(ブログに書かなかったけど)気になった作品


全部、体験版触った程度ですが。

今週は豊作でしたな…! さすが年末。
体力と時間さえあれば、一日に二本とかやりたかったくらい。
あ、半額作品pickUpとかは年明けて、ちょっと暇になってからやります…

[サキュバス]
(販売停止してるからあんまり触れて欲しくないかもだけど)[淫魔迷宮録ファティナ]でベイグランドストーリーみたいな、スクウェア黄金期の1VS1の戦闘エロRPG出してたり


[姦喰騎士ヴァイス]で、聖剣伝説ライクなARPGを作ったりしてた方。

この作品群見てもリアルな製作者って事が伝わってくるが、
かつてはフリーゲームのインターネットコンテストパークで唯一、例外中の例外のプラチナ賞を受賞された方でもある。(男気があった時代でした…)

たぶん凄くゲーム制作に誇りとプライドを持っておられる方なのかなと思うけど(…こういう、作者さんの気持ちを慮るの、微妙にうざがられてそうですが…)
新作出すたびに過去作が売れるって現象は間違いなくありますし、あと既に買った人が再DLできない…って面もあるので、販売停止は思い留まって欲しかったな…。

で今作はツールをCF2.5に変えてエロACT。
エロRPGならエロRPG、エロACTならエロACTと、そればかり作った方がラクだし効率良いのだろうけど、それを分かってても尚ツールを変える苦労を惜しまない。
全ては「ゲーム」という、この正体不明な大物を照らすため。
そういう所をリスペクトする…

内容は実のところシンプルACTぽいですが、近いうちにプレイしたいな…
これからどういうゲームを作っていくのだろう、なんて期待を抱ける。

[ファイナルファックAGAIN]
横ACT格闘ゲーム、ファイナルファックに追加データが!
色変え省くと本編より追加キャラが多いという異常事態、力入りまくったエロドット増量な訳で、これは股間が大喜びか。
サンプル動画の、昔のゲームCMっぽいナレーションが毎回楽しいよね…w(こっちが本職? なんだとか…)

[女戦士監禁II]
元々は一般向けゲーを作ってたサークルさんらしく、制作技術は織り込み済み。
その辺りは前作の感想で書きました

そんな訳で戦闘はベルトアクション、しかし買い物とかは完全にRPGぽい、グラフィックはかなりDQ6ライク…。
そんな豪華な取り合わせとなっています。
価格も高いんですが、やはり戦闘でいっかくウサギとかをボコッと斬りつけた時の楽しさ、「脳内イメージが形になった」ドリーム感は、他のDQ二次創作ではなかなか無いところ。

前作はほとんどダンジョン内で完結してましたが、今作はいきなりお城~フィールド、戦闘の背景もコロコロ変わるし、敵アクションもより臨場感が増してて、いっそう雰囲気出てる。
まあその分お値段も「相応」ではあるけど。
あと、まーん(笑)とかのテキストセンス、初エロシーンで♂が北斗の拳のモヒカンばりに饒舌なフルボイスとか、その辺で人を選びそうではある…(男フルボイスはまあ、陵辱感に一役買ってはいる)

昔…ファミコンくらいのゲームの価値観では、どっかでギャグっぽい、笑える視点があってこそゲーム…ってのが割とあるんですよ。
メタぽい発言やら、「ヤラレチャッタ」「ムネンアトヲタノム」「ゆうべは おたのしみでしたね」辺りの味というか。
多分作者さんはかなり年季入った製作者のはずで、その辺入れたくなるのかな…と。

前作は半額キャンペーン中の今なら1000円未満…ってのも、試してみるには魅力ですね。

[女体狂乱3-カオスボディ-]
最近あんまり見かけないのが「女体改造」系のエロゲ。
調教SLGの[密室ブリード2]はバスバス売れてるのに、そっちは殆ど見かけない。
複乳とか、そういう傾向がある[CrossinG KnighTMarE 〜穢れ逝く聖女達への讃歌〜]もかなり売れてるので、需要はありそうだけど…
あ、二つとも今なら半額ですね…(こうして書くと、ホント異常事態って思うマジで…)

そんな折に、肉体改造系のADVが登場。
昔なら「狂ったマッドサイエンティストが少女を監禁」って設定が王道でしょうが「ヒーローと戦うため、身を投げ出す少女(そして理性も肉体も失わせる改造…)」ってプロットに変化と面白さを感じますねー。

[まりくりマリークリスマス in NTRPG2]
100円の寝取られ作品。
前作の続きだからか、いきなり寒い中ピザを届ける事になる主人公と、暖かい家で余りにカジュアルに目の前でパコられ出す妹。
でもエロドット等も丁寧な仕事で、上手いな、エロいな…と。

