処女を守る魔法 (製品版)

RPG, R18製品版の感想, 頂きもの

*ありがたい事に、作者さんより製品版を頂けましたので、さっそくプレイしてみました。

見た目は派手? でも意外に王道な女主人公RPGかも

予告では素材(スクリプト)と、QTEで挿入を防ぐんだみたいなシステムが目立ってましたが、ゲームプレイとしては割と王道。
合間に戦闘とストーリー展開を挟みつつ、淫乱度でエロ変化していく女主人公もの…となっています。

飲み物系アイテムを使うとトイレイベントが

ただタイトルしかり、”違う”のは、処女へのこだわり。
もっと言うなら、女主人公モノの中でもより魔法少女ぽい方向…、少女愛・処女厨、処女なのに淫乱にされてしまう、という感じ。
(古典的な…本来の女主人公モノへの回帰、とも言えるかも)

「排気口の上を歩いたら、スカートがまくれる」というエロ…

例えばそれは服の上下・パンツ・ブラの着せ替え(なにげに帽子や杖も)に始まり、おしっこやお風呂などの日常イベント、
淫乱度の他に、性経験・開発度・変態度といったエロ値を備え、
(初めはちょっと触るだけのオナニーが、淫乱度次第で? 何通りものイベント発展、ついに絶頂を経験してしまうのはやはりエロい。
ある時からアナルもいじり始めるのですが、これが変態度か開発度の効果でしょうか…?)
処女喪失が可能になるのは中盤以降、それまでは犯されても「スライムなので処女膜の間から入り込む」みたいな回避設定とか、
「敵に敗北して捕まり、本当に処女なのか、おまんこを広げられて膜をチェック(そこまでされても、犯されるのはあくまでアナルの方)」みたいな事もあり。
(そして処女を奪われそうになると、かなり本気で嫌がり、抵抗する所も良し…)
QTEはまさに、膜への突破を阻んでこそ、なのです。

エロ発展だけじゃなく、戦闘もストーリーもちゃんとやります

一方で敵はけっこう強めに設定されており、戦闘でLV上げたりお金を稼いだり、といった事も割と必要。
ゲーム時間がやや長めですが、戦闘周りと、フラグ建ての為にあちこちで会話…という部分にけっこう時間を費やされます。
(後者はいつでも相棒の猫がヒントをくれますし、重要なキーワードは色が変わってたり、丁寧なものですが)

別の師匠を訪ねる事になった主人公 立ち絵もなにげに自由に動くね

特に感心したのは、初めはザコ敵を狩って素材を集めて合成…という人々の悩みを解決するクエスト型ですが、
次に主人公が少し成長したら別の魔女に師事、(エロ罠だらけの)ダンジョンを探索。
そこをクリアした元々の師匠と合流、都市に行き、いよいよ魔女になれる試験を受ける…(都市での事件がメインに)
みたいに、次々とパートが移っていくこと。
(魔女を扱うとありがちですが、素材合成を主軸にする余り、ずっと戦闘とドロップアイテム獲得を繰り返す…という感じではない)

合成アイテムの軟膏を使うたびにエロが…(段階エロ)感じ始めると喘ぎまくり、イクまでの描写が長いのはエロい

おかげで、ようやく一人前として認められた主人公が、師匠の危機を救おうと奔走する…というストーリーも、自然の盛り上がりとなっていましたね。

処女でエッチな子は好きですか?

全体にクオリティ高く、堅い作りなので、エロRPGを月に一本買う人とかはじっくりプレイして、かなり満足できる名作かも…と思いました。

 処女の子が羞恥に耐えながら一枚一枚脱いでいく… 処女オークションもあり!?

