このサークルさんはロリ・ぷに系の絵柄が印象的ですが、ゲームの方もなかなかに好評。
前作[グール×グーラ]とか、かわいいだけじゃなく、女の子を襲ってどんどんゾンビにしていく(ゾンビになってしまったら、もうどんな女の子も虚ろ目で言いなり)といった嗜好がエッジで面白そうでしたね…

さて今作はSLGという事らしく、どういった物が出てくるか…
そっそく予告版をやってみました。

概要


3種類の精霊を育成し、コロシアムで勝ち上がっていく、オーソドックスな育成+戦闘タイプ。

戦闘 タイムの増減(難易度調整)もできて、苦手だったり、スリルが欲しい人も安心。

コロシアムでの戦闘は3すくみの要領で、敵が先に出したパネルに有効な物を、制限時間内に当てがっていく。
いわば"出し間違えたらダメージ"と、シンプルなもの。

ただし敵もボスとなると"タイムの進みが速くなる"・"霧でパネル自体が見えづらくなる"という魔法を使ってきたり、ほどほどに飽きない変化を付けていく。

育成

育成も勝ってランクが上がるたび、ミニゲームで精霊の個別強化ができるようになったり、ちょっとした武具を変えるようになったり…。
そんな感じでシンプルさが、少しずつ広がっていく。
たぶん製品版でも劇的な変化はなくて、むしろ情報収集の会話やイベント…いわばADVのウェイトが大きく、育成・戦闘は気の利いたスパイス、と感じた。

背景だったりモブ的な男モンスター、対戦相手まで、ちゃんと描かれてます。

飽きないくらいの変化で戦闘と育成を繰り返し、それでバリエーション豊かなかわいいキャラとかHを見ていく。
淡々とやってるうち、案外時間が経ってた、みたいな。

ただSLGとしては、メニューがインするまで少しだけ発生する間とか、連続で選択したいのに、いちいち前ウィンドーに戻っちゃうような箇所とかは、気になったかも。

甘々ロリと人外ロリランドなのかい?


各ランクのボスは女の子。
毎回、戦闘で勝ってはエッチ、という流れのようです。



公開陵辱で鬼畜系かと思えば、なぜか犯した子は最終的に気持ちよくなって好かれたり、精霊たちも暖かくレイプを推奨したり、なんだかんだエッチに興味津々・ハーレム…みたいな甘々ロリ雰囲気を楽しめるのでした。
勝利エッチして終わりじゃなく、後の酒場でフォローアップぽい会話があるのも、ADVぽい部分の嬉しさ。

絵柄とフィットしてる青肌(かわいい) モン娘ぽい責めに

このサークルさんの得意分野であろう、幽霊(青肌)少女から責められたり、それはなかなかエッチシチュの多様化に繋がっていそう。