(ブログに書かなかったけど)気になった作品


全部、体験版触った程度ですが。

[誰もが彼女を狙ってる。]
むぁあと漂うフェロモン、地味に芋臭さを残したむっちりカラダの女の子が寝取られ、セックス調教される…
ヌキ用ADV最前線みたいな。(エロさと濃さの塩梅が重要だろうけど、これはちょっと濃い目に倒してる? アニメ系で抜きたい人にはきついか)

先週、DLsiteの新システム、クーポンはどう使われていくんだろ…って書いたけど、これもクーポン適応作品らしい。
この作品を買うと、同サークルさんの過去作どれか一つが半額。
なるほど、こういった認証に使うのね、と。
果たしてエロRPGみたいな、いわゆる個人サークルでも使用例は来るのでしょうか…。

[ミミのお仕事!]
なにかバッヂみたいな小物がごてごて付いた服装、コロコロ変わる表情、そして羞恥なセクハラと…女の子が超かわいくて好き。
(表紙では目立たないけど、体験版やると分かると思う)
郵便配達員という、ちょっと女性らしさが難しい服装も可愛く仕上げてて、デザイン能力高いなあと…。

内容は短編らしく、「村人に話し掛けてエロ」というRPG。
体験版の、顔を真っ赤にして「勃起…してっ…(はぁと)」「シコシコする所を見たいっ」とか恥ずかしいセリフを言わされるシチュだけで、すごく、”ええなあ…”と満たされるんですよね…
シコリてえとは別に、かわいい女の子を困らせたいだけという、セクハラ欲ってあると思うんだ…。

[メガトン=レイジ]
エロACT。色数少なくて主線が太いドットは、ディティール甘い感じがしてエロ的には不興かな…?
ただかなりデカめのキャラ、無闇に木箱とか窓ガラスとかを壊せる…みたいな、アクションとしてこうしたら面白くなる、って追求してる姿勢は好感触。

エロ的には女主人公だけど、犯されエロだけじゃなく、
敵のスケバンとかを倒すと即、他のザコが犯しに掛かる…というのは、かなり性欲にギラついた感じもして、なかなか珍しくも良いか。
他のエロACTでもあると良いエロギミックだなと…。
HP減ってダメージ脱衣状態になると、ぐへへ…とじわじわ周りを囲みだすとかね。

そういえば、[ハイエナ学園]とかにも同じエロあったな…

[infinity Z 〜絶倫赦罪〜]
イカセ合いのエロさを語るのがBF(バトルファック)であって、ツクールの戦闘で、メニューからスキル選んで…だけがBFじゃないと思うんですね。
むしろツールを限定しない方が、よりエロい作品は出て来やすいし。

で、以前の[ISSHKICKS〜イクかイかされるか! 悶絶バトル〜]なんかもかなりBF感ありましたが、それを更に単純・洗練化した作品という感じ。

基本は「タイピングの結果、絵が変化していく」と変わらないんです。
(あるいはFLASHで細かく動く、デジタル漫画みたいなページを、次々とめくっていく…みたいな感覚に近い)
今作はタイピングがより分かりやすく、方向キー4つになっただけ。

ただ入力に応じて、やたらばんばん絵が差し変わり、ボイスとかもあるので…、これが雰囲気出てくるんですね。
抵抗する女の子を快楽で黙らせるべく、前戯がかなりたっぷりとあるのも良い。
(回復や必殺技パートとかもあり)

まさに”入力が成功すれば、じょじょに女の子の態度がほぐれていき、自分が先に絶頂しないようコントールしながら、相手を必殺技で派手に絶頂させる…”なんてBF特有の臨場感がありました。
システム的に新しい訳じゃなく、要は差分の力技とも言えるんですが、いや、徹底するとかなり違うものだなあと…
これ、理論的にはスマホ上とかでも出来ますね…

[ISSHKICKS〜イクかイかされるか! 悶絶バトル〜]の感想:http://blog.livedoor.jp/becomegame/archives/1833546.html

[リアルタイム3D悪対悪の陵辱ダークファンタジー「SKUNK4.1」サイロスの灯台]
Unityなど遥か前、6年もの前から3Dエロをやっておられるサークルさん(タイトルに”リアルタイム3D”が付くのはその名残り)
やってみると、借り物の素材で小ぎれいな処理をしてるのとは違う…なにかワクワク感があるのが不思議。
女の子も活き活きしてて可愛い。

完全に「自家薬籠の物となってる」感じがしてて、3Dはまさにこれが大事なのかなあと…。
ただ多分、造形からエンジンまで? 自作でしょう…。
このワクワク感、しゅっと手になじむ感の為には、どれだけノウハウを積まなきゃいけないのかと…

内容は過去作と同じくカードバトル。
そう、6年前から神同士の対決を凄いスケールで描いてるという…、既に4作め。(それ自体がなにか伝説的)
今作独自としては、オンラインRPGみたいな移動要素が加わってる。こうやってノウハウを実験していくのだね

