2015/04/13予告版の感想です

二丁拳銃、スタイリッシュ志向ACT。しかし乳揺れは激しいぞ!


コンボで宝石とダメージ値がどんどん出まくるのだ

「スタイリッシュ」を標榜している通り、銀髪ハイソックス女の子が、二丁拳銃で敵を”打ち上げ”、そのままボタン押しっぱなしで空中コンボを撃ち込みまくる。
横はもちろん斜めにも射撃可能、弾が尽きればかっこ良くリロード…って感じの横ACTとなっています。

かつ普通に待機してても、お乳がぶるんぶるん揺れる細かさと豊富なアニメパターンが、操作の楽しさを上乗せしてくれます。

一面は落とし穴代わりに炎が。接触すると意外に痛い。死因の大体はこれ

ただ”爽快”の一言で終わらないのも確かで、例えばスキル弾で敵頭上の岩壁を落とし、巻き込んで倒す! 
2段ジャンプからのダッシュで罠をよける、あるいは届きにくい場所のカギを入手して、道中捕まってる女の子を助ける…
などのステージギミックで奥行きを設けている。

ストーリーを語るデモシーンもかなりあり。

体験版だとボス戦にしてもそうで、普通に戦っていては倒すのが難しい。
隙を突き、岩壁をぶつける事に成功した時のみ、打ち上げからの空中コンボを叩き込める。まさにチャンスを逃さないバレット・タイム…。
(二丁拳銃VSボスのガトリングガン弾幕といい、いかにも”スタイリッシュアクション”を匂わす要素があちこちにあるなと)



華麗に進むだけではちょっと足元をすくわれるぞ…という変化がありました。
1面クリアするまでに何回かコンティニューを要しましたが、ステージと操作に慣れてくれば、罠でダメージを喰らいにくくなり、コンボも決まるようになって、回復の宝石とかも出やすく。
プレイ回数に従い、じょじょに簡単に感じるようになるバランスでしたね…

(ちなみにコンティニュー時はそのフロアから復帰ながら、残HPは「そのフロアに入った状態から再開」。この処置はなにげに上手いな、と。
全快と違ってゴリ押しが通じず、少ないHP量でくぐり抜けようと慎重にプレイすると、ルート発見的な手応えがあり。
一見これはスタイリッシュさとは真逆ですが、斜め撃ちで安全な所からちくちく削ったり、ギミックで敵を一網打尽にするのが派手さ以上に助かったり、余裕な時とは違う意味が出てくるのも面白い。
あるいはベストコンディションを求めて、コンティニューを諦め、ステージ最初からやり直すのも良いですし。
これはその際のエロを見やすい配慮で好都合)

 新スキルや最大弾数も増え…よりスタイリッシュになっていくでしょうか

ステージクリアしてからは、クリアタイムやコンボ数、道中の女の子を助けた数で…ランクが決まるという要素も。
またshopなどで能力強化したり、5つまで新しいスキル技を買うとかもあるようで…先の広がりもありそうです。



唯一懸念なのは使用ボタンの多さによる、上手く遊べない感じでしたが(役割ごとに一ボタンずつ割り振られ、合計9ボタン使用!)
こちらも独自のキーコンフィグが親切。

横エロACTはやはりアニメの強さがそのまま魅力ですな…




たまにザコ敵が隙の大きい攻撃を出してきますが、これを受けると服が破れてしまい、そのままダウンしてると犯されアニメへ。

エロACTでは「レイプへの抵抗」を表現する為、脱出までのバーが結構長かったり(バー半分過ぎると挿入されたり)
あるいはゲームテンポが崩れるのを嫌って、HP0の時のみ発生…とかありますが、本作はHPが残ってても発生。
挿入からスタート、ボタンを何度か押せばすぐに脱出可能…と、頻度は多いがテンポを崩す程ではないという、丁度良いくらいの塩梅。

 犯されてる子を助けた後の、ぐったりした姿が良い。こだわりポイントの一つだと思う

あとは道中に他の女の子も割と配置されていたり。
主人公のエロ含め、結構良いアニメしております(特に乳がもう、だうんだうんと弾むこと…)
回想部屋で大きいサイズで見たい所ですね…



