グロ・ロリ、ゲームならRPGやACT…と多岐に渡るサークルさんですが、最初期はむちむち+ADV、という形式であった訳です。
今回はその原点に戻った作品が出るという事で…さっそく予告版をやってみました。
(なにげに世界観がそのまま繋がってる続編モノって、同サークル初めてでしょうか?)

王道格闘まんが要素を匂わせつつエロADV


性欲を暴走させる謎の拳法を使う兄を追い、荒れた高校ばかりに転校する、ヤンキー・スケバン系主人公。
主人公は兄とは対の拳法を使うことが出来るのだ…!

やっぱ同サークルACTと比べて登場キャラも多い

と前作までの説明が軽くあった上で、ボクシング等の格闘技の部活と対決したかと思えば、かわいい文化系女子とも戦う、そして密かに壊れ系ギャグも冴えている…と、王道的な格闘漫画の設定を、パロディチックに飛ばしたテイスト。

 戦闘は制限内に相手に勝つジャンケンを出す。あいこでパワーを溜めるちょっとした戦略性も。ダメージで服がスムーズに破れていくぞ

兄の謎拳法を継承した人物は誰か…という"犯人探し"かと思えば、面倒臭い方向には行かず、移動した先でバトル開始、バトルで解決する…という分かりやすさで良い。

反面、じょじょに学園の一般生徒にまで不穏な空気が漂っていく、
ライバル「零式センカ」

の途中乱入も待たれるとか、ストレートなお話ながらも繰り返しにならない広がりは、ADVらしい満足感も抑えてそうだなーと。

しかし負けたら二段構えの恥辱・陵辱劇!


戦闘に負けるとエロシーンへ(&そしてゲームオーバーへ)

今回はリョナはあれどグロは無い、気持ち良くされる系も多いぞ(やっぱり陵辱テイストが興奮材料になってますが)

敵は"性欲を暴走させる拳法"の使い手なので、嫌がりながらも感じて、イカされてしまう。
それだけで済まさず、必ずその後に陵辱・リョナやらへの過激エロシーンへ…という二段構えになってるのは、このサークルさんらしい嗜好でもあり、またシコりが捗る。

 一人に組み伏せられつつもう一人に犯される…とかは、力で負け、輪姦されてる感じが好き…

二段構えの後者は、負けた相手の部活動にまつわるエロ。
何か取ってつけた感じになりそうなんですが、恥ずかしい格好を強制される恥辱や、強い子がビビリまくって失禁(加虐心を煽られる…)という上手い料理の仕方で、むしろ体験版のエロを見ると、もっともっと他のプレイも見たくなる多様さになってるのはさすが…と思いました。

隠し切れないリョナも一部

実は雰囲気的に"強くて美しい子が暴力レイプされ、泣きつつ耐える"…というのを期待してましたが、ある意味、スパーンと突き抜けた犯されが同サークルさんの嗜好だったなあと再認識。
同サークルさんのADV初めてやりましたが…何というか、毎回、色んな方向で"ゲーム心"をくすぐられるなあ…と。感心です。