前作の[倒忍伝 〜淫界のくノ一〜]はRTSのようでもあり、半オートのSTG(ACT)の様でもある…それでいて、エロい。
そんな形でポンと出て来て、今なお後に続く作品もない…という、異質な輝きを放つエロゲであります。

そんなサークルさんの次回作…、否応なく好奇心を掻き立てられます。
さっそくやってみました…!


2014/05/13予告版での感想です

全編これエロ嬲り! エロ戦闘!


ほぼ全編を通して、女性天使VS悪魔のバトルを描いてる様子。
プレイヤーは天使の"攻撃"や"抵抗"など行動を選びますが、しかしそこはエロゲ、特定の勝ちルート以外は全て空回り、悪魔に嬲られる。
むしろその反応の違いを愉しむ…というのがメイン。

今作も、濃いエロ情熱に沿ったシステム造り

戦闘中のエロというと、[【剣闘姫】システィーナ][軍師アンネリッテ]のような、直接的なセクハラ技かと思いますが、今作は"お尻を撫でる"にしても、局部のアップカットインや、イクまで揉みまくるとかの事態は無し。
そういったストレートな描写より、立ち絵の全体を映し"強くて清廉な女性が、初めて知る快楽に戸惑う"…という姿そのものに萌える感じ。

立ち絵もよく描かれてて、よく動く

スクショだと一見簡素なんですが、セリフ・絵・音声が同期的に動き、連動感が凄い(ここが例えば、ノベルで同じ事をやっても分かれる所でしょうか…)
初めは勇ましい声で戦っていた天使が、呪いの首輪を付けられてからは、震える声で魔法を詠唱(同じセリフでも)
"強がってマジメなセリフを喋ってる最中に、ふいにお尻を叩かれ、「ひぃんっ!」と情けない声を上げてしまう"に至っては体験版ですが、"今作のハイライトや!"という気持ちに。

淫靡な雰囲気、これが悪堕ち…


前作よろしく、悪堕ちのこだわりも細かい。
すぐ淫乱になる…、よくある"悪堕ちっぽい、快楽堕ち"ではありません(そもそも戦闘全てを使って追い込んでる訳ですし)

悪堕ち後に率先して仲間を同じ境遇にしようとする描写だ!

天使と悪魔の戦いは人々に見守られてるという状況で、羞恥な目に遭い、"守るべき人々がそれを望む"ことで恥ずかしいコスチュームに変化する(一段階ではなく、"じょじょに変化"。堕ち→淫乱衣装に切り替え、では無いのです…!)
その事による快楽と悪堕ちの心理的葛藤、
"追い詰められ、最大の裁き魔法で逆転を狙おうとした瞬間、淫乱になってしまったカラダに力が入らず失敗する"…に至っては"アニメとかでこういう妄想したよね、うん!"と大いに頷いてシコれる所でありました。



また淫靡な雰囲気を十分に出しつつ、挿入などのシーンは尺をしっかり取ってくれて、抜きやすくなってるのも嬉しい。
犯されるまで…強い女の子が性的になぶられる所から楽しめる人にとっては、シームレスな"全編エロシーン"な訳で、これは良い作品になりそう。


首輪ルートと淫欲の霧ルート


恐らく変数で管理してるのか、細かく選択肢が分岐するので、ちょっと全て把握したか自信ないですが…
大枠では"首輪"と"淫欲の霧"ルートの二通りに分かれます。
5・6周くらいして頑張ってみましたが、明確に"勝ち!"ってエンドは無いみたい。

凛! とした所からへろへろになる、ボイスの変化が超かわいいのだ…

体験版で首輪ルートのほとんどが見られるので、予告版の感想からそんなに違いは無いですが、短い言葉で説明するなら、分類的にはADVの戦闘。選択肢で女の子を追い詰める。
ただし選択肢の細かさ、それに対応した立ち絵の動き、セリフの臨場度、ボイス数が半端ない。
(ツクール製ですが、これは一般的なノベルツールだと逆に作りづらいのかな…と)

追い詰められる女の子萌え、快楽に戸惑う強い女の子萌え(ヒロピン?)
あと悪堕ち、という感じ。

堕ちてからは別途CGが用意されてますが、ガシンガシンと犯される"本番系"目当てだとちょっと違うかも。
ただ犯されるストレートなのではもう満足できない…
雰囲気を楽しむ方、フェチ玄人な方には深く刻まれる作品になると思われます。
言うなら一エロシーンがずっと続く訳ですし。
(その点でこのサークルさん、既存の作品に引っ張られない、エロの表現の仕方と作品の作り方をされてて…すごく面白いなと思います)


価格も安いので、さくっと買って、この独特の魅力でシコるが良いでしょう。
気になったら、ぜひ体験版を!

細かいこと


●主観視点で天使と対峙してるようなレイアウトなのに、"天使の行動を選択する"って所は少し違和感あったかも

●戦闘中の途中途中から再開できた方がプレイしやいかな…(マウス押しっぱで、セリフ早送りができますが)


作者さんのpixivも悪堕ち満載だぞ