(ブログに書かなかったけど)気になった作品


全部、体験版触った程度ですが。

[セックス あ〜ん♪ パンツァー]
まあ[華麗に悩殺♪ くのいちがイク! 〜桃色ハレンチ忍法帳〜]の頃から変わらないsofthouse-sealの横エロACT。実際エロシーンの構造とか、奇妙な敵に犯されて何だか滑稽な感じになるとかほぼ同じ。
何作品重ねても、振りほどきゲージがまだ極小なのは驚いた。

ただ今作に限って言えば、いよいよギャグに倒してきて、潔い感じがしなくもない。

なにより常に自動で小銃がばらまかれてたり、ボス戦では坂の上から大砲ドーンで倒す…という、頑張って"戦車っぽい感じ"を表現しようとしてるのは評価できるのではないか。
坂、直角やな! とか、いつも通り? ジャンプ失敗で落下死するのがきついってのは…まあこれも戦車娘だからジャンプが不得意、って事でしょうきっと…

[琥珀色の場所で]
一見なに変哲ない純愛エロADV…しかし全てのシーンが3Dで構成されているのだ!(物理演算つき)
うおお、エロADVも遂にこんな時代に突入したのか…と興味深い。

痛感するのは、ADVは元々ノベル形式、つまり小説もしくは紙芝居って発想からスタートしてるけど、3Dがこうして形になってみると、これは"演劇"として捉えるべきではないか…という気にさせられること。

いちおう特定シーンでカメラを動かしてパンツの柄チェックとか出来るものの、更に3Dを活かしたADVの発展が見てみたい所ですね…。


どうせなら、神の視点で時間停止してスカートをずりおろしたり、タライを落として(?)頑張って縁結びをしてみるとか、これからいよいよセクロスしようという夜に突然不良をけし掛けて、いきなりNTRに展開させたりとか…!?
(いやこれはもはやサンドボックスゲーで、純愛ADVじゃない…
超能力を持った主人公が障害をどうこう、って事ならいけるかも知れんが…)

[あかずきんだっしゅ!]
Unityの対抗馬と目される、UE4(Unreal Engine4)で作られた横エロACT。
自動スクロールで、タイミングよくジャンプして障害を避ける…とスマホっぽい(何か教材通りに作ったのだろうか)

UE4は制作メニューが日本語らしくて、Unityより簡単なのかー? と注視してるんですが、月19ドル、製品を販売した時は5%のロイヤリティ支払いという…
CryENGINEとか、SCEが何やらオープンソースにしたり、正直、3Dのゲームエンジンは続出してる印象。

どれも"グラフィックが凄い! まるで実写!""インディーズでもプロ並の開発が可能に!"とか言ってるんですが、いや別にプロに伍そうとは思ってないから…。
それはそれ、お互いの領分だってあるでしょう…
結局エフェクトが超キレイになっても、ポリゴン自体は昔ながらのモデリングソフトでうねうねして作るんだし、素人レベルじゃ違和感だしさ…

それよりある程度おおざっぱな処理で良いんで、まず作りやすさを優先したエンジンが欲しい…。

[Erotic Trip 2 〜桃源の城〜]
多分、ドットエロの元祖的なサークルさんの、最新作。
イラストアニメーションの方がシコリやすいだろうけど、ドットも緩急の動きに命が掛かっている。
どっちもさすがに独特エロス。

乳にちんぽを押し付けた時の、たわみながらもヌルッ! っとこう、"逃げる"感じとかホントにやばいね、魂入ってるね。
これは3Dモデリングでは未だに超難しい事であろう…(接触するやブルブルブル! と謎の振動をする乳房。もしくはめり込む…)
精液は必ず、黄ばんだ糸状のザーメンソースである(これも3Dでは…)

あとなにげに、労力の割にかなり低価格。

今週は"切手サイズの"画面ながら、その動きっぷりやTVアニメなんかを遥かに凌駕する、かつての○ィズニーみたいな鬼アニメの[プリティ・プリドット本編中編-本番レイプ!-]とかもあり。

DMMではAVの流れからか、分かりやすい3Dモデリングのエロ動画が好まれがちで…いやそれも好きなんですが、
やはりフェチズム・変態さ、そして"新しい嗜好"への信奉、そういった同人の先進性を体現してるのは、DLsiteだよな…という気がします。

[家出王女 〜淫乱な王女はちょろい〜]
絵がとても可愛らしいエロRPG。
ちょっと面白いと思ったのは、女主人公モノで"莫大な借金を背負ってスタート"っていう定番設定がありますが、今作は逆に10歩歩く度に金利、そして敵を倒せば金利がUPっていう、金満体質を体現できるところ。

という訳で終盤ぐらいにはカンスト、おまけに銭投げで即死級ダメージ、というのも出来るらしく。
参考:エロRPG購入検討&レビュー
同人ゲームの鍵

やはり普段の生活では有り得ない、金や、金や!! っていうのは嬉しいよね…

どうせなら、もう国家を丸ごと買って私が女王様じゃとか、海に厄介なモンスターが居る? この金で鉄甲船を作るのじゃとか、現代兵器の軍隊を雇ってラスボスダンジョンを焼き尽くすとか、そういうのも見てみたかった気もする。
(何となくロマサガ2,3ぽい?)

…しかしお金に困ってないと、エロへの導線は途端に厳しくなるねw
だから今作も主人公が割とビッチぽいのだろうけど("ちょろい"とは違う気もする)

[バイナリィファンタジスタ]
ダンジョンをダッシュするだけで、ぶつかった敵が見る間に撃破!
1フロア数十体から居る敵も、全滅まで30秒掛からなかったりする。更にコンボ達成したら報酬! みるみる強くなる!
死んでも大丈夫、どうせ手元に素材が山ほど溜まっているので、それを合成・強化して装備、再トライ。
飽きたら町中でエロ!
確かにこれは、もくもくとやってしまいそう。

3作前の[Towering Dungeon]とか買った事ありますが、その頃より敵倒しまくりの爽快さはアップしてますね。
ただまあ、絵は[カクテルパーティエフェクト!]の頃の方が好きかな…

最近やってることを一言で


感想記事の最下にある、似た作品を貼り付けてるページから、DMMのリンクを自動出力するプログラムを作ってる。
が、精度の問題もろもろで、もうちょい掛かりそう…
なにしろ同じ作品でも、DLsiteとDMMでは登録タイトルが違ったりするのもあるし…

テスト:
http://kirara111.sakura.ne.jp/php_test/afi/make/html/1755871.html


3Dゲーム制作がおもんない、おもんないでぇ…。
もっと何ていうか、"ちゃんと"作りたいのだが、しっくり来てないなー。
そんな訳でUnityに全然触らなくなってしまったが、ここで途切れてしまったらオシマイだ。なんとか続けなければ…

前に作った「ねこばこれくしょん」みたくJavaScriptでイチからゴリゴリ作る方が、チープでも"ゲーム作ってる"感で楽しい。
だけど売り物にするからには、流行りのツールに従わないと厳しいし…。

3Dゲームエンジンだって今後もっと分かり易いのが出てくるかも…。
そんな時に潰しが効くのは3Dモデリング、という事なのかどうなのか、謎のMMD動画を作ったり。


仕方ないので
[PさんのためのPMDエディタの本 MikuMikuDanceモデルセットアップ入門]
この本も買った。また今週も書籍購入かよ!!??