WITCH ACT
WITCH ACT[クリメニア] :DMMでも配信中

概要


前作は"恥辱に遭わされる、高貴な女騎士団長"という事でしたが、今回は自意識過剰のドヤ顔がかわいい女魔法使い。
"羞恥心"が減るに従い、5段階(!)のエロ変化…というメイン部分は変わらず。

ドヤ顔がかわいい

むしろ前作は部下や民衆、顔を知っている人間に"あの騎士様が…"と言わせるべく、盗賊男~女騎士~男が女騎士を連れ回す…と3シーンに分かれていたのに対し、今回は事件解決の為に4つの街を旅するオーソドックスさ。
行きずりのエロが多くなりそうで、そのぶん"ヒロインに対する人々の気持ちの変化"ではなく、エロシチュそのものの変化が凝ってそうだな…と。

簡略化ダンジョンシステム


そしてちょっと面白いというか、前作からの変更を感じたのが、いわゆるダンジョン面。



ここではダンジョンってものを簡略化、ボードゲームのマップみたいになってる。
(この割り切りはなかなか…。確かに無闇に広くて迷うだけの洞窟が、エロRPGでは多すぎる)

戦闘もほぼ一撃・二撃で倒せるけど、攻撃力が高くて大体10%くらい持ってかれるので、面倒臭くはないけどちょいスリリングさがある。
どうせなら一回で最後まで行きたいけど(途中で引き返すと敵が全部復活する)
寄り道して宝箱取ると、ちょっと苦しいかも…みたいな、ちょっとした手応え。

と言っても、本気でクリアしたかったら何度かリトライすればレベル上がるし、えろい事でお金稼いでアイテム蓄えたら余裕、と。
(あと逃走しても敵は消えるし…)

負けるとエロ絵。でも"羞恥度"はそんなに下がらない、確かに相手モンスターだしね…

"ちょっと苦労""でもちゃんとやったら簡単"という、エロRPGとしては割と理想な簡略化なのかなと…

説明によれば"4つの街を移動する"らしいですが、ここも並行して移動できるなら、
あっちこっちでエロられる内に淫乱になる子、っていかにもエロRPGらしい段階エロ、気ままなプレイが出来そうかなと…
(順に街をクリアしていくタイプかも知れないけど…予告版では確認できず)

羞恥度によるエロ変化


ヒロイン像としては、えろい事をされてもおだてられると許しちゃう、そしてすぐ濡れたり感じたりする割と淫乱め。
それに付け込まれてエロもエスカレートしていく。
これは最終段階のドビッチぶりに期待が掛かる所でしょうか(予告版では3段階目まで)

 

デッサンのモデルを頼まれ、初めは下着姿までだったのが、次の段階では全裸に。
動けなくて時間はあるだけに、状況の異常さとか視線を意識しちゃって、えろい妄想をしてしまい濡れてしまう…しかも、その事を指摘されて羞恥。
3段階めでは明らかに調子に乗られて男モデルも呼ばれ、勃起チンコを前にしたままずっとポーズ…とか。
(あーこれはきっと次の段階では、生本番スケッチやろうなあ、と想像が捗る…)

"あくまでスケッチですよ?"みたいな体面を装いつつ、"これもうセックスだよね!?"という事になるまでの変化がスムーズだったので、そこも期待…

デッサンモデルの男に、気安く乳を揉まれるように

前作よろしく、3段階目くらいからシチュが過激化して、シコれる感じになるのは嬉しい(露出だったり、複数プレイになったり)
さらに今回凝ってると思ったのは、街の人を巻き込んだ羞恥エロの後に、ちゃんとセリフ変化もあった事ですね…



あと前作もなかなかシチュが光ってる作者さんでしたが、
"感覚が残ったまま石化""穴があくほど見詰められ羞恥""30分以上も舐められ、ぶっかけされる"
という、石化シチュって結構難しいと思うのですが、予告の範囲でも果敢にトライしていく姿勢があってニンマリ…。

あ、たぶん処女差分は無いかなと…エロ変化が醍醐味ですし。
(予告は本編から始まるので、処女はOPで失うのかも)


個人的には前作の方がキャラは好みだなーとか、イカされる身体的快楽をもっと描写して欲しいとか(難しい所ですが…)
ぶっかけの際は、臭さにもっと顔をしかめて欲しい(初めの方は、セクハラを割と本気めで嫌がって欲しい…)
とか思っちゃいますが、まあ個人の好き好きでしょうか。
(あと同じエロ見ちゃった時は、選択肢で飛ばせるようにしてほしいかな)

やっぱり"羞恥度"でエロ変化するRPGっていいよね、月に1本は欲しいよね、とか思うのでした…