやり過ごす。やばい状況なのにプルンプルン揺れるおっぱい アイテムが増える=取れる行動が増え、加わったエロっぽい挙動が嬉しい、というのは良い感覚。

そもそもゲーム性も、悪魔城ドラキュラライクだった本編とは違い、こちらはアイテムを選んで謎を解いたり、物陰に隠れて追い掛けて来る敵をやり過ごすという、探索・脱出ACT。
本編では攻撃&ジャンプしまくりだった主人公が、ちょっと走っただけでスタミナが尽きて息切れという、真逆な感じになっております。
(そもそも制作ツールさえも違うという…。作者さんの新しい模索が感じられるなと)



ドットは変わらず良い感じ、本編でもあった"HP0にされてからのエロドット劇場"も、敗北CGもあるという。
いやテキストや絵など、もろもろの部分がパワーアップしてるだけ、シコりやすくもあるかも知れぬ。

結構ボリュームもあるので、500円とかで別ゲームとして発売した方が良かったのでは…と思うほど。
ただ謎解きに加えて、本編並みのシビアなアクションを要求される場面が度々あり…、自分はゴール間際で心折れました…
(とりあえず、下水道エリアのイソギンチャクはしゃがみで避けられる・あと歩きだと反応しにくい…と書いておく…)

D-Gateさんがボスの倒し方トピックを