CREATURE HUNTER
CREATURE HUNTER[あるめろソフト]


体験版プレイ


敵からのエロ攻撃に特化?


なぜか水着っぽい、肌もあらわな女性ハンターたち‥!

このサークルさんと言えばBF(バトルファック)が印象深いのですが、今作はマジメに戦う女性ハンターが脱衣攻撃を受け、そのままモンスターに犯される…という"戦闘中でのやられエロ"に特化。
恐らく一般的な"エロシーン"さえも無さそう…というのは英断かと思いました。

 

そのおかげで5人の女性キャラ全員に新規のエロカットイン・エロ攻撃を何度も受けてるうちにセリフが変化していく、
そして敵の針で噴乳状態にさせられる→ミルクを飲まれる(搾乳)といったコンボも。
この部分、回復アイテムに"陰核を元に戻す薬"…などがある事から、様々な状態異常&組み合わせが期待できそうな。
(戦闘後も継続すると良いな…)

軽快にダンジョンをクリアしまくれ


前々作と同じく、ダンジョンは横視点。珍しいギミックとかにも繋がり、一風変わった新鮮さと、軽快さに貢献

基本の流れは、拠点→ダンジョンの往復。
ただこのサークルさんらしく…、細かい所の演出や、スクリプトのちょっとした凝り方が気の利いた感じでやってて楽しい。
しかも会話やら全体に漂う小気味よさで、どんどんクリアしていける。
予告版では一ダンジョン=一依頼をこなすのに約5分、という具合でした。



そうしてダンジョンや敵から拾ったアイテムで、武器製造からスキル開発まで行えて、これでグンと強くなってさぁ次へ…と。
実績で与えられる? メダルとかもあるみたいで、軽妙さ+やり込みという感じでしょうか。

脱衣段階は少ないもののえろい破れ方をする…

…強いて言えば、全体に軽くなんとなく面白い感じなのは良いけど、今いち取っ掛かりが無いまま、流れていってしまう…"深さ"が無い感じ、"ここをやり込みたいっ"と集中するような所…が無いのが気になりました。
でもそれも、<初めての人におすすめ>のイージーモードだからかも。
難易度選択でハードにすると苦戦は必須で、5人のうち出撃メンバーを誰にするか、どう組み合わせるかと考え、そして開発品に一喜一憂…する感覚になりそう。

大作! という雰囲気ではありませんが、気の利いた、一味違うRPGぽさは十二分に出てる作品だなー、と。

製品版プレイ1 プレイ2.5時間、古城エリアまで進む


戦闘中の膣だし→妊娠→産卵→呆然 という流れにガッツポーズの人へ




気になってた状態異常の組み合わせは、ふたなりチンコが生えたまま次の戦闘へ行き、頑張って自分でしごいてたら(♂自慰というスキルが加わる)
虫やキモ系のモンスターにしゃぶられて射精しちゃったり、
蜘蛛に"種付け"されて、ボテ腹のまま進んだら、戦闘中に産卵…という事もあって、ここは満足。
(ステータス画面の立ち絵にも反映して欲しかったけど…!)

ばんばん虫に孕まされるので、その筋の人にはヒット…か? でも産卵パターンは一つっぽい

ただ、エロカットインの体位が共通で敵だけが違う、という差分(使い回し)が割と多い…。
5人も女の子が居て、ほぼ全ての敵にエロ攻撃がある(価格だって安い)…って事は分かるものの、やっぱ一般的な"エロシーン"が無い訳で、少し寂しいね…。
(戦闘回数も多いので、効率良く倒そうとすると"お邪魔"になるのも悲しい…)

実績よろしく回想シーンのエロカットインをどんどん埋めて、通して見つつシコるとか、新感覚のシコリ体験ぽいと思ったのだけど…(CGだけでなく、セリフもきちんと出るし)



嗜好的には虫に膣出しされて孕むとかな訳で、エグめ…かと思えば、2つめのエリアでは女の子型キャラがたくさん出て来たり、そもそも絵柄的にもあんまりドきつい感じでは無いので、ぎりぎりライトからコアな人まで楽しめる…かな。

ただその際にも長いエロシーンは無いので、戦闘中の"色々な状態異常が立て続いて、膣だし→産卵→産卵後の絶頂(?)で呆然とか最高やん…"と空気を楽しめる人にオススメかも。
物づくりの姿勢としては、(安めの価格で)そこだけに特化した作品を出す、という挑戦心が喜ばしい…。

