(ブログに書かなかったけど)気になった作品


全部、体験版触った程度ですが。

[変身勇者リオナ]
ヨガチカ関連のサークルのエロRPGですが、変身、エロ衣装、腹ボテ、嫌な男に弱みを握られて、いつでもヤリたい時に身体を求められる…
というキャッチーな要素でスマッシュヒット。
もちろんそういうウケる要素をアレもコレもと盛り込むと、一続きのRPGとしては破綻しやすくなるけど、これはエロ的に欲しいシーンからシーンへ渡り歩いていく事で対応。
道中の移動や戦闘はカット、展開の速さは気にするな!
(…まぁヨガチカ系のRPGは毎回、そんな感じでしたが…。
時代が遂にヨガチカに追いついた…!?)

絵師さんの顔の描き方と、あと塗りもちょっと変わったかな…?
おかげで、正直エロCGとしてはグッと来る感じに。
体験版の範囲だと「おっ、エロばっかやん」という気持ちになるのでまぁ…売れるのも分からなくはないね。

[ビ○デルクエストH]
多分[おてんばクエスト〜アリーナ姫の調教物語〜]と同系サークルさんかな?
おてんばクエストの感想:http://blog.livedoor.jp/becomegame/archives/1809299.html

いいかげんDQパロも飽和という事で、じゃあ次はどうする…
って時に、まあ先週なんかは
[Romancing fantasy]
[FINAL ECSTASY〜テファ…夜のジョブチェンジ〜]
みたいな、FFパロな作品が出てましたが(両サークルとも、過去作でDQパロ出してるのが面白い…)
しかしFFって当初は天野喜孝氏の絵であって、これは萌えとはかけ離れている。
キャラ推しされてきたのはSFC末期かPSに入ったくらいかな、要はDQみたいなレトロ+エロって戦略が効果的じゃないぞ…って問題点が見えつつある…(気がする)

でそういう中で、ビーデル…、ドラゴンボールってのは割と良い所に目を付けたなと…。
(まあ内容は体験版無いので、なんとも言えないですが。
地味にショートカット・ロング両方の髪型に対応してるのはナイス)

レトロとは相性あんま良くないけど、スポポビッチにボッコボコ(リョナ)とか、18号が丸呑まれ、とかなにげに幼少期に性癖刷り込むキラーですからね…

ゲーム的にはやっぱSFCの超サイヤ人よろしく、舞空術が使えるとかは欲しい(ツクールなら飛行船のスクリプト周りをいじれば何とかなるかも知れない…)
ビーデルなら、グレートサイヤマンの頃の世界観の街をパトロール…とかでしょうか。
強盗に負け、普通に輪姦レイプされてしまうビーデル。

最初の頃の世界観でも、ウーロンみたいなクソ豚がブルマに下克上、ピーピーキャンディを逆に飲ませて脅していつでもエロさせる、みたいなのも良いと思いますし。
戦闘は悟空任せ、バレないように恥辱を与えるウーロン。

まあこれだけ妄想が捗るくらいなので、ポテンシャルは勿論高い。
同じキャラで最新映画が公開される訳ですし(FFも最新作出るけど、ティファとか出る訳じゃないからね…)
これから増えても良いよね…と。

とりあえず始祖的な存在になりそうな、[DB外伝ク○リン伝 ヨメサンクエスト 〜ド○ターゲロの野望〜]を置いておきますね。(クリリン以外はあんまDBらしくない?)
実績はある…ということで。

[生意気なふたなり女勇者をお仕置きするゲーム]
色々制作能力は高そうなのに、いまいち結果に結びつかないサークルさん。
なるほど良いドッターを抱えてるのを活かして、今回はドットHツールにしたのね…と。
(ふたなりちんこってドットにすると、存在感あるな…)

しかしどうせツクールなら、ちょっと移動と会話場面入れて、RPGってジャンルで出したら、売れ行きも倍くらい違っただろうな…と考えるとなんか無情。

[RPG版 金色の魔道人形・真章]とかもそうなんですが、前作が「その他形式」で登録して8ヶ月で約800DL、今回はRPG形式で、”初日のみで”同数近く売れてる…

ほぼADVみたいな作品でも、まあツクール・ウディタで作った物ならRPGカテゴリ…って風潮のせいで、なかなか”それ以外”で出すのが勇気要る状況になってる。
まぁ自分みたいな廃人はともかく、週一でDLsiteチェックする人とかは、RPGとかの好きなカテゴリ、あとはランキングしか見ないだろうから、どうしてもそこに偏りがちになっちゃうのは仕方ないのかね…。

https://twitter.com/SQUARE_PHOENIX/status/579661739081490432
もっと、大分類と小分類で分けたりすると解決する、かな…?
でもあまりカテゴリ分けすると今度は、煩雑な印象を抱かれがちよね…(まあ感想ブログが”埋もれた作品”を取り上げれば済む話、ですかね…)

とりあえずRPGぽいけど、完全にドットアニメでえろい作品を置いときますね。
[恥辱のトロールバスターズ]