エロシーンは相変わらずぬるぬる動く興奮がありますが、Unityが台頭しつつある今、一見したインパクトが薄れてるのは寂しいかな…

今後、「ドットの方がゲームは面白かった」ってのと同じく、「PS~PS2くらいのローポリの方が面白かった」という人も増えそうな予感。
結局、自分が青春時代にどの表現に浴したかってのと、あとはディティールが粗い方が、自分の脳内で解釈する一手間のぶん、愛着などが湧くって事かな…

[巨乳娘を睡眠薬で眠らせて]
家族の前では良い子を演じ、自分に対しては思いっきり馬鹿にしてくる…という、むかつく居候に睡眠姦のおしおきじゃー!!
とにかく立ち絵、睡眠時ともに「呼吸で上下するおっぱい」に相当な労力が費やされておる感じで、これは実際、破壊的。
これでもか! ってくらいパンッと張った膨らみ、そしてエロシーンのアニメもあるのに、756円…ってのはかなり心動かされる。

コンセプト的に[おやすみレイパー]ぽいかなと思ったけど、本作は駆け引きより、アニメでシコシコするのがメインかな?
睡眠姦にしては主観視点じゃなく、キモめの男が画面に入るのは一長一短か。アニメとしては大きな動きをしやすいのだろうけど。

[巨クリ魔法少女プリティビッチ]
内容としては[リティスの冒険]とか[魔法少女るちあ 〜マギ・ムチロリ〜]とかそんな感じですが、年増・巨クリで陰毛の剃り残しも眩しい魔法少女、というエロお下品感が良いね…

「い、イッちゃだめなのに…」と殊勝な事を言ってたのは表紙まで、いかにもスケベそうな立ち絵で、OPから「ババア」「ビッチ」と師匠からののしられ、オナニーで興奮し過ぎ、マスコットキャラにアナルを舐めさせようとして「ちゃんと、うんちしたあと きれいに拭いたんでしょうねー」なんてノリなのだった…

正直、絵柄的にも好きなんですがw ちょっとネタ感出てしまって、GWのこの作品集中時にはきつかったか…。
なにげにマップチップとか凝ってて、楽しんで作ってるのが伝わってくる。

魔法を当てて石化した敵は、単にストップするだけじゃなく、押せたり、押せて水にドボンできると楽しいかなと思いました。
(プレイしていけば、どんどんアクションが広がっていくかもですが)

[遥かなる奇跡]
台湾とかのサークルさんかな…、うーん、一昔前の商業エロゲみたいな立ち絵であったり、素材的にはけっこう気合入ってるのは分かるけど、ちょっとADV的な魅せる方向としても、RPGの成長方向としても、中途半端かなと。
前作[機核覚醒〜機工姫ルース〜]も”悪くはないけど…”って感じで、今いちゲームデザイン的にちょっと逃しちゃってる印象。

とりあえずOPはチュートリアル代わりだと思うけど、その割に妙に長かったり、
ADVの会話シーンは意外に演出や動きが少ないなとか、RPGの戦闘シーンはマウスの上下する移動量が地味に多くて、回数こなしてるときつかったり…。
そうなると、ダンジョン移動は一つずつ地点をクリックじゃなく、現在ー移動先の最短経路で自動で移動して欲しいなあとか、日本語がちょっと簡素、あと濁点とかも気になる…みたいな、細かいストレスもきつくなってくるよね…。

敵女の子が脱衣とかするのに、画面上半分ってのも勿体無い。
主人公たちの顔枠はむしろ左右に2つずつ、技メニューは中央ってした方が、マウス移動量も減って、敵大きく表示できて良いかなとか…。

[エスケープ 〜香織と悪霊の館〜]
横視点のホラーADVって潜在需要あると思うんだけどね…、ぶっちゃけクロックタワーみたいな奴。
(エロとの兼ね合いが難しいが、実況プレイとかも捗りそうだし)

今作はそんなテイストではあるけど…、まあ日本語がちょっとアレだったり、今いち分かりにくいか。
エロも別に触手とかにせず、猟奇色で良いと思うのだけど… [感染屋敷]みたいな肉腫とかの感じで。

雰囲気としては[閉ざされた淫欲の学園]がかなり良い感じだけど、まあプレイしてみると"ちょっと違う…"ってなるのよね…
予告だけど[UnHolY JaiL -Complete Edition-]には期待?

[閉ざされた淫欲の学園]の感想:http://blog.livedoor.jp/becomegame/archives/1756300.html

最近やってることを一言で


Cf2.5のARPGは前回でシステムがある程度固まったんで、再び3Dモデルのエロへ舞い戻ったよ。
http://3d-model.sblo.jp/

メタセコの「彫刻」で胸大きくしたりするの楽しい…。
エロ絵にしても1年めじゃデッサン狂いまくりだろうし、同じように3Dも話にならないのが当然じゃないかと気付く…。
どうすんだ…

メルマガだと毎週、もっと詳しく書いてます。