(ブログに書かなかったけど)気になった作品


全部、体験版触った程度ですが。

[ムクムクウォー]
これちょっと面白かった。
キック中心で倒すと尻が、オナニまくればペニスが、斬り中心で倒すと胸がじょじょに大きく…レベルアップしていく、という。
レンダリング出力だろうけど、この発想がまさに3Dエロ的だなあと。

「一部を大きく・変形させる」って割と3Dでは簡単なようなので…


で、ゲームの方が意外にもかなり難しい。
自分ACTは割と得意な方だと思うのだけど、1面すらかなり手こずった。
ゲムオバっても成長経験値だけは残っているので、何度もトライ、乳ばいんばいんになれば技が増えていき、"斬りの停止時間の後でキックだ!"みたいにコンボを見つけ、なんとか進めるようになっていくという。

この攻撃コンボ発見は何かバーチャファイターみたいな感じ、ちょっと面白かったな…
おっぱい大きくなるという、まぁネタだけで終わりかと思えば、ボスを倒した後のおしおきタイムとかはあんがい実用的っぽかったり。ややお気に入り。

[なでなでおんなのこIII 〜超ぷにぷに!リアルタイムアニメーションおさわりゲーム〜]
変哲ないおさわりゲー…に見せかけて、実はUnity製(二次絵だけど)
パーツがやたらとダイナミックに動くぞ

FLASHならもうちょっと間を設ける所、かなりアクティブに、矢継ぎ早にイジりまくる。アクションゲームみたいだ
Unityだとなるほど、こういう風になりがちかぁと、参考になる作品。
chobitのサンプル動画みるとかなり、惹かれる要素はあるのだけどね…

[Cos Ro -少女は初めてのコスプレで見られる快感を知り、徐々にその行為に歯止めが利かなくなっていく-]
彼女にコスプレさせて歩かせ、じょじょに羞恥心を無くさせていき、やがてコスプレ会場で隠れてフェラってもらったり、恥ずかしい格好で露出させてたら、観客に襲われたり…という発展をするらしい作品。
いわゆるリアルタイムな立ち絵変化で、なかなかスリリングかつエロである。
[露出調教FULL PACKAGE]を思い出した…

なかなか玄人好みだと思うけど、多分コスプレ会場は一つかなってのと、あとキー判定がたまに分かんなくなる…(ローターとかしてる途中はメニュー開けないって事だと思うけど、ちょっと見た目に分かりにくい)
って所が心配だったか

[姫様と警備兵]
前作[夜這いゲーム]は影絵のみながら、寝取られていく描写の上手さと、
"毎夜、10個からランダムに選んだ薬を必ず飲まなければいけない""そしてその10個の薬の中には媚薬と、ただの錠剤が混じっている"というルールから、愛する妻が「アタリ」を引いてしまわないかというドキドキ、
果ては目の前で痴態を演じる妻が、果たして媚薬のせいなのか(媚薬を言い訳にして)本気で感じてるのか分からない…という凝った構成で"知る人ぞ知る"作品。

今作はその続編で、女性はフルボイスとなり期待が募る所ですが、まあ価格もUPしてるので、悩みどころでしょうか。

最近やってることを一言で



まあこんな感じで。
カス子の分解ツールがなぜか動かず…エロの推進力を失って、Unityのモチベが落ちて来たのはナイショ…

Unityは機能が山ほどあるので、もうスマートな手段とか言ってたらキリが無い、
"出来たらOK"の精神で臨むべき…きっとエロ技術に対してがっつりと飛び掛かっていくべき…

というかUnityも4.6で新機能追加、5.0も早、予告されているという…。
本当にクソ頭良い白人たちが、彼ら特有の円滑な資金調達を得て開発してるものだから、マジで「自分が学習するより早く、新機能が追加されていく」スピード。

そしてクソ頭良い白人のプロジェクトって高機能だけど、なぜかやたらと分かりにくいもので…。
ぶっちゃけUnityの半分の機能で良いので、しゅっと分かりやすく、ゲーム制作に特化した3Dゲームツールを日本は作るべき…作って欲しい…


web拍手が来ておりました。
英語がわからないときは、プロが翻訳してくれるサービスが便利ですよ。「翻訳サービス」なんかで検索すると見つかります。クラウドソーシングで個人に依頼すれば、質は落ちるかもしれませんが安く済みます。

web拍手はここ。

web拍手に対してはメルマガでお答えしてますので、新世界で生き残りたい意識高いニュー人類はメルマガに登録し、web拍手すべきなのかもかも。