戦闘モリモリ、でもなかなか飽きないね


ゲームテンポ的には、合間に物語的なデモを挟んで緩急を作るみたいな事は無く、ステージ攻略がずっと続く。
戦闘をモリモリこなす。

ちっちゃい子なのに、まんまるのお腹に…

ただ飽きるって事はなくて…"ハッキリしないちょっと不思議な手応えに、気付けばなんか止め時を失ってる…"っていうのが正直なところ。

基本的に難易度イージーなら簡単に進めるけど、それだと武器製造からスキルまで全然捗らず、ちょっと面白くない。
(エロカットインの回想の為には、仲間のLVを上げてメダルゲットする必要があるし)

それでノーマルで経験値・素材ゲットしようとすると、今度はやや手こずる。
道具でゴリ押しするか、一回でクリアは難しいレベル。
いっそのこと、イージーでまず進みまくって、ハードで戻り、エスケープを駆使して稼ぎプレイしてみるか…とか試したり。
(難易度変更もゲーム性に織り込まれてるっぽい。
一周目はイージーで、二周目から集める…が賢いか?)


そうこうする内に、バランスが悪い気がしてくる。
だいたい攻撃ダメージにばらつきがあり過ぎだし、ミスしすぎ(仲間にもよるけど)
エロと絡むせいで状態異常が多いゲームなんだけど、これを喰らうかどうかの確率でかなり左右されてる気がするし。
新武器を開発したらしたで、やたら強いし。

…でもまぁそういう事なら、装飾品を開発してフォローしたりすれば良いのか?
でも装飾品には素材が居るよな…、金も足りねえ…だいたい古い素材を揃える為に、クリア済みのステージに挑まなきゃいけないのってどうなの…狙った素材を、どうもがっつり集められる感じがしない…、
やっぱ難易度上げて挑戦だわな…、うん、ムズいよな…。

そうか、クリア済みのステージでもミッションクリアしたら賞金が入るのか!(→自然と昔の素材も集まっていく形に)
よし…新しい武器が出来そう、これで状況が変わるぞ…え、重さ制限もあるの…!?

なかなか素材が集まらないが、エロ水着(防具)の数も凄そうではある…

とか色々考えて・試して、でも"これで強くなる!"っていう勘所はフワフワして掴めず、でも難易度調整で何となくは進める。

まあ底が見えないおかげでなかなか飽きないし、止め時失ったのは間違いない。
結局ゲームテンポ的にはそれが大事なので、あんがい絶妙なバランスで作られてるのかな…? と。

製品版プレイ2 プレイ5時間弱でラスボス撃破


ハードでクリア。(イージーオンリーなら3時間くらいで行けるかも?)

終わってみれば本当に戦闘と、戦闘中のエロに終始した作品だなと…。
(前回でアイテムゴリ押しすれば…って言ったけど)復活薬は2つまでだったりの細かい所持制限で、やはり単純な解法は無くて、豊富な装備品やスキルを色々と試してる内に終わるのは、飽きなくて、まぁ良いと思う。

変態しかいねえ… 同じ衣装でも別の人が装備できたり、凝ってるけど、多分3分の1も陽の目を見ずにクリアされそうな…

ただその豊富さをいざコンプしようって時に、もうちょい気を払って欲しかったか…。
ラスボス倒したらイベント特に無くそのままスタッフロール(OP以外、ほとんど物語やキャラ性が語られる場面無し)
どの難易度でクリアしても特典とかある訳じゃなく、衣装とかもコンプしたいけど…これはちょっとモチベに欠けるね…

クリア後もしくは途中で、素材・お金・エロ・経験値のそれぞれを意識的に稼ぎやすい寄り道とか、クリア済みダンジョン再挑戦に変化が欲しい…

エロシーンは半分ちょっと埋まった。「フタナリ化した他の子に挿入される」とかもあるみたいで、な楽しそうエロそうなのに、なかなか見られぬ…

エロも、個人的には"異常状態の組み合わせ"がもうちょい自然に起きるよう、特化して欲しかったかな…?
まず射乳状態になって、それから…と段階を踏むだけに、効率的に戦うと起こらない…
(破れた服は逐一直していった方が簡単になるし)

自主的にふたなり化するアイテム等はあるので、武器開発の素材もそうですが、クリア後に条件をチェック、敵を探して"穴埋め"に精を出す…となりそう。
それだけに再挑戦時の配慮がもうちょい欲しかったな…と。
(ダンジョンの仕掛けとかも初見は楽しいけど、それ以降になるとちょっと面倒い…)

*全エロを埋めると、"ステートギャラリー解放"ってのがあるみたい? さすがにきつかった…

細かいこと


・敵シンボルは種類ごとに分けて欲しかった…(素材やら受けるエロが選びやすい)

・3面の穴の経路は、紫の壁がほぼ示してる。
が、そこを無視して先に進んでジャンプしないといけない場面も。


エロRPG情報局2さんもプレイ中!!