そして恐らく目玉のエロとして、HP0でコンティニューを諦めると、画面一杯に大きなアニメ。
手描きというより、AfterEffects的なパーツごとのアニメですが、かなり自然に、そして滑らかにアニメしてくれます。
(同人でもこういった面のアニメ技術が、底上げされていくのですねえ…と実感。
そしてなにか最新技術に取り残される危機感…)


良く出来たACT。割と難しいのでじっくり能力UPするも良し


クリアデータが同封されている為か、なかなか難しかった。
ACTらしい、達成感があるとも言える。



ことに8ボタン使用のキー操作が、なかなか厄介…。
ジャンプ→別キーでツタを掴む→タイミングを合わせてボタンを離し、落下し始めた後にジャンプ、というギミックにはそろそろ三十路を迎え、運動神経の衰えてきた自分にはちょっと辛いものがあったっす…。
会話のスキップはジャンプキー、攻撃で読み進める、
ステージ選択では、何も無い所で決定キーでメニュー開く…とか、もうちょいボタン減らせる気が…。(ツール的にそっちの方が作りやすいのは分かるんですが)



とはいえ敵が強いと感じたら、クリア済みのステージに再挑戦、お金を貯めて能力強化もできる。
意外にステージが広く、隠し通路っぽい場所もあるので、全ステージ全員救出のSランクを目指したり、じっくり遊ぶのもありかも。
(なのでゲムオバの措置は、そのままお金維持でステージ選択に戻って欲しい気もする…)



ステージ構成はあっちこっちに道あり、段差あり、敵も色んな角度から攻撃してきて、主人公スキルも放射線を描いて飛ぶ…とかあり、けっこう上下に動かなくちゃいけなくて、それが忙しいけど、楽しませてくれる。
小まめにアクションを要求されほど、心は弾むもので。(同時に8ボタンで指がつりそうにもなるが…)

更にステージごとにギミックが凝ってる所も多々あり、変化を付けようとしている。
実際、同人ACTとしてはよく出来てるなと。

一気プレイだとちょっと飽きるかも?


ただあえて言うなら、やや飽きやすい気はしたかな…
慣れると”そこそこ面白いのが、ずっと続く”という感じで、そこに”面白さの波”が無いというか…

敵に対して大体やる事が決まってる(浮かせて撃ちまくり…)とか、ステージがちょい長めなのもちょっと輪を掛けているかも。
敵に攻撃しようとした時、”普段通りではいけない状況”があると、それが即ちプレイ幅にもなったりするけど、本作は弾の装填しかり、宝石拾いまくりでSP回復しかり、
割と毎回万全に近い状況で、同じ事を繰り返せば行けちゃう時が多いから…かも知れない。
(剣武器ならあと一歩敵に届かず空振り、不利になる…って事もあるけど、これは弾を飛ばせば当たる、距離はほぼ関係なくなる訳で。
段差もあるけど…、まあ空中に浮かせてしまえば関係ない?)

ただスキルで何とか緩和しようとしてるのを感じたり(最後のスキルは照準でそのまま、画面上のどの敵だろうと撃てる!)
心を砕いて作ってるのは伝わりました。

ぬるぬるアニメで、乳房の揺れ方に釘付けだ


犯されアニメは回想によれば22、ゲームオーバー後の画面一杯のアニメが6つ。

犯されアニメの拡大は欲しかった…か? 割と大きくはあるけど

前者は流暢なアニメで、射精時・射精後のぐったりも含めて、良い感じ。
ほわんほわん揺れる乳房の破壊力はスゴイですよ…
エロ数も同価格のエロACTに比べて、多い気がする。

うち、リョナは5つくらい。(モツ等は出ませんが、血がループで噴き出す)
こちらは射精とかの差分は無し、その嗜好が無いとちょっと損した気はするかな…?

大きいアニメの方は、まさにぬるぬる動く感じがとても良い、エロス。
ただ贅沢を言えば、行為をずっとループ再生するだけじゃなく、射精・絶頂差分は欲しかったか…
(そうしてがんがん責めるうち、堕ちていく差分に変化したら、すごいシコだろうなあと)

同人ゲームの鍵さん、
暇だからゲームでもするかさん、
アクナキさんもレビュー書かれています