いせたん
いせたん[円環]

06/23予告版の感想です

雑味


予告版で3時間近くプレイしましたが…、途中で心折れて最後までいけず…すみません…。
体験版の範囲ではそれほどでもありませんが、
後半はボス戦・ザコ戦がそれなりにきつくなります。

とありますが、いやこの時点で相当なものだ…と思います…。



まず感じるのは"雑味"なんですね、初めダンジョンの最奥からスタートして、灯り点けながら探索して、けっこうギミックも凝ってて、失敗すると前のフロアに戻されて。
"意外、これは脱出を目指すものだろうか"と、一時間弱でやっと抜けたらそれは"プロローグ"で、OPで飛ばせる分だった。
エロも無いし、果たして前振りでそこまで苦労させる必要はあったのだろうか…と。

所々にこうした、思いつきで作って、途中で方向転換したみたいな…そういう"雑味"を感じなくもなかったり。

"処女厨向け"ってこういう意味かな


「男が持つ女への性欲がどんなものか理解してない」ようです…!

本作のストレートな魅力は、"世間知らずで素直な子が、全然警戒する事なくセクハラ男に騙されてしまったり、天然で男を誘惑することをしてしまって…(男の家に上がり込んで、シャワーを借りる)"
という所の描写の濃さだと感じました。

直接エロシーンに結びつかない所でも、ギンギンに滾った男の性欲が向けられてるのに、分かってない女の子…
という、"えろい雰囲気"をしっかり、たっぷりと作ってくれる。



そしていざセクハラが始まると、かなりしつこくて素晴らしい。

●"さくっと騙され、膨大な借金を背負わされる"
●セクハラが終わった時の"ナナは胸で感じるようになった"というメッセージ(まさか、この開発された部位でエロイベントの差分がある…!?)
●街の施設がたくさん+イベントは朝〜夜に分かれる
●バッドエンド直行のレイプイベントもある
●"教会が力を持っており、教義的に(レイプされて孕んだとしても)堕胎は認められない"
●主人公を狙うロクでもない男たちの"信頼度"がある…、つまり、誰の信頼度が高いかで、騙されて処女を捧げてしまう相手が決まるのか!?(全員、基本的にスケベ男たち)
とか、いや…めちゃくちゃエロセンス的に期待する所があるんです…が!

うーん最後まで見たかった…


ツクール系のデフォな戦闘には飽きました。

とreadmeにある通り、ダンジョンの仕掛け・クラス(職業)ごとのスキル習得・装備できる重量計算、
回復手段が少なく、アイテムは高く、しかしスキルを使うとHPが減ったり、戦ってる内に武器破損もあり…
と、かなり手応えあるシステムが揃っています。



具体的には2つめのダンジョンのボス、
"耐炎の指輪があれば大丈夫→あれ? 倒せない…"で数レベル上げ(剣が必要な事も明示して欲しかった…指輪持って挑んだ時の意気込み反応が大きいし、一つめのダンジョンでゴーレムから逃げる時は"まだ何か足りない気がする"と示唆してくれるので、今度もそうかと思ってた…)
"(無理だったので周りを探索)おお、水の剣! これで…→やっぱボス強いじゃん!!"
"しかも敵の猛攻で、回復袋か指輪が戦闘中に破損したら詰むのでは…"という所で心折れました。
(何か見逃してるのでしょうか…? あと半歩移動で、微妙にアイテム調べとか、敵も避けづらい…)

含みを持たせて動く物語といい、けっこう楽しみではあるんですが、これから更に難しくなるとすると正直自信がなく…雑味も気になりますが…
もう少し…もう少し…ソフトになると良いなあ、と個人的には思いました…。

製品版の感想はエロRPG購入検討&レビューさんが書いてる