このサークルさんは[勇者と4人の賢者]が、エロRPGブームの初期に出た、なかなか遊べる男主人モノ…という記憶がありました。
(その時はまさか、エロRPGの主流が女主人公になるとは思ってもみなかった)
しかしここ数年は[勇者と降魔の迷宮]の前~後編が一続き(前編を持ってないと遊べない)という事で、乗り遅れた自分としては遊べない、一抹の寂しさがあったのです…

そんな作者さんの新作が遂に!
続きモノから数えると2年振り、初作とその強化バージョンの続編からは4年振り。
これは久しぶりに遊べる、作者さんの成長どんなものだと…さっそく予告版をやってみました。

LV上げつつ、モン娘を倒して仲間、注入して強化。オーソドックスだ


セーブは拠点のみ、行く手をさえぎる扉の鍵は使い捨て。
そして戦闘が(序盤にしては)ちょっと厳しめ。
つまり拠点を軸に、じっくりと行動範囲を広げていく。
かわいいモン娘を脱衣攻撃で脱がせば、Hで仲間になって戦力UPが嬉しい。



LVを上げてザコを駆逐できるようになり、我軍も強くなったぞとほくそ笑んだ所で遭遇する、ボスの強さに再び強化を決意する…。
強くなる→壁→強くなる…という、いわゆる「経験値稼ぎ」も結構あるオーソドックスなRPGと感じました。



面白いのは主人公の立ち位置。
主人公は完全に「便利なエンチャントウェポン扱い」であって、戦闘に参加せず、女の子に装備されたり、経験値やEPという特殊な値をストックしていきます。
仲間のモン娘は普段の経験値でもLVアップしますが、それとは別に主人公のストックした値を注入(エロ)する事で、個別に成長促進、あるいは「得意なパラメーターだけ伸ばす」させる事が可能。



いわばLV上げが結構多そうなゲームなので、細かい能力UPの機会を設けて、飽きにくく・また戦略的にしている。
戦闘なんかは極めて速く、「オート」行動、新しく仲間になったモン娘は最低ラインまでLV調節とかもあり、快適に強くなっていけるかなと。

伝統的おもしろ要素というのはあるもので


というのが体験版の流れ。
以後は「お城を奪還したし、これからどんどん魔族の仲間を増やして、武具合成や設備の増築とかも図るんだー!」という所でしょうか。
仲間が増える=お城にたむろする子も増えるという、これまたSFCの[桃太郎伝説]のような伝統的メソッドが窺えて楽しそう。



そもそもOPの入りからして、ADV風の物語りから一転、いきなり襲われたかと思ったら過去に飛ばされ、しかも過去に飛ばしたのは襲ってきた張本人…
つまり「これから仲良くなるだろうこの子を、最終的には倒さないといけない」という深みが仄見えた所で即次のシーンへ、
「ライドオン!」と叫ばせて合体させる…、さあ仲間を増やしてお城を取り戻そう! というあくまでのキャッチーさが良いです。



伝統的なエロRPGの印象が強かったですが、こういう話の運び方もソツがなく、かつ面白くしてくれそうな…

ちっちゃい子たくさん孕ませの予感…!


という訳で体験版で窺えたのは「倒してH」だけ。
これはさくさく仲間に…という場面なので、一つのHシーンは短め。
モン娘は
28種+色違い数種(ヒロイン含む)
おっぱいもいるけど大体ロリ。概ねロリ。

という事で、ちっちゃい女の子が多数、処女な子も割と多そうです。

 

他のHシーンですが、
条件を満たせばみんな孕ませられる……?

という事で、孕ませエロもある?
ばんばん征服欲とコレクト欲を満たしたい所です。