かつてエロゲといえば、商業エロゲの時代がありました。
大学生となって一人暮らし、自分用のPCを買って、18禁商業ゲーを初めて買って、不覚にも夜明け前くらいに泣いてしまう(泣きゲー)
というモデルケースだった…ようです。

しかし最近よく囁かれるのは、商業エロゲの衰退。
いわく「割れが全てをダメにした」とか「今どきフルプライス(8800円)とかむり」「紙芝居ゲーじゃん」などが挙げられています。

そんな所で今作。
低価格・Unity製のエロRPG…と、今まで同人の領域だった所に踏み出したように見えるのが興味深い所。
他にもほぼ商業であるディーゼルマインさんが[魔導士アルル〜天才のアタシが、なんでこんな目に!?〜]でツクール製のエロRPGを出したり(今まではRPGを出すとしても、商業ならプログラム作かADVツールという縛りが、暗黙の内にあった気がします)
同人と商業の垣根はどうなるのか…と感じる昨今。さっそくやってみました。

設定やらタイトルが分かりにくいかもだけど、とりあえず置いとこう


設定としては、世界中に散らばる神剣の力が宿った女の子たちを、主人公が解放(エロ)していく…という感じ。



女の子たち=剣娘は「世界中に100人余居る」らしく、また主人公は「一つの人間の身体に三人の神が入っている」というちょっと分かりにくい設定なんですが、
これも一エピソードごとに順に入れ替わっていく…という事から、和姦・M系・レイプ系でエロを分けたかった、連番シリーズらしい配慮なのかなと(今回は和姦)
本作は「ひもろぎとグリマルキン」の通り、この二人の剣娘と一緒に旅(エロ)する第一作目、という扱いになっています。

ADVの間に3DRPG。どちらもさすが…


それで内容ですが、大まかな流れとしては

RPGに入る前のADV(片方の子とH)→RPGでダンジョン潜り→クリア後にADV(もう片方の子とH)という具合。
(以後のシリーズも同じ流れにするかは分かりませんが)



今作ではダンジョンは3Fでクリア、大体プレイ3.5時間…という所でした。
Hシーンは5つですが、既に書いた通り、起こる所で立て続けに起こります(敵に襲われてエロられてる女の子、それを助けた後にH、更に体位を変えてもう一回…)
ADVの部分では塗りの丁寧さ、女性フルボイス、しっかりしたエロシーンのテキスト。
同人だと割と疎かになりがちな通常シーンのスチルも存外に用意されてて、”さすが”というべき物です。
並の同人ADVのクオリティは軽々と超えている。(しかも価格も安い…)

装備は両手に持った剣のみ! 最強に強い組み合わせを求め、やり込み…!


そして肝心のRPG部分ですが…結論から言うと、なかなか面白い。
正直、価格からしてもっとスカスカかなと舐めてましたが…楽しめました。



ダンジョンを移動するシーンではゴール地点のワープゾーンを目指して3Dで歩き、そこにエンカウントで戦闘が発生。

 一見ムズそうに見えますが、スロットの武器を敵にドラッグするだけで攻撃できるのは直感的。

戦闘に入るとフロントビュー式、ただし敵は3Dモデリング…という感じになります(最近のDQのような感じ?)
リアルタイムポリゴンゆえの、フレームレートの高い敵のぬるぬるした動きが案外小気味良く、楽しかったりもするのですが、一番特徴的なのはその偏らせまくった能力システムでしょう。

メニュー画面がややゴチャゴチャしてるけど、同じ事するのに二通りの操作方法があったり(説明書読まなくてもいける…?)

具体的には、手に入る武具は「剣」のみ。
防具も無ければ、回復スキルも無い…それら全ては「防御力が高い剣(装備した剣の中で、一番防御力高いものが優先される)」「攻撃が回復の剣」などに集約されるという、剣至上の世界観。
しかも剣を装備できるスロットは限られてる(デフォでは2)…という、取捨選択の厳しさ。

武器ゲットや!

まして毎戦闘後に敵は、ほぼ必ずなくらい新しい剣を落とし、
「攻撃後に高確率で麻痺させる(ホントに高確率。体感50%くらい?)」
「全体攻撃」「一回だけ攻撃を反射させる剣」
などがザクザク入っていく…。

武器合成や!

そこで朗報なのが、剣同士の合成システム。
要らない剣を束にして投げ込めば、お気に入りの剣があっという間に強化(合成というより吸収ですが)
そんな風に強化してるとすぐ剣の限界も来てしまいますが、同ランクの剣同士を合成させる事でまた鍛えられる余地が空く…(限界突破)
という強さにつぐ強さ、強化に継ぐ強化、というピーキーな仕様となっています。

という感じで大体分かったと思いますが、通常のRPGの常識に大きく制限を加え、それでいて普通は枷を掛ける所を大胆に許した…
「ダンジョンやり込みRPG」な感じとなっています。

ボス戦 終始ダンジョン構造が同じ、スタートとゴール地点が違うだけ…ってのはちょい不満も。まあ次作でダンジョン変わるならいいけどね…

ただ剣の値が上がりまくる…だけではなく、戦闘の戦略も適度に考え所があります。
例えば「パーティー全体の行動値が許す限り、何度も攻撃できる」とかが目立つ所。
つまりパーティーが3人、行動値も3だった場合、「一人が一回ずつ攻撃する」も「一人に三本剣を与えて、3回攻撃させる」も自由、という訳です。

移動中は宝箱とか無いな…と思ってたら、ふらっといわくありげなキャラが。(寄り道ボス) 見透かされたか…侮れぬ

ここに「攻撃直後に、もう1ターン追加攻撃を選べるエクストラタイムというのがあるようだ」と気付き(剣娘のみ発生)
「エクストラタイムは状態異常が成功した時に発生…しやすい?」みたいな、自分なりの戦い方を組み立て、敵に手も足も出させずに勝てた時には、嬉しさが募るもの。

また3人のパーティーのうち、誰をリーダーにするかで全体への影響が変わる…など、細かい所の戦力アップも見逃せないところ。

次作への引き継ぎで、更なるやり込みの深みへ…!?


そして特徴的なのが、次作以降のゲームに鍛えまくったじまんのクリアデータを引き継げる…
次作以降と結合すれば、主人公の上限LV、スロット数増加…という、更なるやり込み沼への誘い。
(一作目の女の子たちも「剣として」次作以降に持ち込める)

みんな処女ですが、大体挿れたら気持ちよくなってしまいます

つまり剣娘という設定、やり込み式の戦闘でそのまま次回以降の購買意欲に繋がる…という所までしゅっと計算して作られた訳で、なるほど、プロの威信を賭けたプロジェクトを見た気分です。


RPGとしては実際、もうちょいこの俺TUEEスロットを試したい、って感じがあってウズウズしてますしね…。
あえて同人価格に直すなら「1000~1200円くらいのRPG(エロシーンは各階ごとに分けた方が良い気もするけど)」な感じかなと。
個人的には次作も遊んでも…良いかな…? という塩梅で、なかなか良い線だと思いました。
(ただ同じ内容を続けるなら3作めは無いかなと…、全ては次作でどこまで楽しみを引き継ぎつつ、+αがあるかですが)