まるで往年の"朝目新聞"のようなネタ、ジョジョ×麻雀!!
しかもネタではなく、きちんとしたゲーム(同サークルさんの麻雀ノウハウは言うまでもない)で遊べるという…

ごって面白そうやん…。
という訳で買ってみました!

概要


基本は二人麻雀、ジョースター家から一人選んでスタート。
ストーリーモードとかは無いものの、今作の醍醐味は実績解除。
対戦を繰り返して、どんどん充実させていくのがメインの愉しみ、となっている。

強化画面 まるで何かのDLCを思い出しますが、今作は1000円ポッキリですからね

対戦相手を選び、勝つごとにがんがん新しい対戦キャラは出るし、アイテム(装備品)は出る、
そして単に点棒だけでなく、配牌力やツモ力、そして肝心のスキル(スタンドや波紋による、イカサマ技)も強化できるという。

"初心者おすすめキャラ"の承太郎の場合は、スキル的にリーチ一発ツモ・裏ドラ乗せが多いので、"一発ツモ力"は鍛えなくてもいいな、テンパイまでのツモが大事だな…と考えて伸ばしてみたり。



また倒した対戦相手は仲間枠として追加、"パートナー"としてセットできたり、途中でプレイヤーキャラの変更もできる。
敵と相性が悪いと感じたら、あるいは単純に飽きてきたら、変えるのもあり(気分は三部で仲間を引き連れて旅してる感じか…)

この育成感は麻雀モノとしてなかなかワクワクしたし、どんどん実績解除されるのは二次創作モノとして嬉しかった。

スキル同士で駆け引きもあり


このサークルさんの(エロゲの方の)DQ麻雀だと、ついバランス崩壊、やるかやられるか…になりがちだったけど、
今作は一戦のウェイトが大きい為か、割とスキル同士で駆け引きが多かった。

"9秒の時点で時を止めて、積み込み後にさらに積み込み返し"とかのパロディ感あふれる対局中のイベントもあって欲しかったかな…?

花京院に"捨て牌を勝手に選ばされる"スキルを使われて、テンパイ前の手牌を崩されてイラッと来たり、
あるいは"(火に見立てた)萬子の染め手が強い"アブドゥルが、清一色に見せかけて違う色の七対子→"チッチッチ"という流れに、偶然を超えたキャラの息遣い、"らしい"物を感じたり。

そう、麻雀のキャラ性って絵だけになりがちだけど、本作は各能力値やスキル(と、打ち方?)に細かく分かれてることで、表現ができる強みがあるのかも?

パートナーに指定したキャラのスキルも使えるので、組み合わせも大事だったりする(原作で仲良いキャラだとバランス良い?)

ただじゃあ毎戦考えるかっていうとそうでもなく、仲間が居なくて苦労する序盤と、原作の敵ボスが出て来る終盤までは割とガンガン倒していけた。
敵ボスも"ドラ山を崩す"スキルを使ってきて、承太郎だと苦戦するのだけど、
あえて敵のSP(MP)枯渇を待って、隙が出来た時に文字通り"オラオラオラ"で3倍満とかのダメージを与えると、いかにもパワータイプ、力押しって感じが。

必殺技時はかなりニヤリとするイラストが。

もちろん承太郎以外、役を作る系のキャラに切り替えるのもアリだと思う。
色んな遊び方ができそうかなと…。

EASYモードや"おまかせ(勝手に牌を切ってくれる)"もあるので、麻雀初心者でもなかなか楽しめると思われ(さすがにまったく分からないと辛いけど)
というか、普通の打ち筋ではありえない"捨て牌を手牌に戻して役を作る"とか考えるしね…

4人打ちやスペシャルマッチモードも


という訳でひと通り遊んで3時間くらいで、全キャラ19(20)人出して、隠しのスペシャルマッチモードも出せました。
難易度も4種類からあるし、対戦セリフの組み合わせや、アイテムコンプリートとかも豊富。気に入ればかなり長く遊べそうだと思う。

4人麻雀レイアウト。

しかもスキルは不使用ながら、セリフのやり取りが微妙に"麻雀してる感"を出す4人打ちモードも入ってて(1人VSCPU3になる)
これで1000円ってのは…、かなりお徳だなあと。