Mist
Mist[内燃機関] :DMMでも配信中


製品版プレイ1 2つの塔前まで


軽視されがちだけど、テキスト良いRPGは大事ですよ


プレイ3時間。終盤…かと思えば、もうちょっと続きそう。

 モンスターに処女を散らされてからは、"魔力強化の為"という動機を得て、以後、急速にエロ体質へ。自由行動エロの始まりです

3つの課題をクリア→全ての課題に影響を落とす伝説の魔女のことが気になり、調べる→(ある程度イベントをこなすと)伝説の魔女からコンタクト→
という具合に細かく区切りがあり、自由行動の後に少しメインストーリーの一本道があって、また自由行動へ…と繰り返す感じ。

"ピンク髪で巨乳で、頭がかるい"主人公

マップやスクリプトなんかは目立ってないですが、速めの戦闘は魔法を使えばすぐに敵を殲滅でき、恐らく100%逃亡可能。
割とストレス溜まらない感じに配慮されてると思う。
途中からちょっと敵が強くなるものの、地道にアイテムを収集してれば合成品で戦闘がラクに…とやり応えも。

触手コブの落とし穴。踏ん張るもじょじょに落ちながら乳首を刺激される…「乳首を触ってイキたい」「でも今絶頂したら更に魔力を持っていかれてしまう…」「…いったんラクになった方が、結果的に上手く行くし…」と、流される描写もキッチリ。

…ここまで書くと、割とオーソドックスなエロRPG、という感じですが、本作で力説したいのはテキストの良さ。
街での会話が微妙に楽しくて、元々センスある方なんですが、エロシーンで更にエロセンスの良さが混ざり…、ただ言葉を重ねるだけでなく、エロさを強調する仕組みを忘れず、緩急もあり、シチュの捻りあり…。
かなりシコれました。

もちろんエロテキストも良ければ言う事なし!




嗜好的にはやはり主人公が巨乳なので、かなり乳責め多し。
あと膣に射精されるのを楽しみにする&イキ描写がなかなか濃いなと…。
そして1エロシーンが長め。

売春もできるように。しかしクラスメイトにバレ、客として大量射精されながら「恋人になろう! 毎日気持ちいいことさせてね!」と…

自由行動のサブエロイベントになると、頻度が高くて短い(主人公から責める事も多くなる)…って感じになるので、むしろメインストーリーでの、長いエロシーンの方が際立ってたと思う。

自由行動系(サブエロ)と、メインストーリーの長いエロは半分くらいずつで、前者もそれなりに雰囲気出てますが…、短くて細かいエロと考えると、やっぱもう少し箇所あって欲しかったかな…。
そういう意味で、自由行動に必ずしも特化してる訳でなく、ちょっと中途半端になっちゃってたかなと。



エロRPGらしからぬ、意外な深さを出した(でもゆるさを忘れない)シナリオ展開も好き。
一度山場を迎えてEDか、と思わせて続く…のも面白いんですが、そこからが意外に長くて目標がふわふわしてて、案外ぐだぐだになってしまってるかな…

とりあえず2発ほど抜いたあと、このエロシーンのクオリティ・長さ・量(差分含め)でこの価格、ゲーム展開やシステムに気を配ってる所が見えるし、なかなかまっとうな、もっと売れて欲しいエロRPGだなあ、と思いました。

製品版プレイ2 クリア


どことなくフワッと終わる。でもシコれて満足…


プレイ4時間30分でクリア。
ラストでインパクト大な出来事が起きるけど、余り尾を引かず、あっさり終わった。

"全体的に何かありそうだけど、明確には言わずフワッとさせる"シナリオ(伝説の魔女もかなり腹黒なんだけど、ゲーム側ではそう言わず、プレイヤーの受け取りに任せてる)
もまぁ好きだけど、最後くらいは…という気がしないでもなかった。

 散らばった「精霊の本」を集めたら、別視点で友達の精霊が動かせるように この辺は自由行動ならではの楽しさ。すぐ捕まっちゃってエロられるが

自由行動系としては…後になるほど移動地域が増えて、エロイベ見つけられるか不安だったけど、区切りごとにヒントを教えてくれて、あと初めに訪れた時に怪しい所を覚えておくと、大体逃さないかなと…。
(でもクリアでシーン全開放は欲しい…)

エロ絡まないサブイベントはちょっと見つけづらかった。外見が変化しないキャラも居て、話し掛けないと分からなかったり。
(実際は変化無いキャラはほとんど居ないんだけど、そういうイベントが一つあると、他の街もそうかも…!? という不安は残る。
ワープ先、物語の進行に応じて一時的に減らしたりすれば良い気が…)

終盤くらいになると敵が割と強いので、エロイベントで獲得した"精液"消費で強化するのが大事。
バランスの問題だと思うけど、それ以外で"グッと強くなったぞ"と喜びを感じる場面は少なかったかな…

前作までのキャラもちらほら…自由行動でこういうのあると楽しいね

なので自由行動系としてはちょっと中途半端かも…って印象は変わらず。
むしろプレイ2時間でいったんの決着を迎えるまではかなり綺麗な道筋で、それ以後は過去作のキャラも出て来るし、ボーナストラックという気も…。

あと自分からエロイベントに向かった場合の、主人公主導の責めテキストはそんなに濃くないかな…(短め)
あとは"トドメ"の描写があともう一歩! 欲しかったりも。
(卒業旅行で金持ちの悪友にぶっかけイメージビデオを撮られるけど、それをネタに本番AVにも発展して欲しかった…
露出衣装でショーに出た時に、最後の輪姦描写をさらっと飛ばさずに描いて欲しかった…
風紀委員の「恋人になろうね!」も、バッドエンドの監禁陵辱とかあるとかなり良いかな、とか…)


ただやはり女性キャラが犯される側の、長めのエロシーンにツボな物が一杯あって、そこがかなりシコれましたので、ハイ…個人的には満足かなと…。