(ブログに書かなかったけど)気になった作品


全部、体験版触った程度ですが。

[ご隠居ドラゴン]
のじゃ言葉の古竜(が変化した)娘さんが主人公。
相手好みの姿に着せ替えて売春といい、ドットエロでアニメといい、割と流行りの(ADVぽい)エロRPG要素を抑えているように見える。
割とセクロス慣れしてる感じなので、のじゃ言葉の典型…偉そうに見えるけど簡単にヘタレ堕ちする…とかの要素も欲しかった?

流行りのドットエロと着せ替え:
[ペッタンコ公園 -ゲームセンターのあのこたち-]
[花とマッチ売りの少女]

[純愛だと思った!?残念!凌辱メモリアルだぜ!]
まあパターン青、ヨガチカぽいサークルさんですが、今回は遊び易さに配慮してて、割と楽しみやすいじゃんと。
ツクールのザコ戦とかたるい中、ぶつかって敵を倒す戦闘も話が早い。
(防具を装備するだけでダメージ0になるのはどうかと思ったが…)
「仲良くなってからの裏切りレイプで一転、どん底に!」って辺りに唯一ヨガチカぽい嗜好が見えるw

ただまず信頼させる手順が必要なので、どうしても一エロまでが長くなりがちな。
一人チョロい子かなんかを配置して、小出しにエロが見たかった気もする…

[ヘルヴェナ冒険記]
女だけのパーティーがダンジョンへ。
戦士が岩ぶっ壊したり、盗賊が鍵開けたりそれぞれのスキルを活かして活躍!
体験版の冒頭5分でパッとしなくてどうかと思ったけど、ダンジョン潜ってからは途端にコンセプトも面白さもおっ、となった。

女オンリーのパーティーでダンジョン、それぞれ見せ場がある…
スレイヤーズとかの頃かな、いわゆる角川の誌上発みたいな、当時のラノベぽい感じを覚えたり(自分は詳しく無いが…)

ただこれはエロRPGですから、脱衣絵のおっぱい具合もナイス、ボス敗北エロで「調教されて売り飛ばされ」までを追う事後談もあるんだなー

似てるのは、[マンジュヴェルヌの戦乙女]が頭に浮かんだかな…

[ジャングルの秘境に幻のキノコを見た!!]
RPG部分はいわゆる…”普段エロ絵描いてる人が「とりあえずエロRPG作ってみるか」で絵をツクールに落とし込んだ”感が見えますが、デフォルト部分の多さとか。
しかし簡易的な淫乱度に戦闘中エロ、立ち絵エロ、敗北エロと、あぁ普段エロRPG好きなんだろうな、作りたかったんだろうなあ…という情熱はとても好ましいです。
こういう”とりあえず”さは歓迎すべき。

絵柄は肉むち・垂れめの爆乳、CG集ではやや頼りない反面、RPG上だとこういうのがやたらシコれたりするのよね…不思議。
あわよくば犯されるグラドルの撮影だったり、サークル適当さんの[ロリ巨乳僧侶見習いアヤの冒険]辺りを思い出したり。

[姉の盾]
エロにおいてはそのまんま"顔"たる女の子を、後ろ姿で表紙に持ってくるセンスにやられた…カッコイイ。
範馬勇次郎もかくや、みたいな美しい背中。
顔は美人系なのに爆乳がはち切れんばかりのお姉ちゃんは、弟が好き過ぎるので、盾となり守ってくれるし、甘やかしラブHもしてくれるのだ。

敵の攻撃を乳で受けるし魔法はアナルで吸う(!)ので、リョナだと思う。
むしろ「女の子がボコられる所を見てみたい」で男の盾という役割+後ろ姿、と発想したのはかなり非凡な気がする。
(ただリョナならリョナで、ダメージに身悶える…みたいな演出も欲しかったかな)

実はストーリーは罪悪漂うシリアスだったりもするけど、ツクールデフォの音楽やマップはううーん…勿体ない…

凄い肉感と嗜好は[パイオツブレイク]、シナリオには[BLOODY VIRGIN]に似てるテイストを感じたり。

そしてお姉ちゃんが盾というテーマ性は、[闇子さんがきた]のゴリッチュ氏なら案外とても面白くしそうだなと…
同人は基本的に個人。共同制作とかしないから同人、ってな所があるけど(組んだら組んだで、才能よりも人としての相性とか、持ち味を殺してしまう…とかあるのが共同制作だし…)
それだけにあの人とこの人が、みたいな夢想もする今日この頃…

最近やってることを一言で


ARPGを作るべくツクールのスクリプトにがっぷりよつ…
http://arcthunder.blogspot.com.br/
元のピクセル移動からして海外スクリプト素材なのできつい…

そしてFSMに続いてツクールFANとかも閉鎖するらしく
http://toriko-tori.sakura.ne.jp/index2.html
どんどん情報が整理されなくなってる昨今。

エンターブレイン・KADOKAWAはマジでツクールのコミニュティを保つ努力をしろよ、企業からしてみれば微々たる出資だろ…
と思うのだが、もうツクールはやる気ないのかね…
と言うか最近、新しい国産ゲームツールの話を余り聞かないような…。