長編NTRより雰囲気がライトだからか、なんとなく楽しい手触りで、しかもしっかりエロイって珍しいねー。

[真夜中の露出女子高生]
2014年の後期、エロRPGの嗜好はNTRが結構出て、ウケも良かった印象。
そしてもう一つ地味に多かったのが露出かな…と。
最近だと[JK露出体験記]とか[RPG 露出プレイングゲーム]とかね。
今作も制服+黒髪ロングで、こんな子がドキドキしながら露出オナニーしてたらそりゃエッチだろ、という露出主人公っぷり。
”淫乱度が100になった時点でエンディング突入”(つまり順番を問わず、エロイベが見れる)というのも分かりやすい。

NTRはまあ…年始めくらいから、メディア的にこれをブームにしてこうみたいな動きがあったらしいけど(ゾンビとかもまあ、そうでしたね…)
露出の方は、ツクールで作りやすいって事情と、前からある「ほぼADVな、エロイベントだけのRPG」の流れで特定嗜好に特化した、あとエロRPGでは「恥ずかしい衣装に着せ替え」はあっても、コソコソ見つからないように進む…って状況はあんま無いからかな。


ついでに思うのは、ほんのここ数週間で”シナリオが固定されず、自由に動ける”・”若干の行動制限がある事で、より自由感が増す”ってRPGが多い気がする(しかも売れてる)
[KNIGHTS OF THE PHANTASM]しかり、
[DEMON'S SWORD SNAKES 〜呪い蛇の甘き夢〜]しかり、
[聖剣のセシリア〜The Soul of Knights〜]も、ちょっとそういうテイストあるか。
少し前なら[ロリクエ2〜純白〜]もかな…

自分はRPGで自由度って聞くとロマサガを連想しちゃうけど、むしろ”フリーシナリオ”というより、もっと身近な、”目の前の行動の自由”に重きを置いてる気はする。

しかし考えてみれば普通の(一本道の)RPG→戦闘を省いた、エロイベントを好きに見られるほぼADVなRPGという流れなのだから、そこで本格RPGをやろうとすれば、行動の自由がキーワードになるのは必然だったか。
なら、あとは戦闘に関しての工夫が肝な気もする…
今だと「初めから世界のどこにでも行けたり、民家に押し入れるのに、戦闘は平凡なんだな」って所が無きにしもあらずなので。
海外RPGがそうなように、3DでARPGチックなのがそうかもだけど、余りに技術要求が高すぎるし、同じ道をなぞるのも面白くない…、何かあるだろうか。
(結局今がそうだけど、フロントビューの戦闘システムを凝っていく方向?)

ただ今後のトレンドになるかっていうと、どれも長期の開発作品がたまたま年末で被さった結果な気がするし、難しい所。
傾向として、一本道RPGは嫌われるだろうけど、でもNTRみたいなエロ嗜好ならそれも全然OKだろうし。
果たして2015年のエロ同人ゲ事情はどうなっていくのでしょうか。

[ヒメカノ2]
先週、「DMMはなぜ他の3Dモデリング漫画を広告しないのだろう、もしかして予算が尽きた?」なんて言ってましたが、ちゃんと理由があった。
ヒメカノ2の発売が予定されていたのである(DMM的には、DLsiteとの年末バトルを制する隠し玉的な意味もあった?)

という訳で発売即、実弾が飛び交う。
http://ntrblog.com/archives/1016144712.html
別に寝取られ作品じゃないのに、NTR BLOGさんに記事が登場したり("【PR】に垣間見える管理人の本音"というコメント…。実際PRってちゃんと言うのは、良心的だとも思う)
リンクURL先も、他のDMMアフィと違って、仲介の広告会社を通す形になってますね。
それだけ大規模という事かね…。
(ad.dmm.com=アドネットワークなので、その作品が売れなくても、掲載もしくはクリックだけでお金が貰える形式?)

その甲斐あって、爆速で7000DLを達成した様子。
まあヒメカノ2は一般層へエロ同人を普及させるという、尊い役割を担ったのだ…と思うことにしよう。
(しかし基本スマホだから、ゲーム形式には流れて来ないのが…辛い…)

[わたしの勇者は多重神格者 EPISODE1:「ひもろぎとグリマルキン」]
見落としてたけど、これも気になる。商業のエロRPG。
商業ゲが衰退した理由は諸説あるけど、一つに「紙芝居ばっか作ってるから」「8000円前後とか今どき高い」ってのがあるのね。
で、本作はスクショ見る限りがっつりしたRPGぽく(Unity製?)しかも今ならセール中で100円。

つまり同人とほぼ同条件…っていうかそれ以上な訳で、さてどうなっていくだろうと…。
興味はあるので、とりあえずやってみたいなあ…

最近やってることを一言で


CF2.5はツボにはまるとパワフルだが、美しいデザインとは言い難い、なんつって取り組む。
だが、あばたもえくぼよ、思い込んでやらにゃあ、しょうがない所もある。

こんな感じまで。:
http://youtu.be/vIYxlqxAwK0

反面、全てのゲームツールの根本はC言語にありという事で、DXライブラリとかの環境整えたりも。
しかし余裕で時間が無いわけですな…。
いくら詰め込み式だとは言っても。

ゲームが作りたい。
なんというか、物事をもっとちゃんと見て…リアルにさ…