[レイチェルハザードRAID]
[Xenotake][parasite in city]ぽいかな…。
画面の大部分を占めるキャラのでかさ、おぞましいエイリアン風な敵デザインが雰囲気出してる横ACT。
そして安い。(体験版だと音声のリピート関係がちょっとおかしかったり、突っ切ってクリアするだけなら、呆気無さそうなのがちょっと気になるが…)

回想部屋のフキダシとかは[GIRLvsGIRL]ぽいかな?
よくエロACT研究してるな、と。
実際、回想部屋でセリフあるかでシコ度が変わってくるよね…。

思ったのは、ことエロACTってのはそれだけでは存在してなくて…。
要は、”ややRPG的な要素”である、犯された時のセリフやオープニングのデモ、ステージ前後の会話、みたいな需要が高い気がする。
ただステージだけがあって、キャラを動かせるだけじゃ弱い…と。
(エロACTの上位作品を見ると、大体その辺りを抑えてるはず)

エロゲだから、キャラ性が窺えた方が興奮する…って事かね。
キャラ性を出すのにセリフ実装は最も簡単だけど、オドオドしてるとか、そういう仕草で出すのも良いね。
[スプラッタースクール]みたいに…?

[TOL○VEるしゅーてぃんぐ]
過疎ジャンルの18禁STGに、一ヶ月半ぶりの新作が登場…。
体験版プレイしてみると、結構良い手触りで楽しい。
何度も挑戦して能力アップしていくのも、STG苦手な人には嬉しいでしょうか。

ただエロSTG、要は「クリア後の(ノベル)Hシーン」か「巨大な女の子を脱がせる」しか文法が開発されてないのが辛い…。
脱衣麻雀と同じく、基本的にはゲーセンにあるべき…な”エッチ文化”というか。
PCの前で遊ぶなら、エッチなだけじゃダメ、やっぱシコ度高くないと辛いだろうなあ、と…。

脱衣麻雀なら脱がすだけじゃダメで、前戯・本番・ローター付けて再開…みたいまでやりたいし、同じく18禁STGも何か必要なのだろうなあと。

考えてみると、”女の子の身体を舐めるように観察する”にこれほど相応しいジャンルは無い訳で、いっそSTGの建前は捨てて、女の子の反応・部位責めに特化したらどうだろう、と考えたら…うん、それがFLASHの”おさわりモノ”か、と…w

ただCG集の傾向が、一人の女性が葛藤しながらも堕ちていく…って部分を強調すべく、”寝取られ”か”TS(性転換)”に傾いていったように、女性のカラダそのものを、じっくり堪能できる巨大娘…ってのはそんなに悪くない目線だと思うのだけど。
マニアック過ぎるか。

昔、[脱衣STG]とか出しましたが、もう乳首やクリトリスにしがみつき、振り落とされないようにしつつ全身を使ってシゴきまくって攻撃を与えるとか、そういうので良かったかも知れない。
そういう意味で、[わっちの背中を流してくりゃれ]とか思い出しました。

[モンムス大脱出!! へたれ魔導師ききいっぱつ]
モン娘に捕まった状態から脱出を志す(けど、やっぱり性的にいじめられる)ADV。

怪しい所を画面上でクリックして調べる、画面を左右にスクロールさせるワイド感…とか、なんかちょっと懐かしい。
しかしフラグを何重に立てるまで、ずっとモン娘に”お預け”を喰らってる状態で、正直ちょっと”埒が明かない”みたいな気持ちにはなったかな…
絵はきれいだと思う。

[魔界闘姫Sa・Ra]
説明文が簡素過ぎなのと、絵がキャッチーじゃないだけで、多分もう避けられてそうなエロRPG。

体験版やってみると、なんか意外に面白かったりする。
魔界に奴隷として連れ去られた主人公が、エロい事をされつつ、闘技場のランクを上げて自分の自由を獲得しようとする…という筋書き。
割と躊躇なく自分を悪魔化したり、これからもどんどん他の悪魔を取り込んで強くなっていく宣言…とか、ちょっと展開が予想の斜め上行ってた。
(書いてて気付いたけど、だから「魔界闘姫Sa・Ra」なのね、納得… 肉食う感覚か…)

エロシーンも割と羞恥・屈服・中出しされまくりみたいな、ちょっと光ってる所があるかなと…。

最近やってることを一言で


今週もARPG。

誰だよCF2.5ならツクールぽいARPGくらい簡単やで? とか言ったやつ…(自分だよ)
確かにシーンが限られてる、見下ろしACTぽい奴ならそうかもだけど、戦闘あり・会話あり・買い物(成長要素)あり…とかなると、凄い考える事たくさんあるよね…

同系ツールのARPGって言うと[変態黙示録ペニックス]が浮かぶけど、これも正直…って感じだったじゃん…(しかも同サークルさんの作品は3つめで、ノウハウも溜まってるだろうに)

なんでここまで作れるのにあと一歩、もうちょっとを作り込まないのか、とか思ってたけどうん、CF2.5(MMF2)の特性上、ある程度までは簡単にできるけど、そこからブラッシュアップしようとすると途端に複雑化して手に負えなくなるからだよね…
物事には理由があるものなのだよ…

メルマガだと毎週、もっと詳しく書いてます。