これも個人的に"おお…"とよろめくサークルさんが来たというか。

前作[マリオネット ファンタジー]は一見、よくある女主人公モノに見えるんですが、
"ヒロインが'自分を動かす'プレイヤーの存在を知っていて、画面の向こうに問い掛けてくる"
"が、嫌がる彼女を操作、痴女にしか見えない行動を取らせる"
など、2年半年経っても類を見ないエロRPGでありました(個人的に、体験版の最後の終わり方も胸が痛い…)

そんなサークルさんの久しぶりの新作!(東京都 20代 OL)って何だ!?
さっそくやってみました…!

体験版プレイ 


製品版プレイ1 プレイ2時間


プレイ2時間。古びた鍵入手まで。あと少しかな?

バカップルなノリで、底知れなく淫乱に…


敵グラやマップはツクールデフォ、一本道を進み、着いた街の酒場や宿屋でエロが発生。そしてまた次の街を目指す…。
戦闘はかなり簡単で、きちんと街ごとに最強装備を整えたら、ダメージ0になるほど。
ヒロインとの会話がよく発生して情が深まるものの、初めの内はオーソドックスで平凡なRPG…という感じを覚えると思います。

ちょっと街から街へ移動する間もおしっこがしたくなり、その流れで戦闘のエロ技を覚える、なんて事も。

しかしそれも束の間。一度主人公にカラダを許してからは(大体1時間弱くらい)バカップル化、ちょっと移動や腰を落ち着ける間があれば、すぐサカる。
エロが相次ぐ展開に。

 

馬車で移動したらバレないように手マン、宿屋に泊まれば主人公・ヒロイン二人してテンション上がり、露出行動(見つかりになって隠れた先で放尿もする…)
それがクセになった後は、ダンジョン内とかの人目に触れない場所では下半身丸出しが当たり前に。

"浮浪者が栄養不足で襲ってこれない"のを発見したヒロインは、見せつけるようにハメ出す。完全に悪ビッチである(主人公へは一途だが…)

ヒロインはドMで恥ずかしい目に遭うほど濡れる、昂ぶり出したら止まらない。
そして後に進むほど、プレイしててこっちが引くくらい淫乱になる…という事を感じられるのも、日頃のヒロインとの会話の多さや、あくまで男が主人公であるという"男目線"があるからこそ。
(こっちは何も言ってないのに、積極的に街中でも露出するようになった時の"この人やばいんじゃないか"感は、まさにその目線があってこそ…。
考えてみれば女主人公では全裸露出とか当たり前なのに、そのインモラルさを感じた事はない)

エロシーンでは衣装が選べる時も(OL・女戦士・スケスケ衣装…)地の文とかは無いですが、甘えたり、たまに「よしよし」とかお姉さんぶったりするヒロインセリフが巧み。

そんな訳で、ちょっと目にした事がないエロシチュや、それが連続するエロ頻度に、"RPGのシステムとしては平凡"なんて当初の印象はどうでもよく、"やっぱエロRPGの本質はエロだよね…"と認めざるを得ないのでした。
(*体験版の終わりだと陵辱展開ありそうですが、実際は何度かさらわれるものの全て危ない所で助かり、恋人エロへ。合意の上での恥辱とか露出プレイがほとんどです)

"エロRPG特有のエロ"は?


しかし次々エロが起こるのは良いけど、"エロRPGならでは"ってエロが無いのでは…と言いたい所ですが、RPGの見下ろし視点での移動ってのを効果的に使ってる部分が多い。

珍しい、常時立ち絵ならぬ常時イベ絵?

一番分かりやすいのが、"アナルパールを入れたまま、ダンジョンの奥から街へ戻らせる"シチュで、3・4歩動いては彼女がエロ悶え反応、それでも歩かせる。
イキそうになったら抜いてやり、また少し休めて挿れる…なんて緩急のあるシーンも。
途中敵なんかも襲ってきて、パールを入れたまま戦い、なんとか街まで帰ってきたと思ったら、情け容赦無く入れたまま、そのまま散歩へ。

 

依頼人の家に就き、息も絶え絶えに報告してるうちに、遂にバレるくらい絶頂。
そこからは挨拶もそこそこに、彼女に急かされつつホテルに帰って…
"やっと、思い切り声が出せるね"とそのまま激しい勢いでくんずほぐれつ…(長めのエロシーンへ)
という、途中で移動や戦闘を挟むものの、これら一つが断続的なエロとなっているのですね。

これは確かにADVとかでは出来ないだろうなと… 

製品版プレイ2 クリア後の世界でエロを堪能


ひとまずのクリアまで、3時間弱。
クリア後の回想部屋で衣裳・無毛差分の組み合わせも楽しみやすく。

また、今までの場所に戻って思い出しファックというか、"同じシチュでエロする"事も可能になる。
これはもう淫乱になってるので、同じ状況でも反応が違う。
つまり今までのエロ全てに、一つずつ差分追加…という事で、かなりのお得感だった。

ヒロインの反応や脱げる衣装がじょじょに変化。更に剃毛セリフ差分も!? クリア後に初めの街に戻っても全裸反応あって驚く…

RPGの手応えより、軽く冒険しながら抜きやすいエロイべを頻度高く見ていく、という物が欲しい時に丁度良いかなと。
短いけどその分、エロを凝ることができた…という所が窺える。

ヒロインとの会話時になにげなく答えた選択肢が、最後に現実世界に戻った時にちょっと心ニクイ感じで活かされたり…そんな所もちょっと良かったです。