逆に”細かい話はとにかく、エロや!”な自分とかには、中盤までがちょっとエロ頻度低くてまどろっこしく感じるかな…と。
初めのエロダンジョンにしろ、町イベントにしろ、あれ? 思ったよりエロ無いな…と。
エロもちょっと基本絵の流用が気になるかな…
ただ総エロシーンは126、今現在はエロ回収30%ちょい。
ここに来て「数パターンの風俗エロが可能な町」も出てきたので、いったん淫乱度が高くなればガンガンエロれそうな予感…!(まだ途中)

戦闘中、「膣だしされた状態」もあり。戦闘バランスは1LVでガクリと変わるので注意。あと魔女らしく、状態異常がかなり強い

(頂いた作品ですので)重箱の隅突き的に考えてみると、処女愛からビッチまでの淫乱度変化、町エロイベント、ダンジョン、戦闘の手応えとエロ、ストーリーもちゃんと展開…、と、ちょっと全体にやりたい事が多くて、間延びしちゃってる所もあるかな…という印象を持ちました。
プレイヤー的には話の流れがもう見えてるのに、何度も街の中を行ったり来たり、「どうも”ここを辿らせたい”って部分が強いかな…?」と。
そこはちょっと都合良すぎるくらいの設定で、カットしてくれてもいいのではとか。
個人的にはもうちょっと伸び代がある気がします。
初めの、覚えたウィッチクラフト(魔法)で町人を助けるってパートが面白かったので、後の一人前になってから、サブイベント的にもっと大規模な人助けをしたいなぁとか(探せばある?)
正直、淫乱度や開発度とかの違いがあんまり意識できないな…とか
(風俗行ったらどこも「もっとエッチになってからおいで」と言われて悲しい…。
一つくらい、低い状態でできるものが欲しかった…。
まあどうやって稼ごう的な、その試行錯誤を楽しむべき、と言えばそうですが。
でも合成の釜が同じ町にあった方がやりやすいし、もう直接Hアイテム作れるとか、金塊作って金儲けみたいな、あざといくらいの合成があって良かった気もする…)
細かい所では、杖装備状態なら「防御」でMPがちょっと回復して欲しいかなーとか、戦闘バランスも、ちょっと大づかみかなぁ…という感じがしないでもなかったり。
(敵をカエルにできたりの魔女らしさは好きですし、ザコ種類の多さに努力も感じますが)

Hシーン割合。戦闘中エロと敗北エロが5割

Hシーンは41%回収。(敗北レイプが23.5%…)
エロ割合は戦闘中のセクハラと敗北レイプ(異種姦多め)が約5割。町イベントは4割くらいかな…

中盤過ぎればエロ攻撃で容赦なく、処女喪失の危機! QTEで防げ!(つい防ごうとしちゃうよね…)性感が高いとよりシビアに?

自分はちょっと相性悪いプレイしちゃって、とりあえず敵に負けると処女失いそうでイヤ、と敵シンボル避け&全体魔法で即決着してきたら、終盤になっても淫乱度が足りず、エロ頻度に不満を覚えた感じ。
なので服は破れても修復しない・がんがん敗北していくくらいが、エロ的にちょうど良いのかも。
EDは5種類に分岐するし、一周目で処女クリアは目指すべきじゃなかったな…と。
主人公がかなり大事にしてるし、タイトルがタイトルだし、ついムキになってしまったよ…。
淫乱になってからのエロイベントは、やはりソソるものでありました。
むしろ処女を大切に守っていた所からの緩急と考えるとえろい。
バージンなんてさっさと捨てちまえば良かったんだ!

 挿入しないと開かない扉! ばかっぽいシチュなのにイカされるの好きです

ただ町エロイベントの見つかりにくさは少し気になったり。
エロパラメーター複数の上、町が案外広く、
目標値が割と高い(おおよその段階も分からない、そのイベントのエロ発展がそこで”行き止まり”なのか分からない)
回想で発生箇所は分かるけど、いちいちタイトルに戻らないと見れない、
服条件にしても、装備してなかったら所持チェックもして欲しいなとか、
破損してたらだめっぽい? とか(完全破損してると装備しても見えないので、ちょっと混乱した…。)
恥ずかしながら終盤まで勘違いしてたのは、性感度は絶頂までの目盛りで、淫乱度とは別なのね…。
(エロパラメーターは概念的に被りやすいのも辛いところ)
第一弾! とあるのを見ると、同じスタッフで次回作も作るのでしょうか?
割と期待ですね…