聖魔の迷宮
聖魔の迷宮[スタジオ ぽりたんく] :DMMでも配信中

予告版の感想(概要) 


製品版プレイ


探索系ACTとしては短めながら、しっかりと醍醐味を抑えてる感じ。
"今はまだ届かない道"を意識させられ、周り道して苦労してジャンプスキルをゲット、そこに戻って嬉しい…とか、
道の分岐がちょっとあって、どこから進むか? とか、どの能力を上げて敵を倒すか…という。



他のエロ同人の探索系ACTではそんな波が何回もあり、あるいは幾重にも重なる(時にダレたり詰まって、嫌になる)のだけど、今作はそれらの醍醐味を1セット、つまみ食いした辺りで終了。
あっちへ行けこっち行け、なんてアドバイスがなくても、ギリギリ覚えておけるくらいの広さで遊ぶ。

ボス他も始めは結構苦労するけど、回復アイテムをMAXまで持って挑んだり、能力強化すればいずれ倒せるし。
入門用とかお手軽な探索ACTとしては、なかなかの優良作と思いました。
(エロACT苦手な人に薦められそうかな…? ただ敵とかは強くなればいけるでしょうが、一部、時間で消える足場がシビアかな…。
苦手なら無視できる所も多いですが、2段ジャンプ獲得前とかは出来ないと詰まるので)

ストーリー、システムの広がり




ストーリーとしては道中、ライバルとのデモがあったり、"記憶の花"として、消えた聖女の思い出を追憶したり。
たぶん狙っているのでしょうが、割と言葉少なですね…想像させる余地を残しているというか。
(*ただ一つ、出会い頭にイベントが起きることが多くて、◯◯をするのだ、とプレイヤーに目的を与えるストーリーが、終盤まで無かったのは残念かな…。
例えば、セキリュティで熱線が出来てしまった、どうしよう…と思った次の瞬間にはライバルが現れたり。
セキュリティでしくじった場面、熱線に出くわす場面、ライバルを探す場面…とあったら、目的を持って進めると思うのですが…。
自由度が多い探索系となると、固定した物語運びは難しい?)



スキルは能力上下するものが全部、残念ながら溜め以外に新規の弾種は無し(ただ能力値に"REL"という値が追加されました。弾の連射速度を上げられる)
代わりに2段ジャンプ、ジャンプからのダッシュ…とジャンプ系がどんどん拡がっていく。
覚えたらすぐにその効果を試せるステージデザインもしてて、この辺りはきちんと上手いなーと思いました。

まっすぐ行くとトラップにより蜂の巣に。その上に、自分が乗ってる間だけ動くベルトコンベアのスイッチ。ブロックを動かして…?

また、ちょっとトリッキーで、少し頭を使えば解ける仕組みが充実。面白く遊べました。
なので成長→破壊というより、移動範囲を広げていける面白さかな…

エロ


個人的にはもうちょっと色味があるといいなぁ、ドット解像度が高いといいなあ…なんですが、犯されドットの種類はやっぱり多い。
ヌトヌト触手や丸呑み系も多めで、回想部屋でまとめて見ると、なんだかんだイケそうな感じです。
(個人的に、ラスボスくらい大きくておっぱい揺れに力が入ってるのが好き…)


"聖魔の迷宮"体験版公開されました!