アトリエ系+オリジナルプログラム作品


プログラム作品の、いわゆる"アトリエ"モノ。

 

素材を採取してアイテムを合成、頼まれた品を納めたり、お店に並べて売れるのを待ったり。
そうしてお金が貯まったら更に店を大きく、新しい調合品のレシピを購入。
強力なアイテムを作れるようになれば、素材採取を邪魔してくる敵を倒せるように。
依頼をこなして知名度が上がって、店頭のアイテムもたくさん売れるようになった、ここは思い切って高額なのを並べようか…

とまあ、一つのことが繋がっていて、いろいろ片付けてく内に出来る事が広がり、止められない・止められない…という基本的な愉しみは抑えられています。

ドットがウリ…なRPGは最近ありますが、本作は"SDアニメ"をちょっと推してます。まあアメブロのあれみたいな感じです

そこをSLGぽいコマンド選択で、手軽に味わえる感じ。
(ツクール系みたいに見下ろし移動で、採取行動がだれる…とかは無い)

マウス・キーボードどっちも対応してる

個人的に、もっとプログラム作品でしか出来ないような事があっても良いのでは…と思いますが、例えばアイテム合成の際に、ツクールみたいな"指定のアイテム二品"ではなく、"水系"や"鉱物系"といった一つのジャンルから選べば良いとかは、なかなか新鮮でした。
元にした素材次第で、同じアイテムでも特殊効果が加わってたりとか。



ゲームに慣れた頃に"大口の依頼"が舞い込んだり、採取ポイントが次々と開発され、最後まで行くとボス敵が出たり、繰り返しが多い中で、変化に心を砕いているのも感じました。


程よいデキなんですが、ただ、すぐ"突っ切ってしまう"易しすぎるバランス…が勿体無いかな? と。
もうちょっと"上手くいかない"ところ、"積み上げた物が減る"みたいな手応え…があっても良い気が。
(お店にアイテムを登録、自分で買えば、依頼品をいくらでも納入できる…)
製品版範囲だと変わるかも知れませんが。

 

主人公は借金のカタに、アイテム合成で稼ぐか精液を集めるかを迫られてるドジメイド?…なので、拠点からいつでもエロシーンを選択可能。
ここも"ローションや、危ない水着とかを開発する"ことで、新しいエロが増えていきます。
SLGを進めてれば自然とエロ選択も増えるので嬉しい、と。



また採取の際にボスに挑んで負けると、敗北エロもあり。

全体に女の子を好きに動かしてる感じがして、個人的にレズ描写が楽しかったんですが、製品版では複数の男性相手にカラダを任せる事もあるようです。
(初めのエロみたいな無知シチュとか、レズオンリーってのもなかなか捨てがたい気がしましたが…どうだろ)