シリーズ累計で1万DL超えている[クイーンズアックス]シリーズ、そのサークルさんの完全新作が2年8ヶ月ぶりに。
しかもファイナルファイトぽい雰囲気…と、何これ、ごって面白そうやん…

という訳で予告版を触ってみました!

体験版:概要 


製品版プレイ


表紙では4人のキャラがお目見えしますが、いざ遊ぼうとするとプレイキャラが7人も!?
(うち、一人は着衣・全裸でのキャラ差分だけど)

敵も味方も基本的にムチムチかガチムチのお姉さん達。犯されるより犯したくなるような…オス度満点!

2面以降も、新しい敵が出まくり。(しかも女性敵キャラ多し)
しかも全8面。
他のエロACTと比べても、圧倒的なボリューム。

ACT良好


難易度としては、キャラの性能差もあるけど、終盤でちょい厳しめの場面があるかな…。
まぁ1・2回コンティニューしたら傾向が掴めていけるようになりましたが。
(ACT苦手な人だと辛い?)

ボス戦では、強い技でザコを一体一体"処理していく"、という感覚が必要。
敵がひしめくけど、落ち着いて戦えば、防御・メガスラッシュ・リーチの長い攻撃…と使い分けて、有利な状況をキープしたまま戦えるバランス。
(前作より間合いが取りやすくて、ちゃんと戦えるし)

あとはメガスラッシュの使い方。たくさんゲージが溜まるので、緊急回避だけじゃなく積極的に攻撃にも組み込んでいくべきかも。
(この辺、犯されありモードと無しモードで差が出るところだろうか)

エロ同人にありがちな、不自然に高い女性ボイスじゃないのも好き…本能丸出しの勇ましい声が聞けるw でエロられると尾を引く嬌声なんだなこれが…

とりあえずレスラーと中華娘でクリア。
片や投げキャラで掴み範囲がやたら広く、立ち攻撃→座り攻撃でコンボ、そこからの掴みで投げに移行…というパワフルな攻めが可能に対し、中華娘は防御力低いが速い。特定の技がやたら強くて、浮かしたら何度でも拾いまくれたりする。

プレイキャラごとに遊び方が違いそう。
基本的には、同じキャラの中でも使える強い技と弱い技の差が、激しい感じ。
一回有効な闘い方を見つけたら、だいたい全面通して同じリズムでいけるけど、たまにガードしてくるボスには投げ、突進系では倒しづらい敵…で緩急があったり。

中華娘のフトモモ、ものすごい 相変わらず魂が入ったドット。

殴って殴りまくってる内に脳が痺れてトランス状態になる、そんな面白さがありました…

エロドット回想シーン


エロドット回想は、操作が少し分かりにくかった前作と比べ、かなり簡単に。

Aでドットアニメ送り、Bでゲムオバ絵送り、Cで終了。キャラチェンジ色もばっちり反映…!

ゲームオーバー絵の回想も可能になった事は、素直に嬉しい。
ドット絵は遅再生→速再生→フィニュッシュ→初めに戻る(リピート)という流れで固定に。
(任意のタイミングで射精とかは無し)

前作のような拡大デカドット、輪姦シチュ…が無いのは寂しかったかな。
敵も味方もキャラが多くて組み合わせはすごいけど、さすがに責める方の体位は共通、責められる女性側も少し同じものがあったりする。

ステージ中に犯されるという制約上、やはり似たシチュになってしまう…という問題はあるかも。
(前作や[UnHolY SaNctuaRy]みたいに、場所を移して…なら別だろうけど)


一言でまとめるなら、エロなら前作、ACTとボリュームなら今作かなと個人的には思いました。
ただしこちらは、ACT中の犯されがある。そのシチュに興奮するなら更にプラスでしょう。

*犯されアリモードだとゲージむっちゃ溜まりまくって、ゴリ押しも可能になるのね…
自分はキツめの無しモードのバランスの方が好き。

ファイナルファック完成しましたー!追記