(ブログに書かなかったけど)気になった作品


全部、体験版触った程度ですが。

[闇魔道士ユミナと堕落の宴 〜邪神教の終わらない夜〜]
表紙からぱっつん黒髪、スケベボディの子がぴっちりタイツで透けてるという、やらしさ抜群。
エロ内容もワキ毛、精液まみれとまったく自重しない…!
前作[魔乳女王ファンタジー]もそうでしたが、淫靡な雰囲気作りがすっげぇ上手いと思うのです(まあ人それぞれ好みもあるでしょうが)

内容は、城内の人間に話し掛けて精液を集めまくる、一般的な短編RPG。
エロシーン見るたび、メガネ委員長・タトゥー・日焼け…みたいなフェチ衣装がガンガン増えていくのはえろい&面白い。
あとは「体位」も覚えていく。
集める精液量が多いので、一般兵との共通エロシーンを何度もこなす事になるけど、ここでラーニングした体位+言葉責めでドピュドピュさせる(CG流用)…という塩梅。

エロ雰囲気は相当良いですが、ミニRPGとしては価格がちょっと高く感じるか。

[魔乳女王ファンタジー]の感想:http://blog.livedoor.jp/becomegame/archives/1920182.html

[Night High!]
[ねてるこいじり]みたいな、従来のお触りモノとは少し違う、部位クリックしまくってポイント溜める(同時に数箇所以上、お触りできるのも特徴的)…ってのがちょっと増えつつありますが、こなれたエフェクトといい、ドットエロな所にイラスト形式といい、その豪華版という感じ。

元々CF2.5といったツールでは、揉み揉みに合わせておっぱいの形状変化みたいな事が難しい(クリック反応は簡単に作れる)って事からお触りがそういうシステムになったと思うんですが、それがFLASH製に逆輸入とは、なんだか面白い。

自分としては、単純明快なシンプルさが無いな…とか思ってましたが、初速の勢いが高く好調。
やっぱみんな、イラストの方がシコよね…と思わされた次第。

[姉と精子と悪魔と卵子]
おねショタの果て、膣に送り込まれた精液…
このRPGの主役は彼らだ! みたいな。清く正しいネタ・バカゲー。

ためしてガッテンとかの…、情報番組の説明シーンみたいなw 全身タイツの精子役の男たち、「俺も見るのは初めてだが」というセリフを繰り返す老兵っぽい精子(そりゃ膣に注がれたら、着床するか死ぬかだからね)…とか妙に面白い。
精子の中には、女性になる為の因子(XX細胞?)という事なのか、女性キャラもいて、道中ダメージ脱衣、サービスシーンもあるようだ(精子のサービスシーン…)

エロ絵はちゃんとしており、
迎え撃つ中ボス(白血球)に挑む前に、数ありまくる装備品から効果的な組み合わせを探す(なので異常状態がかなりある)
精子なのでMPは億超え、ただし精子なので一度減ったMPはもう回復しない(自身を削って放ってる?)
とか、真剣にバカゲを追求する姿勢は好きですよ。
価格も756円、手頃だと思いますし。

もう矢も尽き果て…いや、精子も尽き果てた頃に第二・第三発の精液部隊が到着みたいな、熱い? シーンとかもあるんでしょうかね…
おねショタはともかく、なにげに異種姦とかあるのが気になる… どうなっちゃうのこれ?(獣くさい精子とのバトル?)

[イラストアイコン素材集Vol.1]
ADVやスマホゲー、商業ベースで普通に使えそうな、クオリティの高いイラスト調のアイコン素材。
エロRPGでも例えばイベントCGにメニュー画面、合成の背景とかに使う…で華を添えられそう。
ただ、さすがにお値段も相応しい価格。

最近やってることを一言で


http://3d-model.sblo.jp/article/128327911.html

3Dモデルをずっと弄くる。
どうやったら乳首はえろくなるんだ! とかなんとか。

素材とはいえ、一体と向き合って、少しずつカスタムしていく…
悪くない。
悪くないが、ゲームづくりが進まねー…

メルマガだと毎週、もっと詳しく書いてます。